バスケットボールの家庭教師 代表 鈴木良和のブログ

子どものスポーツのコーチです。

指導者の育成も行ってます。

この二つを行う会社も経営しています。

宜しくお願いします!

バスケットボールの家庭教師 代表の鈴木です。
僕のブログに足を運んで頂いて、ありがとうございますm(_ _)m

テーマ:

4月1日に新しい本が発売になりました!

コーディネーショントレーニングブックです!

 

皆さん、コーディネーショントレーニングはそもそも何が成果なのか、定義を考えたことがありますか?

 

我々は、「自分の身体を思った通りに動かす能力」を高めることが、コーディネーショントレーニングの成果だと定義しています。

 

単に変わったメニューをやっているだけでは、コーディネーショントレーニングの本当の効果を実感することは出来ません。

 

成果に向けて具体的にメニューを組み込んでいかなければなりません。

 

■この本のポイント■

1)WHY 「なぜコーディネーショントレーニングを行う必要があるのか」

・技術の習得時間が短くなる

・怪我が減る

・成長可能性を拡大できる


2)HOW 「どうやれば良いのか」「どのくらいやれば良いのか」

・反復練習ではない。同じことの繰り返しはあまり効果的ではない。

・運動発生の順序に刺激を入れる

・外乱因子をコントロールする

・毎日やらなくても効果はある

・トレードオフではなく、統合で日々の練習に取り込む


3)WHAT 「どんなメニューがあるのか」

例)ドリブルでターンオーバーという状況をスキルの欠如ではなく、7つの能力の欠如から整理し、それぞれに解決するコーディネーションドリルを紹介

 

コーディネーショントレーニングを実際にやっている指導者の方々からよく聞く悩みは

 

・学んだメニューをそのままやり続けるんだけど、だんだんマンネリ化してきて、なんだかこれって意味があるのかなと思ってしまう。→発展のさせ方が分からない

 

こういった声に応えられるように、この本を読めばドリブル、やパスという練習に対してコーディネイティブな刺激を色々と入れていく方法が分かるように整理しました。

子どもたちに欠けている能力を磨くために、刺激を発展させていく方法がイメージしやすくなっています。

 

皆さん、是非この本を活用して、「自分の身体を思った通りに動かす能力」が高い選手を増やしていきましょう!!

 

■Amazonでの購入はこちら■

 

 

 

 

 

いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、デイブ・テイラーというコーチをご存知ですか?

 

ご存知の方は少ないかもしれません。

何を隠そう、僕も最近まで知りませんでした。

 

UPSETという会社の片岡氏がご紹介してくださったのですが、最初のメールを読んだ瞬間からビビッとくるものを感じました。

 

なぜかというと、

 

DAVEさんはあのJohn Woodenコーチを尊敬しているとのこと!!

 

そしてさらに、

アメリカバスケットボールの育成年代の問題点について、本を執筆されているとのこと。

 

ジョンウッデン氏の哲学をバイブルとし、日本のジュニア期の指導を専門に活動しているERUTLUCとしては、これ以上ないくらい興味深い講師の方だったのです!

※デイブさんのホームページはこちら→http://coachdavetaylor.com/

 

その方が、3月末から4月の頭で日本に来てキャンプを行っているそうです。

 

そこで、ERUTLUCとアップセットさんでコラボしてクリニックをやりましょうという話が進みました!

 

3月30日水曜日、東京都の清瀬市で18時からクリニックを行います!

小学5年生から中学3年生の男女が対象です。

 

こんな感じで、アメリカでも精力的にジュニア対象のクリニックを展開されていて、彼が考える「ジュニア期で最も大事な事」をテーマにクリニックしていただく事にしました。

 

3月30日水曜は指導者の方の参加も受け付けています!

 

4月4日には、指導者向けの座学講習会も開催されます。

テーマは

◆アメリカのジュニア育成の光と闇1)日本がこれからアメリカに学ぶべき部分、真似てはいけない部分は何なのか。
2)ジョンウッデンの理念とアメリカの現状。日本への提言。
3)アメリカにおける勝利主義のコーチと育成主義のコーチの違い。

 

なんか、面白い話が聞けそうじゃないですか!?

 

今から楽しみでなりません!!

 

詳しい情報や申し込みなどはこちら

http://www.basketballtutor.com/service/7550#.VubaFJOLSV5

 

選手の皆さん、本場アメリカのコーチのクリニックを日本で受けるチャンスです!

お見逃しなく(^^)

 

指導者の皆さん、一緒に日本のジュニア期の環境について考える機会にしましょう!

宜しくお願いします!

いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ギャノン・ベイカーという人を皆さんご存知ですか?

 ギャノンベイカークリニック

もしご存知でない方はまずこちらの映像をご覧ください。1分間くらいは縄跳びしてますが、その後のドリブルやハンドリングからも、ただ者ではないバスケ熱を感じることができると思います。

 https://www.youtube.com/embed/WYpLr6FHm7Y

このギャノン・ベイカー氏、2014年に日本に来ていただいてクリニックを開催してもらいました。

その時の様子はこちら(ゴールドスタンダードラボさんのレポートページへ)

http://goldstandardlabo.com/2014/06/09/ganon-baker-report/?fb_action_ids=699261076806966&fb_action_types=og.likes

 

その時に日本の子どもたち、指導者の方々の熱意に共感されたギャノン氏はまた今年の5月に再来日されることが決まりました!!

 

そして、せっかくギャノン氏を日本に呼べるわけだから、僕たちだけの手で止めることなく、もっと多くの子どもたちにリーチできるようにしたいと考えました。

 

そこで、今回、ギャノン・ベイカークリニックのプロデューサーを募集します!

プロデューサーというのはつまり、ギャノンクリニックを開催するのに、「うちの学校を使っていいよ」、「うちの団体で主催するよ」、といった方々を募集します、ということです。

 

そうして、たくさんの方々と連携してこのギャノン・ベイカージャパンツアーを盛り上げて、たくさんの日本の子どもたちに彼の情熱を届けたいと考えています。

 

プロデューサー募集に関する詳細はこちらから

http://www.basketballtutor.com/news/5563#.VuKpm5OLSV5

 

皆さん、是非この機会を活用してください(^^)

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)