8789 FGI

テーマ:
8789 FGI 一部報道について (IR)

え~、もしかして・・・ハメられたんですか?
同情はしますが、やはり金融のプロなんですから、ちょっといかんのではと思います。

トラブルの程度もまだ不透明なので、個人的にはポジを外すことにしました。
大引けで2割ほど捌けただけですが、小ぶりのポジションなのであとは適宜調整。
ほか、今日は日立建機とコマツのロングショートを決済。

3月最終日で大きく持っていかれましたが、なんとかプラスで締めました。
市場も不透明感が増してきましたが、来月もがんばります。
AD

2372 アイロムHD

テーマ:

日経平均 13925.51円 -105.79

上値の重い展開が続く。


アイロムHDは不可解な動き。一時的に跳ねた。


2月相場、お疲れ様でした。

1月はFXに助けられましたが、今月は株がフォロー。


為替のほうはかなり荒れており、ユーロドルの1.5000越え、ポンスイの2.1000台など、

それぞれ最高値、最安値圏に突入しています。


3月はここをチャンスに変えられればと思って、がんばります。

AD

フィンテックグローバル

テーマ:

IT・医療ベンチャー、政投銀が新ファンド (NIKKEI NET)

『日本政策投資銀行は証券化商品を組成・仲介するフィンテックグローバルなどと、国内外の情報通信や医薬関連のベンチャー企業に投資するファンドを設立した。当初は5500万ドル(約60億円)の規模で始め、将来は1億ドルまで拡大する。ファンドには当初、政投銀が1200万ドル、フィンテックが2000万ドル、ベルギー最大の未公開株投資会社GIMVが1500万ドルを出す。このほかに世界最大の総合化学メーカーである独BASFなども出資している。』(一部抜粋)

額面的なインパクトはありませんが、質的に評価できる内容です。
流動化関連に偏っていた事業内容からの脱却が進んでいると受け取りたい。


さて、金曜日はボロ株シフトそのままに、日立建機、コマツをロングで持ち越しました。

FXはドルスイスをロングで入っていたところに米指標に翻弄され急落、ストップロス直後にクリック証券(旧GMOインターネット証券)のサーバーが落ちるという事態。復旧してから押してきたユーロドルにロングで入ってみたが、材料出尽くしのような動きでこれも切らされる。中期的なカレントが変化した可能性もあるので、この段階でポンドスイスのロングを組んで放置。

そういえば先ほどTV番組で、日本の価値の下落の責任を誰に押し付けるかという番組(注:主観的解釈)をやっていましたが、いずれ世界の歯車がそう動いているのでこれに逆行しては大変なエネルギーロスになる。ただテレビ討論会で株価の下落が前面的なテーマになってくるというのは、そろそろ買いでも取れる時期にきたということだろうか、妄想注意報・・・・・出かかってます。

1月総括

テーマ:

なんというか、アップダウンの激しい年初スタートでした。


月前半は、日立建機と東邦チタニウムのロング持ち越しで大きなロスカットを余儀なくされたものの、その後のリバウンド相場と月後半から開始したFXの好調さに支えられ、結果的には大きく勝ち越すことができました。改めて逆指値の有効性を確認した月でもありましたが、トレンドフォローの習性が強い為替相場では、株以上にストップロスが効果的であると実感。株の信用取引と違い余力が尽きるということが無いのもストップロスの積極的な利用を後押ししています。

3350 ダイキサウンド

テーマ:
先日ダイキサウンドの第1四半期の決算が発表されました。
平成20年8月期 第1四半期財務・業績の概況 

この通期予想については、株主として期待はしておりませんが、
我が家の錚々たるボロ株シフトの一名柄として重宝しています。

今日はアトリウムを決済。日立建機に移る。東邦チタニウムは下げがきついので回転。
FXは現在ユーロ円、ドル円、ポンドスイスを主体に売買。
こちらはロング、ショートかまわず、乗せながら入りトレーディングストップで抜いています。
ちょっと動きが激しいですが、なんとか株式の損失を吸収。

7013 IHI 資料

テーマ:

IHI社長「未曽有の危機」・9月中間、営業赤字544億円

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071214AT3L1405114122007.html


