ひとり旅が好き

突然やってくるアメリカ思い出話。

今回はひとり旅についてツラツラと書いてます。ではどーぞ。

 

私は一人旅が好きだ。

何でも自分の好きなように決められるからだ。

気が向けば予定をビッシリ入れられるし、気が向かなければホテルでノンビリしていてもいい。

そんなわがままな旅が好きなのだ。

 

友人や家族とワイワイ行く旅行も悪くはないが、一人旅のフットワークの軽さは魅力的だ。ニヤリ

 

一人で旅に出る....と言うと、食事はどうしているのかと聞かれることがある。到着地に友人がいれば呼び出して一緒にご飯を食べることもあるけど一人旅は基本一人なので、一人で食べることが多い。

 

日本国内であれば、コンビニがあちこちにあるので、適当に食糧を買い込んでホテルで食べることもあるが、一人でレストランや居酒屋へ入るのも平気だ。

若い頃からよく一人で出張に行っていたので、ビジネスマンがよく行くような定食屋で一人で食べるのは全然平気だし、一人焼肉、一人寿司もやったことがある。寿司は旅先では滅多に食べないけど。富山のほうがおいしいから。

 

ちょっと贅沢したければ、ホテルの料亭で一人で晩酌しながら夕飯を食べるというのも、やろうと思えばできる・・・っていうか、やったことがある。女将さんがビールを注いでくれ、ちょっと恥ずかしかった。 

 

ところで、アメリカ(の私が徘徊していたあたり)には日本のような便利なコンビニはそんなにない。セブンイレブンはあったけど。

 

また、私がアメリカで一人旅をしたのは、ロサンゼルスが唯一の都会で、あとは国立公園がある田舎街だ。

 

ロングドライブで先を急いでいるので、できるだけレストランには入らずファーストフード店で済ますことが多かった。トイレ休憩も兼ねているので、ドライブスルーはせず店の中で食べる。

 

 

 

一度デニーズに入ったら、ウェイトレスが一人しかおらず、注文も、料理が出てくるのも、会計も遅くて2時間くらいロスして失敗した。

 

宿に着くのはたいてい夜遅くなので、家から持参した食料で済ます。

 

レトルトご飯、ふりかけ、インスタントみそ汁、鯖、イワシ、サンマなどの缶詰、ちょっと甘い菓子パン、インスタントコーヒー。

それに湯沸かし器と、紙コップ、紙皿、割りばしなど。旅行期間の日数分だけ持参する。

 

なんだか侘しいと思われるかもしれないが、この侘しい感じが私はやけに楽しかった。(笑)

 

忘れてはならないのが水。500mlのペットボトルをダース買いして車に積んでおき、宿に入るときに2,3本持って入る。サンフランシスコ周辺は水道の水が飲める(らしい)が、他の地域の水道水は飲む勇気がなかった。旅先で体調を崩すと困るので、お湯を沸かすときもミネラルウォーターの水を使っていた。

 

朝食がついている宿もある。あまり美味しくないが、1食代浮くなら無いよりはマシという感じだ。ヨーグルトやフルーツがあると嬉しい。

 

運転するからお酒は持っていかないが、現地にスーパーがあるときはそこでビールとつまみを買い、宿でいただく。これがまた幸せなひとときだ。ニヤリ

 

ちなみに、ザイオン国立公園などがあるユタ州は、モルモン教の影響で飲酒を厳しく制限されているそうだ。ではお店にお酒は売っていないのかと思ったら、ちゃんと売っていたし、レストランでもビールを注文できたので、制限の厳しさがよくわからない。

 

私が泊まる宿は、いわゆるモーテルと呼ばれる所が多かった。日本でモーテルというと、ちょっといかがわしいホテルを指す場合があるが、アメリカでいうモーテルとは日本のビジネスホテルのようなものである。

 

壁が薄く、隣の人の声や、廊下を歩く足音が聞こえるだけでなく、振動まで伝わってくることもあるが、シャワーに湯船もついているし、冷蔵庫や電子レンジもあるので便利だ。

 

本当に不思議なのだが、アメリカのホテルには一人で宿泊してもなぜかベッドが二つある。そしてベッドのサイズが大きい。シングルやダブルという部屋は滅多にない。たいてい、ツイン、クイーン、キングなどだ。

 

少し話が飛ぶが、ロサンゼルスの日系ホテルでチェックインしようとフロントに並んでいると、私の前に初老のカップルがいた。いや、

 

「シングルの部屋2つありますか?」

 

と聞いていたので、カップルではないかもしれない。あいにく、シングルはないと告げられると男性の方が

 

「じゃあ、ダブルの部屋2つありますか?」

 

と聞いたのだが、係の人に「ダブル」が通じなかったようで

 

「ダブルとは、ベッドが2つあるという意味ですか?」

 

と逆に聞かれていた。どうやらアメリカにダブルという部屋はないらしい。

 

話が逸れたので、元に戻す。

 

私はモーテルに着くと、床の上でトランクを開け、窓際のベッドの上に、衣類やガイドブックなどを広げ、もう片方のベッドで寛ぐことが多い。

 

テレビの音をBGM買ってきたローストビーフやチーズを手でつまみながら瓶ビールを飲み(アメリカのビールは瓶が多い)メールをチェックしたり(モーテルにwifiがある)、翌日の段取りを考えたりする.....と書いてるだけでワクワクしてきた。爆笑

