野池ハンター密着365日

野池を彷徨うブラックバス釣行記 SINCE 2005-03-28


テーマ:


久しぶりに五三川へ行きました。


いつも通り、朝9時出発。



10時すぎに到着。いつもは野池方面から始めますが、今日は本流から開始。


葦際へテキサスを打っていくも、アタリなし。



車で川沿いを移動すると、初めての場所へ。


先行者に聞いてみると、「数は出たんですけど・・5匹。」


サイズはイマイチなんですか?

「40前後が2匹・・」


うまい人は釣るんですねぇ~~



もう一人、ちょい怖そうな人にも聞いてみました。


「今日は渋いけど、昨日は結構デカイの釣れたよ」


実力の差なんですかねぇ~?

みたいなこと言ったら、ポイントを何か所か案内しながら教えてくれました。




当然、その教えてもらったポイントを重点的にやりましたが・・・


まあ、周りも釣れてないっぽいですが・・




粘って、別のポイントでテキサスを落としたら、ラインが走りました。


ガツンっと合わせてヒットです。




IMG_20151010_50300.jpg



30cmくらいでしょうか。

なかなか楽しめました。


その後は続かない・・

まあ、周りもあんまり・・・みたいです。



とりあえず、一匹でもよかったです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日から、シルバーウィークだそうですが、

車関係の会社でもないのに、たまたま車関係の仕事のため、

トヨタカレンダー・・・


そうです、トヨタカレンダーは祝祭日は基本休みではないので、シルバーウィークはありません。


ってことで、金曜日の昨日、有休をもらって琵琶湖方面に行ってきました。


琵琶湖方面であって、琵琶湖本湖では一回もやってません。


暗いうちに起きて出撃する予定が、寝過ごして7時すぎに出発。



やはり目的地は昨年モンスターを釣ったポイントへ。。


と思いましたが、途中いい感じの池と水路でバサーをハケーン。



モンスターポイントは午後からにして、今からこの水路でちょっとやってみよう。



MHロッド1本持って水路へ。


MHロッドにはあってないけど、まずはスピナベ ハイピッチャー 1/4ozのカラーブレードから。


水深は30~60cm程度、流れはそこそこ早い。

 

数投目に25cmくらいのバスがチェイスするも、ギリギリでリターン。


それを見て、ブレードをゴールドに変更。


そして、同じルートを2~3回通したら、ヒット!!!




IMG_20150918_21848.jpg



25cmくらいのバスです。


さっきチェイスしてきたやつでしょうか?


これでちょっと気が楽に。



その後、そのままスピナベを投げながら、水路を下る。


水路の護岸ギリギリに投げたところ、急に重くなる。



ヒット!!


しかもデカい!!



なかなか上がってこない。


水面まで30cmくらい。こんな時に、ランディングネットを持ってない・・


しょうがなく、半分寝転んで、ラインを持って竿を投げだし、ハンドランディング。
(This is Namiki,, ハイピッチャーだし・・)


偶然にも昨年モンスターを釣ったときに着てたシャツと一緒でした。
(これしか持ってないわけじゃないよ)

このシャツ、琵琶湖方面には相性いいみたいです。今度から毎回これ着ようかな(笑

bass2015091801



45cmのブリブリのバスでした。

流れが早い水路だけに、馬力がすごいです。

野池の50cmくらいの勢いです。



IMG_20150919_3323.jpg




その後は、テキサスにして、草なんかのカバーを攻めるも後が続かない。


クランクにしてみるも、チェイスはあるがバイトまでいかない。


車に戻り、スピニングに持ち替え、ランディングネットも持っていく。




4インチのストレートワームをダウンショットにして、さきほどチェイスがあったところを攻める。


すると25cmくらいのがヒット!!




IMG_20150918_14528.jpg


このサイズでも、馬力が明らかに野池なんかと違い、なかなか上がってこない。

結構楽しめました。


その後も同じようなサイズが3匹釣れて、トータル6匹。




12時半くらいまで粘って、ランチと移動。



昨年のポイントへ。


 

いろいろやりましたが、スピニングに4インチストレート ダウンショットに20cmが2匹。


シャロークランクに28cmくらい1匹。


6時まで粘って、クタクタになって撤収。



トータル9匹。久しぶりのマルチヒットに満足です。


サイズもいいのが出たし。




でも、45cm以降サイズが伸びないのが・・欲が出ますね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日に五三川に行ってきました。

