今日のセレクトは、レッド・ツェッペリンの2ndアルバムです。

全米・全英ともにチャート1位を獲得したハードロックの名盤となっております。


前作でのデビュー から短い間隔でリリースされた今作は

「Whole Lotta Love」に始まり、「The Lemon Song」「Heartbreaker」

「Ramble On」「Moby Dick」といった代表作の数々が収録されており

これを最高傑作と挙げるファンも多い1枚となっております。

そしてこのアルバムがビートルズの「Abbey Road」を抜いての1位となり

ロックの世代交代を強く印象付けることとなるわけです。


ロバート・プラントのセクシーな高音、

ジミー・ペイジのハードなリフと味わい深いソロ、

ジョン・ボーナムの激しいドラミング、

そしてボトムを支えるジョン・ポール・ジョーンズのベースプレイ、と

ロックバンドとしてのツェッペリンのバランスは今作で完成したようにも思えます。

時に激しく、時に静かに、ブルーズロックのど真ん中を突き進む

そんな泥臭くもパワフルでグラマラスな1枚です。



Led Zeppelin II/Led Zeppelin
¥1,557
Amazon.co.jp


AD