自分を、殺してしまおうと思った。
誰の役にも立たない、ちっぽけな自分は、この世に存在してはいけないんだって。
でも、誰かが僕に言ったんだ。

「愛する人のために生きなさい」

愛する人?
そんな人、どこにいる?
僕には、愛する人すらいないんだ。
それを知ってて言うのなら、あなたはなんて残酷な人だろう。
愛することだけじゃなく、愛されることすら知らない僕に、これ以上どうやって生きろと言うの。

僕は煌く夜景を見ながら、いつの間にか流れていた涙を拭うと、最初で最後の大いなる一歩を踏み出した。
いつか、人を愛せるように。
いつか、誰かに愛してもらえるように。
いつか、自分を愛せる日のために。




お題配布元:オペラアリス




ランキングに参加中☆ 0574

AD