BAR14Nの憂鬱なラテアート

エスプレッソやラテアート、コーヒーの話


テーマ:

10月1日、コーヒーの日、D&DEPARTMENT主催のイベント、d SCHOOL 「わかりやすいコーヒー」の第2部に参加した。第2部では、対談とネルドリップ。初めてネルドリップをすることになった。

今まで面倒そうですることがなかったものが、ネルドリップ。管理はどうするの?とか、ペーパーフィルターで表現できるものではないの?とか、きっとやらなかったことには、言い訳に近いものがあったと思う。

 

イベントの入場時に、くじを引いた。このくじによって、ネルドリップを教えてくれる講師が決まる。ぼくが引いたのは珈琲美美の森光さん。対談が終わり、ネルドリップ体験へ・・。

 

ネルドリップで何が大切なのかとか、全然わからないまま森光さんのドリップを見る。注目していそうで、ただボーっと見ていたんだと思う。森光さんによる実演は一度のみで、あとはイベント参加者がドリップしていって、森光さんからアドバイスをもらっていった。

最後までゆっくり淹れて行った方が良いのかとか、注ぎ方の質問があったと記憶しているけど、最初の「ドリップ」が肝心で、あとは、どうでも良さそうな感じで言っていた。最初で味が決まるから、と。言葉通り受け止めてしまうことはできないけど、でもそれは、ちょうど数日前に見たブリューワーズカップというコーヒーの大会で、選手たちが度々言及する、味の決め方に通じるものだと思う。

森光さんの淹れたコーヒーは、コーヒー豆の状態の時に見た光沢感からは、想像できない甘さがあった。苦味もあるんだろうけど、甘い印象を中心に、心地良さがあるコーヒー。

 

 

ぼくの淹れる番になった。左手にネルドリッパーを持ち、右手にはケトル。自然と手が震える。コーヒーの粉にお湯を注ぎ始める。落ちていくコーヒーがサーバーから外れないように、ドリッパーをサーバーに近づけて注いでいると、森光さんから

「体の重心をここに置いて」と下腹部を指された。

あまりにもコーヒーをこぼさないように、と思っていたから、自然とドリッパーの方にばかり意識がいってしまっていた。テーブルも低かったから、屁っ放り腰になっていた。あまりにも美しくない姿。

少し勇気を持って、腕の位置を上げる。下腹部で呼吸するようなイメージをする。これでもかっていうくらい両手が震える。それでも、森光さんがドリップしてたように、注ぎ口を限りなくコーヒーの粉に近づけて注ごうとした。

 

手元の技術だけでは得られない美味しさがある。森光さんや大坊さんが注いでいる時の美しさ、それって姿勢から来るものであり、その美しさがなければ、コーヒーも美味しいと感じないのかもしれない。

森光さんは、コーヒーを飲まなくても、見れば美味しいかどうかわかるって言っていた。対談の時も、美味しいコーヒーには、コーヒーのふちにゴールデンリングができると言っていた。

美しいと思えるもの。その情報は美味しさへと繋がるが、騙されてはいけない。何か本質的なものがあって、それが結果として美しさを生み出しているんだろう。

 

コーヒーの検証だったり、技術の習得、その他いろんな勉強があるけど、その前に、まずは姿勢を正し、体の重心を意識して、呼吸しよう。そして、そこから生み出されるものがあるんだろうと思う。

 

(↓ネルドリップを教えてもらった翌日、自宅で早速)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ササ・セスティックがワールド・バリスタ・チャンピオンになるまでのドキュメンタリー映画『THE COFFEE MAN』の上映が、10月26日、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。コーヒーをテーマにした映画として、抜群に面白い。ちなみに、この上映が、ジャパン・プレミア。

 

映画は、ササ・セスティックの生い立ちから、バリスタのチャンピオンになるまでを描いている。ハンドボール選手としての栄光と挫折、そこからコーヒー業界に入り、生産者との関わりを作ったり、バリスタとして頂点に登りつめたり。

