おいらの青空

天国ってあってほしいよね


テーマ:
おいらの青空-01


二郎の新店ができるたびに繰り広げられる、開店初日の大行列。

「祭り」と呼ばれるそれは、一体どんな雰囲気なんだろう・・

今回の亀戸店は、店主交代によるリニューアルって事でしたが
今日、初めてそれ体験する事ができました。





午後イチには仕事に入る必要があったので

遅くても12時には、間違いなく食べ終えたい





なので、頑張って早起きして

亀戸に到着したのはほぼ4時でした・・・眠かった・・・


おいらの青空-02


夜明け前の空気は肌寒かったけど、ガマンできないほどではない。

開店時間の定刻は11時なので、最長7時間の行列の開始です。


それまでいかにして時間をつぶすかが悩みの種で

まさかマスターズを、路上で見る事になるとは・・・


おいらの青空-03


ウトウトしたり 周りの人と話をしたり ネットをのぞいたり


やがて空がうっすらと明るくなり


おいらの青空-04


夜が明けました


おいらの青空-05


目の前の民家の向こうには

スカイツリーのアンテナが、顔をのぞかせています。


おいらの青空-06


待ち合わせたわけではなかったんですが、偶然前に並んでいたのは
ブログでお付き合いのある方達ばかり。

かもねさん二郎初心者さんじろりーまんさんたっくさん

初心者さん以外は初めてお目にかかる人達で、少しキンチョーです・・

ベテランのみなさんの動きも、夜明けとともに活気が出てきた
ように見えましたね。


おいらの青空-07


6時半頃・・だったかな・・


店から整理券が配られて、9時半くらいにまた並び直せば良いとなり
行列はいったん解散。

ブロガーのみなさんと、駅前のマックで二郎談義の2時間ほどを。


それから再度二郎に向かうと


おそろいのTシャツを着た、二郎各店から派遣された応援の人達が
迎えてくれました。


おいらの青空-08


本店の総帥が到着して一気にテンションがあがり始め

11時の定刻を待たずに、9時半頃に新生亀戸店がオープンです。


おいらの青空-09


晴れやかな亀戸の新店主の顔や、にこやかな総帥。

外では旧亀戸店主が見守っています。


おいらの青空-10


客側もみんな本当にニコヤカで、ワクワクしながら自分の前に

ラーメンが置かれるのを待ってる様に見えます。


おいらの青空-11


二郎の祭りって

二郎好きの人達が勝手に盛り上がってるイメージがあったんですが


おいらの青空-12


店と客が一緒になって

新店主を応援するヒトトキなんだなって思いました。


おいらの青空-13


なので、そこにはすごく暖かい空気が流れていて

なんだかジンワリとした僕でした。


おいらの青空-14


注文したのは ラーメン+ニンニク


おいらの青空-15


スープ、麺ともに、旧亀戸店とは大きく違ったものでした。

毎日通る亀戸なので、新しい味を応援したいと思います。


おいらの青空-16


今日は有名な二郎ブロガーさんをたくさん見聞きしました。

もうジロガーオールスターズって感じで、目が白黒でしたねぇ・・・


おいらの青空-17


それと、何度も祭りに参加してる人達ってみんな顔見知りなんですね。

アチコチで挨拶が交わされていたので

へ~ ほぉ~ はぁ~ って感じで眺めておりました。


おいらの青空-18


で、改めて思いました



やっぱり 二郎はすごいや ってね。



いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

ばたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>