 

 

豪華なホテルもいいけれど、あっさりしたモーテルに泊まるのも悪くない。一度、映画によく出てくるような「外から直接出入りできるモーテル」に憧れて予約をいれたことがあるのだが、その話を会社の同僚にしたところ、

 

「女性一人でそんな所に泊まるのは危ないからやめたほうがいい」

 

と、とても心配されたのでキャンセルした。万が一、本当に何かあったら会社に迷惑がかかると思って、泣く泣く泊まるのを断念した。く~。チュー

 

ちなみに私が泊まった宿で一番安かったのは、ユタ州のThe Waveに行ったときに泊まったケビン。1泊$20だった。共同トイレ、共同シャワー(しかも寝るところと建物が別)だったがケビンの中は快適だった。

 

 

次に安かったのは、The Waveの帰りに寄ったラスベガスのホテル。カジノもある豪華ホテルなのに一泊$40だった。素泊まりだが、ゆったりした浴槽で旅の疲れをとることができたし、有名なベラージオの噴水も近くてラッキーだった。

 

一人旅は病みつきになる。

 

ずっと一人なので、ひとり言以外は無言なのだが、旅先で楽しい出会いもある。私のように一人旅をしている女性に会うと、期間限定で一緒に行動することもある。お互い一人が好きなので、つかず離れずベタベタしない関係が心地いい。

 

ロングドライブ中はひとりで考え事をする絶好の機会だ。悩みごとが運転中に解決したことが何度もある。まあ大抵は「そもそも悩む必要はなかった....」という結論になるのだが。(笑)

 

一人なので決定権は全て自分にある。逆に自分で決めないと何も進まない。今自分が何を欲しているか、何があれば幸せかを基準に行動できるのは、一人旅ならではである。

 

 

 

ただのふりかけ御飯でも、こんな景色を眺めながら食べると美味しいよ〜。

AD
佐藤達哉さん北陸最終日に、うちのピアノトリオ・エアグルーヴのバンドクリニックをしていただきました。
 
メンバー各自、自分の師匠からそれぞれの楽器演奏についてはアドバイスをいただけますが、バンドとしての音作りという点では、いつもどうすればいいのか。。。と苦労しております。
この日は、ライブ演奏はショーであるということを前提に
 
・メリハリをつけること
・お互い会話することの重要性
・お互いの楽器の音を引き立たせる演奏方法
 
などを教えていただきました。
大変貴重な時間でした。
 
 
{B1C4C0B3-FC20-4450-9BC4-35F662D2DCAA}
 
エアグルーヴ、これからもがんばります。
 
それにしても、佐藤さん、原信夫さんのモノマネがお上手で感動しました。爆  笑

 

AD
金沢リバーサイドで、サックス奏者、佐藤達哉さんとジャズピアニスト、早川由紀子さんのデュオライブを見てきました。
 
{627BC208-C567-4F75-9AAC-3C40865D8F60}

ライブは早川さんのオリジナルや、佐藤さんのオリジナルアレンジの曲を中心に演奏されました。聞くのに集中してて、写真撮るの忘れてました。mOm

 

 

2ndステージは、1曲だけデュオで演奏されましたが、そのあとは、地元ミュージシャンも参加しての大セッション大会でした!

 

 

{C745ED1F-E816-4769-8391-95653A967A49}

 

 

さすがにサックス奏者の方が多かったですね。

毎回フロントにサックスが3,4人並んで豪華な演奏でした。

 

さて、私もセッションには参加させていただきましたよ!

リバーサイドの置きベースで。

 

 

{0522BDA3-CA96-4AB2-865A-BFE902A4463F}
 
いつもセッションで人のベースを弾くと、指に血豆を作ってしまうのですが、このベースはとっても弾きやすかったです。もしかすると自分のより弾きやすかったかも。(笑)
おかげで血豆も水ぶくれもできませんでした。(^o^)v
 
ところで、金沢でのジャムセッションは初めて。
あれ、2回目か。でもあれはギターセッションでしたし。
とにかく、リバーサイドさんでは初めてのセッションでした。

リバーサイドといえば、去年、北川潔さんのライブを見た場所なんですよね。
同じ場所でベースを弾かせていただけて感激です!おねがい
 
金沢のベーシストさん(大学生)ともお知り合いになれて良かったです。
( ´∀`)
 
 
{8ACC867A-0E9F-4B05-8196-2A46D8DE33CE}
 
佐藤さん、早川さんと記念撮影。
楽しくて家に帰るの勿体無かったですが、午前0時をまわってしまい、慌てて帰宅する不良主婦でした。
 
ところで、うちの母がシャープス・ファンで、特に佐藤達哉さんのサックスに関しては

 

うまいこと吹かれるわ~~。

 

と(偉そうに)常々申しておりますので (^▽^;)、ライブに一緒に行く?と誘ったのですが、体調に自信がないから遠慮するとのこと。

そこで、佐藤さんにお会いしてきましたよと、この写真を送ったら

 

あら、良かったわね~~。

 

と返事がきました。

ついでに、佐藤さんが「お母様によろしくお伝えください」と言ってくださいましたよ、と言ったら

 

きゃー、恥ずかしい!

 

と、乙女のような返事がきました。(笑)
ちょっとは親孝行できたでしょうか。
 
参加曲:
Autumn Leaves
I'll close my eyes
Blue Bossa
Billie's Bounce 
 

 

AD