970枚目のご紹介は、Cymbalsインディーズ時代の2ndミニアルバム

「Missile&Chocolate」です。


NEAT,OR CYMBAL! 」でデビュー(正確にはその前にカセットシングルをリリース)し

そこから半年という短いスパンでリリースされた今作。

yes,mama ok?、Romoshop maniaといったレーベルメイトのゲスト参加もあった今作では

全曲の半数が日本語詞となり、ポップだけどちくりとしたトゲもある、という

メジャーデビュー以降の彼らのサウンドの土台が定着した1枚であると思います。


ソングライター・沖井礼二の才能はローティーンアイドルや声優や音ゲーといった

若干コアな層で現在発揮されている感がありますが

(竹達さんのシングル、沖井楽曲でのチャート最高位だそうで・・・)

その原点はやはりインディー時代のCymbalsにあるんだろうなぁ、と

こうして改めて聴きなおしてみるとしみじみと思ってしまいます。


「White Christmas」を引用した「Winter Day Song~彼の冬、彼女の冬~」

(先行カセットシングルとしてリリースされた楽曲でもあります)、

後にメジャーで再録音される「My Brave Face」(アレンジが大きく違う)と

まだ若々しく軽やかな声の土岐麻子の声を堪能できる全7曲。

現在入手難ではあるようですが、Cymbals、土岐麻子、

そして沖井サウンドのファンにはぜひ聴いてほしい1枚です。



Missile&Chocolate/Cymbals
¥1,890
Amazon.co.jp




AD