7013 IHI 平成20年3月期  中間決算短信

https://www.release.tdnet.info/inbs/3c0e0760_20071214.pdf


7013 IHI 中間決算説明資料

https://www.release.tdnet.info/inbs/4c0e0670_20071214.pdf


7013 IHI 業績予想の修正に関するお知らせ

https://www.release.tdnet.info/inbs/2c0e05d0_20071214.pdf


7013 IHI 当社株式の監理ポスト指定について(12/11)

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/home/oracle/00/2007/1c0b095/1c0b0950.pdf


名門中の名門ですが。

6729 オンキヨー 資料

テーマ:

オンキョー<6729.Q>、株式交換でテクノエイトを完全子会社化 (ロイター)


株式交換によるテクノエイト株式会社の完全子会社化に関するお知らせ


平成19年3月期 /PDF約220KB(貸借対照表)

平成18年3月期 /PDF約80KB(貸借対照表および損益計算書)

平成17年3月期 /PDF約40KB(貸借対照表および損益計算書)

平成16年3月期 /PDF約30KB(貸借対照表および損益計算書)


他、参考資料

http://kigyoka.com/kigyoka/public/article/article.jsp?id=1891

http://ameblo.jp/kcr-inc/day-20051213.html


------------------------------------------------------------


たまたま今日、ボロ株候補から選出して買ってみたんですが、いきなりでした。

今日のIRだけみると無難な吸収だと思いますが、H19年からは単体の数字しか分かりません。

H18年からH19年にかけて単体の純資産が一気に目減りしているのも気になる。

今回の子会社化に備えて単体をスリム化したのではなかろうかと、ちょっと勘ぐりたくもなります。

判断は、今後出てくるであろう連結を含めた数値待ちということに。



アサヒプリテック (5855)

テーマ:

チャート的にも上放れしそうな鬼気迫る位置。

先ほど決算資料を読み返していましたが、隙の無い良い会社ですよね。

なんで売ってんだろう・・・orz


明日踏み上げられそうなら枚数を落としますが、あくまでヘッジとして入れているので、

ポジション全体として帳尻が合えば、まあ良いかと思っております。


隙があるとすれば、どうしても商品市況に振り回されざるを得ない事業内容であることで、

それに関しては、現在長期金利が上昇してきていることなどが将来的にマイナス点。

あとは、四季報で想定が金2,600円/gとなっていますが、前提ではないですよね?

いずれにせよ、海外や商品の市況次第で、GU、GDが激しくなりそうな銘柄ではあります。 

そんな訳で、最近は建機のカウンターとしてポジションを組んでいます。

ショート対象というより、うちではコア銘柄に対するカウンターとしての位置づけです。


3832T&Cホールディングスは、日本市場がメンタル面、モメンタル面で改善されれば

物色対象になっていくと思い、ここ最近しばしばお手つきして切らされてきました。

ここにきてようやく引っ掛かりましたが、この勢い持続するものやらどうやら・・・。

時価総額30億に満たない小型株なので、人気化すれば仕手化だ、どや~!

という程度のノリなので、これこそほどほどにしておきます。

※一時会計監査人とは、会計監査人が欠けた場合等において遅滞なく会計監査人が選任されないときに監査役等によって選任される一時会計監査人の職務を行うべき者をいう(会社法346条4項)。



会計監査人の異動に関するお知らせ

あずさ監査法人、平成19年6月26日をもって、任期満了により退任。

「当社の監査業務に支障が生じることのないよう、今後遅滞なく最適な一時会計監査人を選任したいと考えております。」


遅滞なく会計監査人が選任されない時に選任される一時会計監査人を、遅滞なく選任したいと考えている・・・任期満了となっていますが、実際はあずさが降りたと考えたほうが良いのでしょうか。



余談ですが、子供たちと「カメハメ波コンテスト」を見ていました。

http://www.youtube.com/watch?v=5wJzGnUEQlA

毎年開かれているそうで、実際に波は出ませんが、精神的衝撃波はある。

息子曰く、「・・・・・これ、お父ちゃんのお仕事? お父ちゃんどこにいるの?」


orz