貴方の寝顔が見たいのです

テーマ:
小さい頃からそうだった。
いくら私が頑張って起きていようとしても、いつも私の方が先に寝てしまう。
魔法にかけられたみたいに、貴方とふたりで横になると、すーっと眠りに落ちていく。
私が目覚めたときには、必ず貴方はもう起きていて、そっと私を見ていた。
私は毎日、貴方の寝顔を見たいと願ったわ。
それは、今も変わらない。
変わらない、はずだった。

私たちは、物心ついた頃から一緒にいて、それが当たり前で、気付けば数十年が過ぎていた。
その間にはもちろん、言い尽くせないほどいろんなことがあって、想い出があって、気持ちがあって、時があって。
子どもたちも大きくなった。
私たちも歳をとった。
でも、何も変わらないと思っていたの。
貴方が死ぬまでは。

ずっと、貴方の寝顔を見たことがなかった。
私より後に寝て、私より先に起きる貴方。
こんな形で、貴方の寝顔は見たくなかったよ。
「起きて、ねぇ起きて」
聞こえてるんでしょう?
私のこと、からかってるの?

貴方は「これで君の願いが叶った」と言うかもしれない。
私の願いを知ってたから。
だけど違うのよ。
こんなことを願っていたんじゃないの。
私は、貴方の寝顔を見て、目覚めるところが見たかったんだから。
目覚めない貴方は、見たくなかった。
見たくなかった・・・けど、貴方を見届けられたのは、幸せなことかもしれない。
貴方を残して逝くよりは、ずっと。
AD

みんな、ふたりぼっち

テーマ:
愛している人がいた。
もう、この人だけだと思っていた。
一生この人と、生きていけるのだと思っていた。

なのに。

子どもが出来た。
あの人は、いなくなった。
私は、捨てられたのだ。
あの人と私、ふたりきりではなくなったから。
あの人は消えてしまった。

私は、またひとりぼっちに戻ろうと思った。
「ひとりに戻って、あの人を探そう」
でも、出来なかったの。
ふたりになった私は、勝手にひとりに戻ることは出来ない。
涙が出た。
ひとりになろうとしたことが哀しくて、ひとりに戻れないことが悔しくて。
もう二度と、あの人に会うことは出来ない。


愛してる人がいた。
これからは、愛していくべき人がいる。
私は、ふたりぼっち。
みんな、ふたりぼっちなんだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


久々すぎて、下手になっています。
あぁ・・・今年はもうちょっと更新したいです。
AD