ぼくの細道

じんせいは最高のSHOWである


テーマ:

 

 

 

鐘の音と愉しい音楽

樹々のラインを浮き上がらせる灯

 

 

 

綺麗にデコレーションされた

大きな硝子の向こうには
たくさんのトナカイたちが

群れを成して立っている

 

 

 

礼香は、眼を輝かせて

ショーウィンドに向かって走った

 

 

初めて目にするトナカイの群れと

その後ろに広がる雪景色

 

 

当然

分厚い硝子など目に入るわけも無い

 

 

ドスン、と鈍い音をたてて

礼香は思い切り道路に転がった

 

 

 

信人(マコト)は慌てて駆け寄る

 

 

 

「礼香、大丈夫か?

だから言っただろ!

ちゃんと見てからじゃ無いと

走っちゃ駄目だって!!」

 

 

 

 

やっと我にかえった礼香は

大きな声で一気に泣き出した

 

 

 

信人(マコト)は礼香を抱きしめた

 

「大丈夫か?」

 

 

 

 

礼香は信人にすっぽりと包まれ

真っ暗で暖かい世界の中に入った

 

 

 

 

少し早めの脈の音が

真っ暗な世界に広がった

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

 

 

白いスプレーで描かれた

真っ白な雪の結晶

 

 

少し気にしながら通り過ぎる人たち

 

 

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

ポカポカと暖かい世界の中

礼香はピタリと泣き止んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーマーケットの窓には

チープに描かれたサンタクロースと

 

“Merry Christmas!”

 

 

 

 

 

 

「これ、貸してあげる」

 

ぶっきらぼうにそういうと

照美は履いていたローラースケートを

不器用に外し始めた

 

 

 

「照ちゃん、いいの?」

 

ちょっとタジタジしながら

嬉しそうに顔を赤らめフミ子は聞く

 

 

 

「だってさ、

今年は別のプレゼント貰うし!」

 

「はい!いーよ!」

 

照美は脱いだローラースケートを

フミ子の目の前に差し出した

 

 

 

いつも鈍くさいフミ子は

ローラースケートを

なかなか上手く履けない

 

 

 

照美は貸してあげると言ったが

要領悪さに少しだけ苛つき始めた

 

 

 

「あー、そうじゃないって!」

「だからーこうだってば!」

 

 

照美は尖った鉛筆の様に

キィっと言葉を浴びせる

 

 

その鉛筆で刺されるたびに

フミ子の動作はまるで

スローモーションの様に遅くなる

 

 

 

 

「もう! やっぱ、返して!」

 

堪忍袋の尾が切れた照美が言った

 

 

 

「え、だってもう少しで履けるのに…」

 

フミ子は顔を真っ赤にして

片方のローラースケートを指さした

 

 

 

「いいから!返して!」

 

「だって、貸してくれるって言ったじゃん」

 

 

 

フミ子が反論すればするほど

尖った鉛筆はまるでキリの様になる

 

 

 

 

「もーー!じゃあ!いいっ!」

「それ、あげるから!もういい!」

「あたし、もう帰る!」

 

 

 

鋭利なキリと化した照美は

吐き捨てる様に言い放つと

さっと、立ち上がり走りだした

 

 

 

フミ子は何も言い返す事もできず

片方のローラースケートを履いたまま

地面を見てうなだれた

 

 

鋭利なキリに変身した

照美はいつもこうなるからだ

 

 

 

ドスン、と鈍い音が聞こえた

 

 

 

その音でフミ子が顔をあげると

 

スーパーマーケットの入り口に

転がっている照美が見えた

 

 

 

「照ちゃん!!!」

 

 

照美は、うーうーと言いながら

頭を抱えて蹲(うずくま)って動かない

 

 

 

「照ちゃん!照ちゃん!」

 

片方にローラースケートを

つけたままで、フミ子が駆け寄る

 

 

 

「どうしよう、どうしよう!」

 

フミ子は片足でビッコを引きながら

鳩のようにあちこち首を振る

 

 

スーパーマーケットに来た客が

1人、2人、と集まってくる

 

 

 

 

 

「どうしよう、どうしよう…」

 

フミ子は相変わらず

片足にローラースケートを着けて

半べそをかいている

 

 

 

 

