BARRYVOICE

高校野球地方大会観戦が趣味
合わせてその土地ならではのものもご紹介


テーマ:

2017.5.14
しんきん諏訪湖スタジアム第二試合
県大会1回戦
篠ノ井
131 004 1=10
000 200 0=2
下伊那農業
7回コールド
【篠高】唐澤-高橋
【下農】木下歩(4)、勝又(3)-木下大
H篠高14、下農3
E篠高0、下農4
K篠高4、下農5
B篠高6、下農2

 

昭和59年以来の甲子園を目論む篠ノ井に対して

南信支部で近年頭角を現しつつある下伊那農業との一戦。

下伊那農業の好左腕 木下君の出来がカギを握るとの戦前の予想でしたが・・

 

1回表 篠ノ井

先頭の早川君が下伊那の木下君の素晴らしい投球に見逃し三振を喫するも

2番山崎君、3番小宮山君が安打でつながり

4番田中君のライト前タイムリーで1点先制。

いきなりの3連打で意気上がる

しかし、後続の5番大井君、6番青木君は連続三振

この回3安打3三振という極端な攻撃となる。

 

1点差のまま凌いでいきたかった下伊那農業だが2回にも落とし穴

2回表 篠ノ井

7番唐澤君のヒット、8番高橋君の2塁打さらには9番篠原君の四球で無死満塁

ここで1番早川君の打球はショートへのゴロ

こrが下伊那農業のエラーを誘い2者生還

さらに3番小宮山君にも犠牲フライが出てこの回3点

計4-0とリードを広げる。

 

3回にも1点を追加された下伊那農業の反撃は4回ウラ

エラーとヒットで1死2・3塁とし6番勝又君のタイムリー内野安打の間に2者生還し

5-2と追い上げを見せる。

 

しかし、流れはずっと篠ノ井

5回からリリーフした勝又君も攻めたてて

6回表には一挙6安打を集中し4点を追加して勝負を決した。



下伊那農業先発の木下君はやや一人相撲気味の投球で味方に勢いを与えられなかった。

また守備でピンチの場面でも内野陣が声を掛けることなく、

それをベンチも黙殺。失策も4つと精彩を欠いたのは残念。
ピンチ時にどのように考え、切り抜けていくのかを試しているのであるなら

理解できるものの、結果投手をマウンドに孤独にしたことには変わりはなかった。

夏にはベンチ一丸となった姿を見せてほしい。
一方の篠ノ井はノビノビとした攻めで終始、下伊那農業を圧倒し、コールドゲームに持ち込めた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

バリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります