バロン河内のブログ

フリーランスで活動している社交ダンスのインストラクター '' バロン河内 '' のブログです。
赤い実が生る植物が大好きな「猫族の爺や」であるダンサーの日常を綴ります。


テーマ:
会社経営者の方へ
 
「良い姿勢」は業績の向上につながる第一歩

 “ 会社の業績を伸ばすのも傾けるのも人材次第 “

「そんなことは充分わかっている、何を今さら。」とお思いの事でしょう。では、人材育成・活力維持のためにどんな対策を講じているのでしょう?

毎年一回の健康診断、保養施設など福利厚生に十分配慮していればそれで良いのでしょうか? エアコン・パソコンの事務機器など最新式のものをそろえ、働きやすい仕事環境に配慮していれば十分なのでしょうか? セクハラ・パワハラが無く、社員が明るい気持ちで仕事ができるよう配慮していればそれで何も問題ないのでしょうか?

それらはとても大事なことです。どれひとつ不必要なものはありません。素晴らしい経営努力でしょう。しかし、足りないものがあります。

人間は知力・体力の両方が大切です。いくら知能が高くても体力・健康が伴わなければ良い仕事は出来ません。膝痛・腰痛・肩こり、それらにより引き起こされる頭痛などがあれば、頑張れ・業績を上げろといくら叱咤激励したところで、せっかく有している高い能力を発揮できません。

では、どうすれば社員の体力向上が図れるのでしょう?どうすることが健康維持につながるのでしょう?

その答えは「姿勢」にあります。

1980年代まではコンピューターの普及率はあまり高くありませんでした。それが1990年代にコンピューターが普及し職場でも自宅でもパソコンに向かう時間が長くなりました。さらに時代は進みスマートフォンやタブレットが普及するにつれ、四六時中悪い姿勢のまま小さな画面に集中するようになりました。

コンピューターの発達に伴い、手書きしたものからプリントアウトしたものへ、紙の郵送からメールの送信へ、書類の保管も必要なくなり全てのデータはクラウドへ、自分の席から立つ必要もなくほとんどの仕事が済まされる時代となりました。

主要な建物にはエスカレーター・エレベーターがあり動く歩道もある時代、歩いたり階段の上り下りもほとんどしないですむようになりました。

つまずいて転ぶことの無いようバリアフリー化された建物が増えて、腿を上げて歩くことが極端に少なくなりました。

自宅では、テレビ・エアコン・音響機器も全てリモコン操作のみ、照明・扇風機さえもリモコン、さらには買い物や銀行の送金さえも自宅のPCやスマホから、洗い物は食洗機がしてくれるし、掃除はロボット掃除機ルンバがやってくれるし、洗濯物はボタン一つで乾燥までできてしまうし、テレビ・照明・扇風機・電話機・音響機器等にさわらなくても良くなりました。

自宅・通勤時・職場での身体を動かす機会が極端に減ってしまったのです。人間にとっては便利になった半面
「疾患を生む状況が整った」
とも言えるでしょう。

無農薬野菜や自然食品などを購入しどんなに食事に気を遣っても、どんなに高い効能が謳われている高価なサプリメントを飲んでいても、一日のうち悪い姿勢でいる時間が長ければその効果はあまり期待できません。姿勢が悪いと内臓をずっと圧迫し続けていることになるのですから。循環器系も消化器系も圧迫され続けていたら働きが弱くなるのは当たり前です。

学生時代までかなりなスポーツマンであった人間でも、社会人になった途端に運動量が極端に減ってしまいます。学生時代までの筋肉の貯金は、使わなくなるとわずか2~3年でなくなってしまうのです。

プロスポーツの世界に入った人間ならいざ知らず、アマチュアであっても実業団チームでスポーツを続けている人間ならいざ知らず、社会人になって数年たち20代後半から30歳を迎える頃にはスポーツをしていた頃の身体の強さはもうありません。「自分は身体が強い・体力勝負は任せて」と思っているのは本人だけ。現役選手と比べたら相当レベルダウンしています。

30代を過ぎ40代になった人間は入社以来ずっと姿勢が悪いまま過ごしているので、その間内臓を圧迫し続けているわけです。ということは、「循環器系疾患・消化器系疾患の予備軍」となっているのです。

体力向上を目指し健康器具を使っていくら運動していても、週に3回スポーツジムに通っても、姿勢が悪ければ血の流れが滞ってしまいます。生活の大部分は「運動していない時間帯」なのですから。