映画のクライマックスのバリスタ・チャンピオンシップは、コーヒー関係者ならずとも、ハラハラし、興奮するものになっている。選手は、自分を追い詰める。追い詰めて、追い詰めて、そこから何かが見えてくるんだろうか。

 

ぼくは、ある一人の女性を思い出す。ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップの予選で、ぼくは、たまたま次の競技者としての待ち席の近くに観客として座っていた。狭い会場なので、通り道を挟んで、すぐ隣。彼女は、すっごくブツブツとプレゼンの内容を復唱していた。それは、何かに取り憑かれているかのようでもあり、たった10分(予選は10分の競技時間)に全てを捧げる意気込みを感じた。ぼくが彼女を特別なバリスタに思い、好きになったのは、それがきっかけ。今では彼女は世界的に有名なバリスタになっている。

 

ただの「才能」というのでは、トップに立つ者のことは説明できない。ササ・セスティックは、ハンドボール選手としての才能があったかもしれない、そしてバリスタとしての才能もあったのかもしれない。けど、才能だけじゃない、トップに立つために必要な、どんな業界であっても共通のものが、きっとあるんじゃないだろうか。コーヒーの美味しさに目覚め、突如として生産国に行き、突拍子もないことに、農園を買う。そのエネルギーって何なんだろう。そのヒントがこの映画にはある。

 

たった一人の力では、チャンピオンになれないっていうのが、映画を通して伝わってくる。世界大会で、6位から順に名前が発表される時、ササ以外の他の選手の名前が読み上げられるのに喜ぶのは、正直なところどうかなとも思うけど、でも、そういうものだよね。世界大会の舞台、シアトルに行った彼らは、一つのチームであり、家族みたいなもので、一心同体。彼らの、喜ぶ姿に、ぼくは感動した。例え大きな失敗をしてしまったとしても、また苦しい日々を続ければ、その失敗を補って余りある喜びがある。

 

 

井崎くん、そしてコーディネートしてくれたSoniaさん、関係者の方々、上映の機会を作ってくれて、ありがとうございます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブルーバックスから出ている旦部さんの『コーヒーの科学』を読んで、思ったことを・・。

目の前に美味しいコーヒーがあったとして、そのコーヒーについて、どれくらいのことをぼくは知ってるんだろうか。そして、コーヒーをひとくち飲んで、美味しいと思う時、それはなぜ美味しいのか、考えたことなんてあっただろうか。
情報を得ることは、今は簡単に出来てしまえる時代だ。知りたいことがあれば、聞くなり、インターネットで検索すれば良いだろう。けど、知りたいことを得るだけで留まってる気もする。

コーヒーを飲んで、おいしい、まずいだけではなく、こういう香りがする、こういう舌触りがする、とぼくは思うことがある。
滑らかだなー、とか、舌触りが丸いなとか。そう思うだけで、止まっている。ではなぜ、そう思うのだろうか。

旦部さんは、著書の114ページから115ページにかけて、こう書いている。
「『口当たり』は本来、口腔内の触覚が伝えるテクスチャーの一部であり、液体であるコーヒーへの関与が大きいとはあまり思えません。(中略)コーヒーの口当たりの多くは、こうした味覚の経時変化を、触覚として認識する、一種の共感覚なのかもしれません。」
「味物質がゆっくり消失して」いったりとか、「多種類の苦味がスムーズに流れていく感覚」とか、コーヒーの成分が口の中や舌に、どのような感覚をもたらし、何が起きているのかをぼくは考えたことがなかった。
TDS計でコーヒーの濃度を測った時、濃度はほぼ同じなのに、舌触りが全く異なるコーヒーになることがあり、以前から不思議に思っていた。抽出の違いによる抽出成分の違いが、舌触りの異なる印象を生み出していたのだと気付く時、それは、舌触りなどのコーヒーの質感は抽出によってコントロールできることを意味している。(とは言っても、例えば質の悪いコーヒーから心地良い質感が得られるとは思えない)
どのようなコーヒーの成分が質感に影響を与えているのか、把握することは難しいと思う。けど、こういう抽出をしたら、こんな舌触りになりやすいとか、ある程度の推測は可能だ。それはそのまま、そういう舌触りの感覚を与える成分が、より多く抽出されているという推測につながる。
そして、口の中の感覚が、なぜ起こっているか、自分なりに考えることで、一歩踏み出せそうな気がする。