照美は何が起きたのか

しばらく分からなかったが

地面の冷たさに耐え難くなり

くらくらする、重たい頭をあげた

 

 

 

 

 

「きゃあーーーーーー!」

 

フミ子は大声を出して叫んだ

 

「照ちゃん!頭!あたま!!頭!」

 

 

 

フミ子のその声で

照美は我に返ると恐怖に包まれて

自分の頭を触るとヌルっとした

 

 

 

 

「わあああああああ」

 

堰を切ったように

照美は大声で泣き出した

 

 

 

 

その声で人がどんどん集まって

ドーナッツのような形を作る

 

 

 

「だれか!救急車呼んでください!」

 

誰かがそんな風に叫んでいる

 

 

 

 

 

 

 

「照美!!!」

 

 

遠くで、聞き覚えのある声が

人だかりの方から聞こえた

 

 

 

照美は頭を抑えながら

なんとか、その声の方をみた

 

 

 

黒いタートルネックを着

細身の仁志(ヒトシ)

人を掻き分けてこっちを見ている

 

 

 

いつも大きくて綺麗な仁志の目が

二等辺三角形の様に尖っていた

 

 

 

 

「照美、何があったんだ?」

 

 

 

 

フミ子は大泣きしながら

 

「照ちゃんパパ、

あのね、照ちゃんが…!」

 

 

 

 

仁志はフミ子の説明を遮って

 

「わかったよ、もういい!」

 

 

 

キリの様にそう言い放つと

すいっと照美を抱き上げた

 

 

 

 

「すみません、どいてください!」

 

太く大きな声でそう言うと

照美を抱きかかえたまま

人だかりを掻き分けて

大通りに向かって走り出した

 

 

 

 

照美は大きな恐怖心と

グラグラと回る景色と

あまりの頭痛に吐き気を覚える

 

 

 

ドッドッドッドッド

 

 

走る振動が頭に伝わる

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

 

「タクシー!」

 

仁志がタクシーを叫んで呼ぶが

一向にタクシーは捕まらない

 

 

 

 

「ちっくしょう!」

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

ほんわりと暖かい空間に

走る振動と心臓の音が

照美に伝わる

 

 

 

「ちっくしょう、ちくしょう」

「なにが、クリスマスだ!」

 

 

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

 

「もうちょっとだ」

「待ってろ」

 

 

 

ドッドッドッド

 


 

 

 

 

一定のリズムを刻む

振動と音に包まれ

 

 

 

どんどん暖かくなっていく

 

 

 

痛みすら感じなくなって

照美はそっと目を閉じた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチャ!・・

 

マライア・キャリーの声が聴こえる

 

 

 

 

 

「あ、ごめん。起こしちゃった?」

 

 

 

車のカセットデッキの音で

信人(マコト)は、半分目を開けた

 

 

 

 

 

「あれ?照美?」

「あれ、どうしたんだっけ?俺」

 

 

 

 

信人は、起き上がると

真っ暗な車の窓の外を眺めた

 

 

 

頭の回転が少し戻り

一緒に過ごすクリスマスに

スキーしに来たことを思い出した

 

 

 

 

 

「頭痛は治った?」

 

 

「あ、ごめん…寝てたから

ディナー間に合わなかったな」

 

 

「ぜんぜん、いいよ。

それより頭痛心配。どれどれ」

 

 

 

照美はそう言うと

信人のおでこに手をあてた

 

 

「うわ!アツい!!

熱が高いんじゃない?」

 

 

「そういえば、ちょっと寒いかも…

熱あんのかな、俺」

 

 

 

 

照美は助手席から身を乗り出して

信人を優しく抱きしめた

 

 

 

 

「大丈夫?」

 

 

 

 

照美のとった行動に照れがあったが

甘い香りと体温があまりに心地よくて

信人はスっと目を瞑った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

 

 

 

なめらかな

照美の心拍音が聴こえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さっき、夢をみていたんだ」

 

 

 

 

 

 

信人は静かに呟いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッドッドッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Merry,Christmas」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BAshow

 

 

 

 

すべてフィクションです

 


公園のタコの形のスベリ台をみたら

なんとなく出てきたのでメモりました

 

 

本を読むのがすごく苦手なのですが

うちに置いてあるものから

少しずつ読んでみようかなと思っています

 

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。