今日の「1Day,1Disk」は、Cymbalsの3rdアルバムをご紹介。


前2作(「That's Entertainment」「Mr.Noone Special」)では渋谷系の延長的な

ネオアコ系おしゃれポップス路線を歩んでいた彼らですが

今作では打ち込みをメインとしたサウンドに転換、エレクトロサウンドに

土岐麻子の声が乗るという浮遊感のあるアルバムに仕上がっています。


ドラムンベース、テクノ、ハウス、エレクトロニカといった「電子音楽」を

貪欲に吸収し、それをしっかりとCymbals色にまとめたこのアルバムは

ドラム担当の矢野博康が主導になって制作された、という背景があるようです。

先行シングル「Higher The Sun」「Wingspan」が彼ら流のハウスポップだったのですが

アルバムの中身は曲によってはフロアでの使用に耐えうるほどの

テクノ/ハウスナンバーもあったりと、彼らの新しい側面を示したものになりました。


小沢健二やコーネリアスなど、渋谷系ポップス→音響系に展開していった先人へのリスペクトなのか

ポップをつきつめていった先にこういった世界が広がっていたのかはわかりませんが

現状に甘んじない表現の進化がこのアルバムには見られるように思います。


アルバムをトータルで聴くことでひとつの世界が完成するような、

どこかコンセプトアルバムっぽさも感じる1枚。

不思議な中毒性も感じたりと、聴いていて飽きないアルバムです。


Sine/Cymbals
¥3,045
Amazon.co.jp


AD