変わらない痛み

数年ぶりに、君に出会った。

君は、あたしの知らない彼女を連れて、あたしは、君の知らない彼氏を連れて。

同じ街に住んでいながら、今まで会わないのが不思議だった。

こんな狭い街なのに、あたしたちは手を離したあの日から、ずっとずっとすれ違って、違う世界を生きてきた。

それが今、嘘みたいに一致した。

手の届く距離に、君がいる。

「久しぶり」

たっぷりな時間見つめ合って、やっと君の唇が動いた。

「うん、久しぶり」

やっとのことで、あたしも答えた。

今まで経験したこともない空気が、あたしたちの間を流れる。

君と彼女の間。

あたしと彼氏の間。

そして、君とあたしの間に。

あたしたちは、それ以上言葉を交わすこともなく、でも瞳だけは逸らせずに、ずっと見つめ合っていた。

ふたりの時間が、甦ったみたいだった。

あたしたちが、昔のあたしたちのところに、タイムスリップしたみたいに。

手を繋ぐだけで、頬を染めたあの頃。

やさしく触れた君の唇。

震える指先が触れた乳房も、愛を知った痛みも、全部全部、君があたしにくれた幸せ。

あの頃と何も変わらないんだと、君の瞳が呟いた。

うん、あたしも。

あたしも何も変わらない。

あたしたちは、それぞれに歩き出した。

訝しげな顔をする、パートナーを連れたまま。

あたしたちは、思い出していた。

あの時最後に交わした約束を。

「あの、小さな町のホテルで」

あたしたちは今夜、ふたりで行った小さな町で、新たな旅路につくだろう。

心から愛する人と、永遠に離れないと誓って。




お題配布元:中途半端な言葉

ランキングに参加中☆ 0574

AD