◆易占研究ブログ◆ 八卦見の一分

易占い(周易)・人相術・占星術の実占研究Blog
実占による裏付けをもって、占いを解明する。
『うつし世は夢、夜の夢こそまこと』


Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: don't give up the fight!





『今日の科学、因果は分かるが、 縁が分からぬ。
この縁を研究するがわれわれの 任なり。』

南方熊楠の有名なテーゼであり、
私の運命学研究のライフワークでもあります。

自分なりのこだわりを持って、独自の信念と想像力が
反映する運命学を追求するのが理想です。


なにとぞよろしくお願いします。 
                     
鞍馬バラタツ堂

テーマ:
西アフリカで猛威を奮うエボラ出血熱。
欧米にも感染者が飛び火。

日本も対岸の火事ではなくなり、エボラ感染を
疑われたニュースが大きく取り上げられた

日本にもエボラ出血熱が上陸、広がるか、
易で占ってみました

天地否之卦天火同人  上爻より坎艮艮坤兌坤 中筮法

天地否 →  

本卦の天地否は天地陰陽の二気が交わらないの象です。

剛乾が坤のエボラウイルスをブロックして防いでいる状態。

二気が交わり通じる地天泰とは真逆の意味となります。
 
之卦の天火同人は複数解釈できます。

まず病占では伝染病や熱病です。

そして同じ人の意味で感染者及び接触した人物。
内卦の離は網や包囲の象で検疫体制の強化。


以上を合わせて考えますと、
日本に上陸しても感染は拡大しないと思われます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
来月アメリカの中間選挙が行われます。

上院議会で過半数を死守したい民主党と議席を
増やしたい共和党が激しい攻防を続けています。

占ってみました

「アメリカ中間選挙で与党民主党が上院議員の
過半数を維持できるか?」

水地比之卦乾為天 上爻より坤坎坤坤坤坤 中筮法

水地比 →  乾為天


これは珍しい五爻変の興味深い卦です。

本卦の水地比は親しく交わる意味で、
一陽は民主党、五陰は支持者になります。

成卦主である五爻の爻卦は坎の苦悩です。

一陽五陰の水地比が五爻変じて、一気に空無の乾為天となります。

これは一陽の民主党から五陰の支持者が
離れることを示します。

民主党は上院で過半数を維持することはできないでしょう。

選挙後、オバマ大統領の政権運営は一段と苦しくなるでしょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



図書館で映画雑誌スクリーン9月号を手に取る。
表紙の俳優はジョニー・デップ。

よく見ると鼻先の下周辺だけが赤い。

人相術では鼻は金運、赤色は損失を表します。

病気怪我でないとすると大きな買い物でもして、
散財したのかもしれない。

眉上の福堂は異常がないので
一時的な出費ではないでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
以前紹介したおみくじのルーツ、
元三大師御籤の正式な引き方です。

おみくじを引けるのは専門職の僧侶だけ。
おみくじを引く者は体を洗い清める。

そして引く者は観音経を3回読み上げる。

そのあとさらに延々聖観音、千手観音、
十二観音の真言をそれぞれ333回唱え、

さらにさらになんと33回礼拝。

それでようやくおみくじを引くことが許されます。

凄いですね、体を壊しそうです。

元寇など天下国家の一大事に占ったようです。(了)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
公式の場から姿を消した北朝鮮の金正恩。
一部で健康不安説が広がっている。

金正恩の病状を易で占ってみた。

震為雷之卦離為火  上爻より坤巽震坤兌坎 中筮法



本卦、震為雷は脚の疾患。
初爻は足の指~足首で、爻卦は坎なので激烈な痛み。

彖辞に雷を恐れるようにビクビクするが、
いずれ治まり笑い声が起きるとある。

震の重卦なので急激な発作を何度も繰り返す。

之卦、離為火は炎症を起こし、赤く腫れる状態。

これらは痛風の症状とみられます。
悪化すると腎臓の働きが悪くなって尿毒症が起こります。

ただ今回はそこまで悪化はしていないようです。
慢性病だが食事制限で回復可能です。



また幽閉説や失脚説も浮上していますので、
金正恩は現在、権力を掌握してるか、占ってみました。

山雷頤上九 伏卦地雷復 略筮法


上九は頤卦の成卦主で頤養の最上位。

また頤は口の象意ですので、療養中ですが、
口はよく動き、命令は可能な状態。

このように考えますと金正恩は全権掌握していると判断できます。

伏卦の地雷復は復帰の意なのでいずれ姿を見せるでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード