小さなトンネル

テーマ:

目の前にトンネルがあったら、君は潜るだろうか?

灯りも民家もなく、静まり返ったところにあるそのトンネルの向こうには、一体何があるのか。

君だったら気になるだろうか?

僕だったら、逃げ出したい。

逃げ出したいけれど、逃げられなかった。

僕の道は、そのトンネルにしか繋がっていなかったから。


トンネルは、不気味だった。

この場所そのものが、気味悪かった。

誰もいない。

何もない。

風さえも吹かない。

ここにいるのは、トンネルと僕だけだ。

僕の息遣いと足音と、わずかな衣擦れの音と。

それだけが、辺りに木霊している。

懐中電灯の灯りを頼りに、トンネルの入り口に立つ。

生ぬるい空気が漂う。

トンネルの向こう側は、何も見えない。

真っ暗だ。

目を凝らした。

視界は何も変わらない。

僕は、ごくりと生唾を飲み込んだ。

「カツン」

足元にあった、小石が転がった。

その瞬間、どこからともなくやってきた、なんとも言えない期待が胸に広がる。

何だろう、これは。

そして、その倍くらいの大きさで、不安と希望が押し寄せた。

何だろう、この気持ちは。

トンネルの向こうには、きっと何かある。

そんな、予感。

僕はありったけの勇気を振り絞って、トンネルの中に足を踏み入れた。


「おめでとうございます、元気な男の子ですよ」

最初に聞いたのは、荒い荒い息遣いと、どうやら僕のものらしい赤ん坊の泣き声と、やさしい女の人の声だった。

「かわいい。私の赤ちゃん」

そう言って僕の顔に触れた手は、とても熱くて大きくて、とてもとてもやわらかかった。






ランキングに参加中☆ 0574

AD