テーマ:
去年からアイドル界に旋風を巻き起こしてきたNegiccoの勢いが今年の夏以降、衰えてしまいました。
この夏の野音ライブが最高に盛り上がっただけに、その後の失速は意外でしかありません。
その原因を勝手に推測してみます。

①有能な仕掛け人がいなくなった

この夏までのNegiccoの盛り上がりは、熊さん率いる弱小事務所単独では実現できるものではなかったと思います。
きっと、有能なエージェントがいたのではないかと。
東京での活動が極端に減少したり、相乗効果があまり期待できない相手と地方で2マンツアーを開催したりと、今秋以降のNegiccoの活動は疑問だらけでした。
武道館ライブをすると宣言しておきながら、ファンを増やす活動ができていないのです。今年の前半の活動が濃過ぎただけに、ファンの期待を裏切る格好となりました。
陰で種蒔きをしていたのかも知れませんが、野音ライブまでの勢いを活かすことができませんでした。
「カナールの窓辺」の特典商法も内輪でしか盛り上がりません。
戦略をまともに練られる人がいなくなったように思います。

②苦労話が意外に受けなかった

Negiccoが地上波のテレビ番組に出るようになって、デビュー後12年間の苦労話が多くの人に知られるようになりました。
これで、私のように「応援したくなる」人が増えるかと思ったのですが、意外と受けなかったのが実態です。
アイドルの苦労話自体に飽きられてしまったのかも知れません。

③アイドルファンが離脱した

・悲願のオリコントップ10入りを実現した
・1月に発売されたアルバム「Rice & Snow」が玄人向けの内容だった
・「トリプル!WONDERLAND」よりも後にアイドルファン受けする楽曲が出ていない
・今年結成されたファンクラブが役に立たない
・セトリがマンネリ化している
・ブームが去った
・他に魅力的なアイドルが登場した
といった理由で、アイドルファンの一部が離脱したように思います。
代わって「楽曲派」と呼ばれる方々がファン層に加わりましたが、アイドルファンほどはCDを積んだりライブやイベントに足を運んだりしてくれる人達ではありません。

④武道館ライブを目標にして興醒めした

武道館ライブを行ったけど苦戦しているアイドルが続出しているだけに、アイドルに詳しい人ほど「わざわざ武道館でやらなくても…」と思ったと思います。タイミング的にもせめて東名阪のZeppが埋まるくらいの人気が出てからにすべきでしょう。
そもそも、ファンとの触れ合い重視でやってきたグループですので、武道館ライブ開催は違和感があります。


去年からの勢いを見てきた者として、Negiccoがこのまま埋もれていくのは本当に惜しいです。
週末のNegicco忘年会で大きな発表があることを期待しつつ、Negiccoを盛り上げる為に運営にお願いしたいことを2つ挙げます。

①ファンクラブイベントの実施
 ライブのチケットが一般枠で普通に取れるグループであるにもかかわらず、わざわざファンクラブに入会しているファンをもっと大切にすべきだと思います。
②ライブの無料配信
 Negiccoの魅力はライブの楽しさにあります。地方のCDショップでサイン会をするよりも、はるかに多くの人にNegiccoに興味を持ってもらえると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。