モノクロの微笑み

彼女が、独りになったことを知った。

3年間付き合った彼に、振られたらしい。

ずっと、彼とうまくいっていないことは、僕も聞いていたけれど、まさか別れるなんて思っていなかったから、彼女に片想いの僕ですら、ショックを受けてしまった。

「仕方ないんだ。私たち、ずっとケンカばかりしてたの」

そう言って笑う彼女の携帯には、元カレからプレゼントされた、近くの神社の縁結びのお守りがぶら下がっていた。

(あれ、対になってるヤツなんだよな)

彼女の元カレが、そのお守りをまだ持っているかは分からない。

でも彼女は、少なくとも彼女は、まだ元カレとの縁が繋がっていると、信じているんだ。

「広幸くん、今度ふたりで遊びに行かない? たまには若い子と一緒もいいかなって」

無理しなくていいのにな。

そう思って、僕は「何言ってんの。今まで5つも年上のオジンと付き合ってたくせに。年下なんて興味ないって言ってたじゃん」と言ってやった。

3つも年下なんて弟みたいだって、ずっと言ってたじゃないか。

幼い頃から、姉弟みたいに育った僕ら。

親同士が仲が良かったから、小さい頃はお互いの家に泊まりに行ったりも、普通にしていた。

彼女が中学に上がった年、初めて僕らに隔たりが出来た。

クラブ活動で、毎日遅くなる彼女。

なかなか一緒に遊べないことで、苛立つ僕。

そして彼女の隣には、僕の知らない男の影。

悔しかった。

彼女が、僕には見せない顔で笑ってる。

幼心に初めて灯った、小さな恋火。

長かった僕の片想いも、ようやくゴールを迎えるってことなのか?

「広幸くん、やっぱり君は意地悪ね」

そう言って無理に笑う彼女に、僕は「そりゃ、ここまで待たされたらね」と、心の中で呟いた。




お題配布元:中途半端な言葉

ランキングに参加中☆ 0574

AD