馬車道ピアノサロンのブログ

スタインウェイの神奈川県正規特約店です!
イベント情報や、サロンでの出来事をスタッフが心をこめて!お伝えします♪


テーマ:

ミ レミレミシレドラ~

 

記号

記号

おんぷ

音符もない

9文字のカタカナで

殆どの方々はこれが何の曲なのか分かるのではないでしょうか。

 

正解は、

 

ベートーベン

 

 

小さい絵文字で分かりづらかったですね。

 

そう、彼の曲です。

 

 

 

ジャジャジャジャーン音符

※フリー素材から拝借しました。

L.v.ベートーヴェン作曲の“エリーゼのために”です。

 

(全くの余談ですが、ネットでベートーヴェンの画像を見ていたら、

餃子の画像が!ここになぜ餃子はてなマークとリンクしてみると、京都で2番目に美味しい餃子のお店“ベートーヴェン”があることを知りました。焼き餃子~運命の餃子、唐揚げ定食~月光セット~など、興味深いお品書き。京都へ行った際はチェックしてみたいですねベートーベン

 

方向が逸れてしまいましたが、、、

ピアノを弾いている方にとってエリーゼのためには

登竜門と言っても過言ではない名曲の1つ。

 

ピアノを習い始める。

ドしかない曲から始まり、

それがドレミ

ドレミファソ

ドレミファソラシドとなり両手となり、

やっとシャープやフラットの存在に出会います。

 

ヘ長調やト長調...

調号...臨時記号ってなんぞやゲッソリ!!

といろいろな標高の高い山々を乗り越え

やっとの思いで、エリーゼのためにを弾く権利を先生から与えられるのでは。

 

エリーゼのためにってどこか憧れの先輩的な存在で、

その楽譜を手にし、あの「ミレミレミシレドラ~」を自分の指が奏でた瞬間は、

自分が成長したのを感じられる瞬間でもありました。

 

名曲中の名曲であるけれど、

初期に弾く曲っていうイメージがどこかあって、

最後に弾いて皆さんは何年経っていますか?

 

最近、プロのピアニストさんによる

エリーゼを聴きました。

 

なんて美しい。

 

まさに大人の演奏。

フレーズにブレスがあって、

強弱の明確なコントラスト。

 

がんばって弾いた習いたての思い出とは全くイメージの違うエリーゼでした。

 

振り返ってみると、確かに音符自体は難しい訳ではないですが、

バッハやショパンを弾くようになった今、もう一度初期に弾いていた

曲たちを弾いてみると表現方法が「先生に教えらた表現」から

「客観的な表現」へ変化しているのではないかなと(変化していて欲しいと願うガーン)、

また、憧れの先輩を久々に奏でてみたくなりました。

 

 

 

 

株式会社馬車道ピアノサロンは、Steinway & Sons社の日本法人 スタインウェイ・ジャパン株式会社の神奈川県正規ディーラーです。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。