コーヒーは不思議だ。
コーヒーの液体の中に溶けている成分は、たった1%ちょっと。その1%ちょっとが、色んな香りを感じさせてくれ、質感を作り出す。
そして、その成分が0.1%や0.2%違うだけで、濃ささえ全然違うように感じる。しかし、舌触りが違えば、濃さの感覚は実際の濃度と逆転することはあるだろう。

『コーヒーの科学』は、コーヒーノキというのがどういう植物なのかの説明から、コーヒーの歴史、そして焙煎や抽出のことなど、コーヒーについてのことが盛りだくさんの内容。コーヒーについて何らかの疑問を持っている人なら、解決の糸口が見つかるかもしれない。そして、ここが読めただけでも本を買って良かったと思うところがあるかもしれない。
そういう私も、いくつかの疑問がこの本によって解決したり、解決のヒントを得た。

ただの知識を得るだけの本ではない。思考停止に陥っていた部分があれば、枷を外し、思考させ始めることのできる本だ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「サードウェーブ」という言葉を最近よく聞く。
もともとは、セカンドウェーブ(スターバックスが代表格)の自動化、均一化に対しての動きを言おうとしていたと思う。そして、サードウェーブの舞台となっているのは、ノルウェー。Robert Thoresenや、Tim Wendelboeが主人公の世界だ。最高のエスプレッソを抽出するための職人、バリスタが主人公なのだ。

参考にした記事として:
https://timwendelboe.no/uploads/the-flamekeeper-2003.pdf

言葉はアメリカへと渡って行った。
小さい個人店のバリスタが世界バリスタチャンピオンになるストーリーをハリウッドがリメイクするかのごとく。
でも、ノルウェーでのストーリーは全く別のものになってしまった。
今の(もしくは数年前の)サードウェーブについては琥珀色のウタカタというブログが詳しい。

サードウェーブ・コーヒーの本質とは?
http://amberbubbles.com/2013/09/about_3rd_wave_coffee/

そして、数年前から言葉があることだけは知っていた「サードウェーブ」は、日本でも広まることとなった。
ただ、最近「サードウェーブ」と聞いても、ビジネス的な面でしか聞こえてこないし、「サードウェーブ」についての記事は相当ありそうな気はするけど、次第に良い記事なんてないような気がしてきて、結局のところあまり良い印象の言葉ではなくなってしまっている。
印象だけはあるけど、その中身って何なんだろうか。あまりにも、曖昧すぎてつかみどころがない。
具体的に、「サードウェーブ」の日本のコーヒーショップってどこなのか。ブルーボトルコーヒーだけなのだろうか。そもそも、アメリカでのことだって、スタンプタウンやインテリジェンシア、カウンターカルチャーを、誰がサードウェーブと呼んだのか。(これは、多分ソースを探そうと思えば探せる気がする)

一旦話は映画のほうへ。
ヌーヴェル・ヴァーグっていうのを聞いたことがある人はいると思う。
フランス映画界の50年代後半から60年代にかけての動き。カイエ・デュ・シネマの批評家たちが映画を作り始めて起きた、あの動き。
こういう動きって、コーヒーの世界にもあるんだろうか。
こことこことが手を組んで(仲間となって)、世界を変えようとしている動きが、あるんだろうか。

