バロン河内のブログ

フリーランスで活動している社交ダンスのインストラクター '' バロン河内 '' のブログです。
赤い実が生る植物が大好きな「猫族の爺や」であるダンサーの日常を綴ります。


テーマ:

人と接するということは、「挨拶」「誘導(エスコート)」「物の受け渡し」等々あらゆるシチュエーションがあります。その全てにおいての所作「立居振舞い」に気遣いが行き届いているかそうでないかでその人物の印象は大きく変わります。

挨拶をするにしても「お辞儀」をする日本式と「握手」をする欧米式があります。当然距離感が違います。日本式の距離で握手をしようとすると遠く感じ、欧米式の距離でお辞儀をすると頭がぶつかってしまいます。

お辞儀をする際、頭だけを床に近づけてしまうと猫背の無様な格好になってしまいますし、挨拶を受ける側としてはあまり良い挨拶を受けたとは感じません。伸ばした背骨をなるべく曲げないようにして股関節を引き前傾姿勢になるようにすればとても良い印象を与えるお辞儀となります。

頭を垂れるを辞書で引くと
「頭を前に下げる様子。へりくだったり、相手に敬意を表したりして、謙虚な振る舞いをするさまを意味する表現」
と記されてありますが、決して頭だけを床に近づけてしまうことの無いようにしましょう。敬意を表すどころか「本当は挨拶をしたくなかったけれど顔を合わせてしまったのでしょうがなく頭を下げておこうかな」みたいな所作に見えてしまいます。

握手をする際、日本人は握手とともにお辞儀までしてしまいますが、これは不適切です。それがたとえ日本人同士であろうとも。握手とは、相手に対して身体の向きを正し身体を前傾させることなく相手との中間まで右手を差し出して深く握り「会えて嬉しい」「感謝」の気持ちを伝えることです。良い姿勢で握手をされればとても気持ちの良いものです。逆に悪い姿勢や正面に向いていない立ち方での握手は、相手に悪い印象を与えてしまいます。

表情も良し悪しを大きく左右します。何か嫌なことがあって渋い表情のまま握手されても嫌なものです。満面の笑みとまではいかなくても会えて嬉しい・感謝の気持ちが相手に伝わるに相応しい表情であることが重要です。

挨拶こそビジネス成功の第一歩なのです。

また、何かを聞かれて所在を指し示す時に人差し指で指し示す所作は、相手にとても悪い印象を与えてしまいます。「あちらです」「こちらです」と何かを指し示す時は、必ず指を揃え手のひらを上向きにして指し示すようにしましょう。

日本人は自分の事も人差し指で鼻を触ってしまいますが、ビジネスの世界では日本人から見ても幼稚な所作に見えてしまいます。ましてや海外の方から見たら不思議な所作に見えているのです。指を揃えて胸の中心に手を置くようにしましょう。

物の受け渡しをする際は、丁寧に相手が受け取りやすいよう気を遣い、出来れば両手で丁寧に差し出すようにしましょう。ハサミ等刃物を受け渡す時は、刃先が相手に向いてしまわぬように・落として怪我をしないように気遣いをして差し出さなくてはなりません。決して汚いものを指でつまんで捨てるような所作は慎みましょう。

全ての所作に気遣いが行き届いていれば、あなたの立ち居振る舞いは相手に対して常に好印象を与えることになり人間関係もうまくいくこと間違いありませんしビジネスの成功につながることでしょう。

さあ思い立ったが吉日、あなたも自分の所作に充分気遣いして素晴らしい立ち居振る舞いで他人に接するようにしてみませんか。自分も気持ち良いものですよ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。