BARRYVOICE

高校野球地方大会観戦が趣味
合わせてその土地ならではのものもご紹介

NEW !
テーマ:

2017.5.21
水戸市民球場第三試合
2回戦
日大三
018 000 010=10
032 200 020=9
専大松戸

【日大】櫻井(5-0/3)、柿澤(4)-津原
【専松】濱名(1/3)、川上(7-2/3)、古川(1)-本橋
H日大11、専松10
E日大2、専松3

 

この夏、西東京は清宮君擁する早稲田実業とその対抗馬と目される日大三の

マッチレースという見方が大方ではある。

その中で早稲田実業は投手陣に不安ありで

日大三の投手陣の出来次第では一気に浮上かという観測も流れる中、

注目の日大三の関東大会の戦いが始まったのだが・・

 

専大松戸の先発は濱名君だったが、初回先頭打者を抑えたところで

突然の降板。どうもヒジ痛のようでこの試合の行く末を暗示するかのようなスタートとなる。

 

先制は日大三

2回表 ヒットと四球、さらにエラーも絡み無死満塁

ここで8番 津原君のタイムリーで日大三先制 1-0

 

なおも無死満塁だったが

9番八木君がスイングアウト

1番井上君がファーストゴロでホームフォースアウト

2番長谷川君が見逃し三振で攻めきれず

1点で終了。

 

ピンチを逃れた専大松戸

2回ウラ ヒット2本で1死1・3塁とすると

8番川上君がスクイズを成功させて同点に追いつく。

 

さらに定まらない日大三の櫻井君から2つの四球を選び1死満塁とし

2番昆野君の打席の時、ワイルドピッチで専大松戸 逆転に成功

さらに 昆野君にもタイムリーが出て専大松戸 3-1とリードを奪う。

 

しかし専大松戸の川上君が踏ん張り切れない

エラーと四球、死球で1死満塁

ここで7番大塚君がライトへ2点タイムリー

専大松戸の金子君が必死に追うも無上の打球はグランドに・・

 

その後は日大三の打線が爆発

結局この回ヒット3本ながら、四死球6を選び一挙8点 9-3と大きくリードを奪い、

これで勝負ありと思われたのだが・・

 

専大松戸もひるまず

3回ウラに2点を返すと

4回ウラにもなかなか落ち着かない櫻井君を攻めて

2死満塁とし、4番今里君の走者一掃のタイムリーが出て

9-7と2点差に迫る。

 

日大三はたまらず6回から櫻井君から柿澤君にスイッチ

グランド整備後 両チームともようやく落ち着きを取り戻す。

 

そして迎えた8回表 日大三

この日ピッチングではいいところのなかった櫻井君がバットを一閃

打球はセンターバックスクリーンへのホームラン

10-7とリードを広げる。

 

大阪に帰る時間の関係上、観戦はここまで・・

結果的にこの櫻井君のホームランが決勝点になった

 

試合前までは櫻井君先発ということもあり

日大三が優位に試合を進めるのかと思われたが

結果は勝つには勝ったが反省点だけが残った試合となった。

 

夏の西東京

いつまでノーガードの打ち合いをし続けることになるのか

それともこれらのチームを封じるチームが彗星のごとく登場するのか・・

色々な意味で興味深い大会となりそうだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)