前回、思いも寄らないモンスターが釣れてしまったので、調子に乗ってますが、

あれ以来、まったく釣れません。


調子に乗りまくっていた野池ハンターさんは、モンスターの釣れた琵琶湖方面にも

のこのこと出かけて行ったのですが、釣れません。



最近、寒いので家ではコタツをセッティングしたんですが、だいたいコタツを出すと釣れないです。



土曜日は比較的暖かく、昼間はロンティ一枚でもいけそうな感じでしたが、

五三川水系の野池は沈黙でした。




スピナベ、クロー系ワームの5gテキサス、バイブレーション、クランクベイト

スピニングタックルを使ってツネキチリグなどいろいろやりましたが、だめでした。


それならばと、違うエリアを開拓しようと、五三川水系をうろうろし、

やったことのない池や水路でやってみました。


太陽が養老山脈に隠れて気温もちょっと下がりはじめ、風も吹きはじめた午後16時すぎ。



他の水路や池とは水の色が違う水路を見つけました。


藻も結構残ってます。


藻の近くで何かが動いたような、砂けむりみたいなものが漂ってます。



これは、魚じゃないのか?と思い、スピニングのタックルを用意し、ツネキチリグを

投げてみると、スゥーっとラインが動いてました。


着水と同時、いやゆるオチパクです。


しかし、ラインが見えてなかったのでフッキングが遅れてしまいました。



なかなかいいファイトをしてくれた33cmの元気なキレイなバスでした。


IMG_201411223447.jpg




久しぶりのスピニングのヒットで楽しめました。


やはりちょっとフッキングが遅れたので、ちょっとだけ飲まれてて外すのに手間取ってしまいました。



魚を触らなくてもいいフィッシュキャッチャー?を買ったのに、こうゆうときに

思い出せずに、使うのを忘れ、普通に手で持ってます。



これくらいのサイズでいいので、コンスタントに釣れるといいなぁ~。


この日は、一匹だけでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

綺麗だったので、思わず夕景を撮影してみました。


20141025-04



写真は夕景からスタートしてしまいましたが、今日は朝8時半から琵琶湖方面に向かって

出発です。何気に遠いです。高速を使って、なんだかんだで11時半、琵琶湖大橋付近に

到着。



近くにあった来◯軒で、ランチ。


そのまま、木の浜で釣りスタート。


な~~んも、釣れる気しませんわぁ。
なんか、お腹の調子がアレになってきたので、コンビニを探し回る。


来◯軒?



コンビニから戻ってきて、またまた木の浜で再開するも、ギルのアタリのみ。



またまた、お腹の調子がアレです・・


来◯軒?


もうコンビニで買うものもないし、イ◯ンモールまで走る。



イ◯ンからの帰り・・


お腹の調子も悪いし、釣れる気がまったくしないし、広すぎてどこでやっていいのかわかんないし、

帰ろうかな?まだ午後3時だけど・・


皆さん、ご存知かどうか分かりませんが、琵琶湖って結構広いっすww



琵琶湖ではなく、琵琶湖まわりの川か野池を探して走る。



人も少なくて、車も停められて、いい感じの野池を発見。


スピナベとテキサスのロッドを持ってスタート。


先行者にお話を訊いてみると、そんなに釣れないけど、釣れるとデカイっす、との事。



夏に60オーバーも釣ったらしい。


いろいろ丁寧に教えて頂きました。



なんとなく、雰囲気がいつもの五三川の上流部に似ているところでやってみます。


池の角にある、水路になっているところを攻める。対岸まで4mくらいでしょうか。



7gテキサスにクロー系ワームをセットし、何キャストかしたあと、オーバーハングの下に


軽くスキッピングでキャストする。といってもキャスト距離も4mくらいです。



沈んでると思われる枝の向こうから、こちらに落とした瞬間、ラインが少し動き、


モゾっとしたアタリが・・




思いっきり、フッキングしたら、ヒットしました~~~~!!


バラすなよぉ~~!!と自分に言い聞かせながら、手繰り寄せハンドランディング。




セルフ撮影用にスマホでも使える三脚を買ったんですが、見事に車の中に置いてきた。


50mくらい離れたところにいた釣り人に撮影してもらおうと、バスを持って小走りしたら・・

バス持ったまま、コケました。



20141025-03




見知らぬ人に撮影して頂きました。


20141025-01



自己新記録でちゃいました~~!!

58cm!!



20141025-02




今年2回目の自己記録塗り替えです。

それにしても、太いです。引きはハンパないです。

最初、70オーバーの雷様かと思って、ちょいテンション下がりましたが、ジャンプしたときに

バスだったので、心臓バクバク系です。




5月の55cm以来、運を使ってしまったのか・・

それ以降、雷様3連発とか、コバスのみとか、50オーバーの撮影を頼まれたりとか・・

今年はこんな感じで終わってしまうのか?