そういう目からすると、例えば、小さなロースターが集まって、ダイレクトトレードし、生産者に適切な対価を支払うこと。設備投資を行い、より良い品質のコーヒーを作れる環境にすることは、いい流れのように思える。日本でいえばコーヒーの味方塾(今のJapan Roasters' Network)かな。他にもあるだろうけど・・。そしてもちろん、大手も生産者のことを想い、より良くしようとして行ってるところはあるんだろうと思う。

さて、他の動きといえば、COF-FUKがある。
福岡のコーヒーピープル、焙煎人だったり、バリスタだったりが集まり、切磋琢磨しあっているようだ。2014年のSCAJ主催の選手権結果を見れば、その活躍がわかるだろう。
ジャパン・バリスタ・チャンピオンはREC COFFEEの岩瀬さん、
ジャパン・カップテイスターズ・チャンピオンは、珈琲蘭館の田原さん、
ジャパン・コーヒー・ロースティング・チャンピオンは、豆香洞コーヒーの江口さん。
福岡の町は、日本のどこよりもコーヒーの町と呼ぶに相応しいように思える。コーヒー屋巡りもなかなか楽しいものだ。
狭いエリアに、魅力的なお店がたくさんある!

東京にだって、何かをやろうとしていた仲間たちがいる。
TOKYO POP BARISTARS(現在は活動休止、、かな)だったり、
東日本大震災後、義援金を送ろうと、バリスタたちが集まって、コラボカフェのイベントを開催もした。あのバリスタたちのつながり、そして何かしようっていう熱い想いこそ、何かの動きの源泉に相応しいと思う。

でも、あまりにも見えない部分が多すぎる。新しい世代のコーヒーショップが紹介されても、それは「点」でしかなくて、それを「線」で感じられない。「点」でしかないものは、あくまでもイマココしか指し示さない。過去との違いなんて、わからない。
そもそも、今も昔も違ってるところなんてあるのかな。本当に波が来ているのか、全くわからない。でも言葉だけは先行してしまって、もう、どこへ向かっているのかわからなくなってきている。
目に見えないからこそ、見える部分、「浅煎り」っていうのにフォーカスされつつあるのかもしれないな。

すっごく個人的なことだけど、何か波が来そうっていうのは、体感したことはある。
それは、2010年8月14日。NOZY COFFEEが三宿にオープンした日だ。そして、この年、ぼくが今も好きなコーヒー屋さんはいくつか営業を始めている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんな喫茶店をやってみたいなという空想の話。やろうとも思っていない喫茶店の話。

晴れてる夜、いつも旧暦四日くらいに、細く光る月に気付く。そして、「あっ、美しいな」と思う。三日月は、だいたい見逃していて、細過ぎたり、夜外を眺めるような時間には既に沈みきってる。ぼくの場合の話だけど。
四日目の、あって思う瞬間の気持ちで、コーヒー飲んでもらえると嬉しいなと思って、喫茶店を始めたい。どこにでもあるようなコーヒーなんだけど、「あっ、おいしい」って思ってもらえるコーヒーをお出ししたい。
月の満ち欠けに合わせて、営業は月一回程度。商売としてはあり得ない営業日設定だから、とことんあり得ないと思われるようなことも挑戦していきたい。
きっと実家に帰って、土地買って、小さな小屋を作ってそこで喫茶店をやる。夜の始まりに月が見える方角に窓を作って、晴れた夜には月を見られるようにしたい。
きっとお客さんは世間と隔離されたかのようなところと思うだろう。雪の夜だったら、外の世界の音は、雪が吸収し、時々コーヒーを淹れる時の音が聞こえるくらい。あとは、お客さんの話し声くらいかな。
正月気分の時は、餅つきしても良いよね。店内ぼく一人でも餅つき。店に入った瞬間暖かい空気とともに、餅の良い香りが漂ってくる。
実際にお店出すとしたら、店名はもっとポップな印象にしちゃうだろうな。英語とか使っちゃって。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。