怖いのは内臓疾患だけではありません。社会人になって数年たち30歳を迎える頃には学生時代の身体の強さはもうありません。スポーツに縁の無かった人間は、30歳を迎える頃には体力がかなり低下しています。筋力の低下による姿勢の悪さ・歩き方の悪さにより足首の関節・膝関節・股関節の変形や脊柱の変形による「骨格系疾患の予備軍」になっていることも十分に考えられます。

40代後半から50代になった人間は、もう既にいくつかの疾患を発症してしまっています。自覚症状が有る無しに関わらず疾患は静かに進行しているのです。

ほとんどの疾患は突然なるものではありません。長い期間その症状が出る原因が蓄積された結果なのです。

このように「姿勢の悪さ」が多くの疾患を生む原因となっているのです。一人一人の能力低下につながり仕事量が減ってしまいます。当然会社全体の業績低下につながるのです。

ということは、良い姿勢が「良い健康状態で長年バリバリ働ける社員」を増やすことになるのです。

このことは残念ながらこれまであまり注目されていませんでした。姿勢が悪いことについては、単純に「最近の若い者は体が弱い!」「気合が足らん!」「個人の健康管理がなっとらん!」などと個人の身体・意思の弱さを非難するだけでした。

本当にただただ個人の責任でしょうか。先ほども述べたとおり社会全体がそのような状況になっているのではありませんか?

個人の問題よりも社会全体の問題です。となれば国や自治体がやることなのですが、残念ながら実現は期待できません。であるならば、会社としてやるしかありません。

かといって、社内にスポーツジムを作るわけにはいきませんしその費用も捻出できないでしょう。また、身体構造についての専門知識を持ち他人にアドバイスできる人間もいないでしょう。

では、健康維持のため姿勢を良くすることは個人の自己判断に任せれば良いのでしょうか?それはとても危険なことです。

「自己診断せず医師に相談しましょう。」医者がよく言う言葉です。浅い知識での勝手な判断はとても危ないということです。

Aさんに効いた薬がBさんに効くとはかぎらないのです。Bさんが受けた施術がAさんには合わないかもしれません。

患部を温めたら気持ち良くなるとすすめられて温めたら、炎症が酷くなって痛みが増したというのはよくあることです。

良い姿勢にするためには「何が良い姿勢なのか」を充分に知る必要があります。

「良い姿勢」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?小学校・中学校・高校の時に「胸を張って、あごを引いて。」と言われませんでしたか?それが良い姿勢を作る唯一の方法として盲目的に信じ込んでいませんか?

残念ながらそれはただの苦しい姿勢でしかありません。胸を張ってしまったら肋骨・肩甲骨が固まってしまいます。その体勢では運動能力を最大限に発揮することはできませんし、怪我をする危険性大です。

良い姿勢とは、「安定して」「動きやすく」「身体能力を最大限発揮できて」「疲れにくく」「立ち居振る舞いに品がある」「美しいシルエット」であることです。

御社に来られた方が良い姿勢で仕事をしている社員の方々をご覧になれば「きちんとした会社だな」と好印象を持つでしょうし、会社の看板を背負う営業マンが良い姿勢で売り込みに行けば「この会社と取引したい」ということになるでしょう。

社内でも周りが皆姿勢良くポジティブな空気であれば自然と雰囲気も良くなり、業務が円滑になることは想像に難くありません。上司の皆さんがストレスで胃痛を感じることも無くなることでしょう。

「良い姿勢」は業績の向上につながる第一歩であり近道となることでしょう。

「良い姿勢」と一口に言いますが、良い姿勢へのアプローチは人それぞれ違います。骨格・筋肉の付き方・職業・日常生活での癖などで全く同じ人はいないのです。その人に合った姿勢改善プログラムでなければ意味がありません。

姿勢改善指導を行うためには、姿勢・美しい所作や身体構造及びその整え方を充分に知り尽くし、姿勢改善方法を分かりやすく説明し・納得させなくてはなりません。
良い姿勢に導くためにはその人に合った改善プログラムである必要がありますし、実行できるよう導けなくてはなりません。
餅は餅屋、その道のプロフェッショナルに任せるのが適切でしょう。

御社も姿勢改善メソッドを導入して社員一人一人の健康増進・体力向上を図り、業績の向上を試みては如何ですか?

お申し込みはこちら → baron.kawachi@gmail.com
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。