と思っていただけに、ウレシ~です。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

何事であれ、
ブラジルでは驚いたり
感嘆したりするとき、
「オーパ!」という。




それは突然やってきた。

世の中突然やってくることは多いが、アタリでも、入漁料徴収のオヤジでもない。

それとはなにか?


書きたい欲求である。


このところ、本をむさぼるように読んでいたため、文章を書きたい欲求に支配されていた。


書きたい欲求にどれだけ支配されようと、ネタがなければ書けない。

ネタとは、言うまでもなく釣果である。




昨日、出撃する予定であったが、窓外に揺れる木のしなり具合を見て、早々に諦める。

ここで、この強風であれば、吹きさらしの強風で有名な彼の地では到底釣りにならない。

と、想像し本日に賭ける。


本日の朝、微風。

天気晴れ。


用事を済ませ、コンビニを経由して国にお金を納める。

そして彼の地、五三川へ到着したのは、午前9時30分。


まずは本流の中流域から攻める。

ここは、GW後半に40cm後半をバラしたポイントなので、まずはリベンジへ。


水位が下がり、ポイントもむき出しになっているため、数投で見切りをつける。


次に向かったのは先月釣果をもたらした水路。

相変わらず5gテキサスのクロー系ワームをピッチングでエッジを攻めるが、

あまり生命感が感じられない。


少し早いが、釣具屋へ寄ったついでに、ランチタイムに突入。


13時すぎから本流の下流域へ。

ここでは5gテキサスのクロー系ワームとストレートワームのダウンショットをセットした

スピニングタックルも使用してジックリ攻める。



ブレイクになっているポイントをテキサスで攻めるがアタリはない。

スピニングに持ち替え、コンクリート護岸際を丁寧に攻めるがアタリなし。

25cmくらいのバスが表層付近を泳いでいるのを発見し、その前方にキャストするが、

見失う。


少し下流に移動し、対岸に近い杭の手前にテキサスをキャストし、ズルズルと引いてくると

小さな石にゴツゴツあたりながら、フッと軽くなりブレイクに差し掛かると、ゴソっとした

感触が・・アタリか?


軽くリールを巻いて、フッキングする。

ヒット!!!


もつかの間、魚影が反転してバレる。これも40cm後半。

回収したワームにはガッツリと歯形が残る。


デジャブ。


焦燥。


苛立ち。


もう少し待って、送ってからフッキングするべきだったのか?


ナイスサイズ2連チャンバラシ。


少し粘るが、人も増え始めたので移動する。



次のポイントは本流の中流域のワンド。


この頃から南風が強くなり投げにくくなる。

このポイントでもテキサスを要所要所に落としていく。


回収する寸前に追いかけてきた魚がガバっ!!っと来たがノラず。


横の動きがいいのか?と考えるも、相変わらず5gテキサスのクロー系ワーム一本やり。



次は野池へ移動。

既に15時近い。


風も強い。


風裏になっているインレット付近に5gテキサスをピッチング。


ゆっくりと引いてくると、モソっとした感触が・・

ラインを見ると、横にスゥーーっと流れていく。


一拍おいて、フッキング!!


ヒット!!


これもナイスサイズ。


重い。


しかしまだ油断できないのは、以前ここで雷様を釣ったことがあるから。

顔を見るまでは安心できない。



バスだ!!


しかも、フックがサイドにキレイに掛かっているので、杭なんかに巻かれない限り、

バレルことはない。



トルクのある走りを見せるが、こちらは16ポンドラインにヘビーアクションロッドなので、

少々強引なやり取りができる。


とはいえ、一時は両手でロッドを支えないと持っていかれそうになる。


昨年釣った47cmとは比べものにならない力で引っ張られる。


なんとか、岸まで寄せハンドランディング。


オーパ!オーパ!


IMG_2014051122701.jpg


計測してみると・・


5cm!!!





IMG_2014051114815.jpg



先週からの40cm後半2連チャンバラシの悔しさも吹っ飛ぶ自己記録更新!!


この野池に来て、一投目で釣れたバス。

如何に一投目が重要かが分かる。


書きたい欲求だけでなく、自己記録更新も突然やってくるのだ。


その後、その池を半周したが、あとが続かない。

いや、もう続かなくても満足なのだ。


16時30分、撤収。


帰りは気をつけて帰ろう。


書きたい欲求と釣りたい欲求の両方を満たすことが出来た。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。