デイトレード中

テーマ:

今日は代休でのんびりデイトレをやっています。


先週から持ち越していたダヴィンチは、昨日に907,000で売却済。

昨日買い増しを実施したFVCは、本日204、202で念のため外す。


一方でGDHを510,000で購入。

IBEを、買340,000→売342,000→買347,000でトレード中。


(前引け)

4314ダヴィンチ 857,000 -31,000 -3.49%

3755GDH    510,000 -22,000 -4.13%

2347IBE     355,000 +5,000 +1.42%

8462FVC    201,000 -12,000 -5.63%

--------------------------------------------------------------------

後場開始、妙な雰囲気なので一旦全て撤退しました。

--------------------------------------------------------------------

5727東邦チタニウム 買8020→売8230

--------------------------------------------------------------------

東邦チタニウム、ダヴィンチ、フージャーなど売買し、引け際に全て手仕舞いして、CP100で終了。

勝ったり負けたりであまり成果は上がらず、疲労感だけ残って反省しきりです。

AD

先週、先々週と非常にボラの激しい相場が続きました。今週は上の方のボラタリティーの大きな相場に期待しています。


今回の暴落で少し気分転換をしたくなりまして、中国株へ進出することにしました(はっきり言って、jetさんに触発されてます)。日本株ではついつい短期売買に終始してしまう私bar_は、これを機に中長期型投資をやってみようと思います。名づけて、「javelin'sファンド」。オリンピック特需銘柄を主体とし、北京オリンピックまで運用します。


javelin'sファンド(オリンピック型中国株ファンド)

運用元本:毎月日本株トレードの利益から10万円を捻出し、とりあえず年内120万の元本を目指します。

運用期間:北京オリンピックまで


(1.27現在)

元本:100,000円

口座残高:98,613円

00752 筆克遠東 (ピコ・ファー・イースト)  株数2000 終値2.300香港ドル

AD

利食い千人力

テーマ:

 今日は上値を抑えられた難しい展開となりました。以前に暴落後の波動の中で、損失を取り返そうと高値を追い、逆に損失を重ねたことがありました。その時の反省を踏まえ、ここは「利食い千人力」で対処しようと思います。

 また今日強かった銘柄(セクター)には外資の買いが入っている模様であり(「投資家の作業日誌 」参照)、再び上昇トレンドへと移行する時に備えて注目しておこうと思います。年末から暴落直前までの何でもいいから上げていくような相場は今後影を潜めると思われ、次の上昇トレンドに乗るためには銘柄の選定が一層重要になりそうです。


フュージョンパートナー(4845) 売54,320(分)×10

アセット・マネジャーズ(2337)  売785,000

フージャース(8907) 買551,000×2 → 売543,000×2


フージャースはホールドでも良かったのですが、念のため売却しました。

AD

需給は信用から心揺へ

テーマ:

 堀江社長逮捕との報道があり、今日の株式市場もそれを受けて大きく反発しました。先週の暴落開始からここまで、監視銘柄中心に証金速報の推移と売られ方から、信用買残の処理の進み具合と含み損の程度を推測していたのですが、今回は重点的に観察していたフィンテックとフュージョンの反発に注視しました。


 特にフュージョンは高値から4割ほどの直滑降をみせ、今日は51,000で寄ってからも売りの勢いが止まらずに一度は47,000のストップ安。しかしその後徐々に反転して結局前日比+2.69%の53,400で引けました。フュージョンは15,000をゆうに超える信用買残が積み上がっていましたが、暴落中も出来高が伴わず、初日の17日以外は今日まで全て1度はストップ安をつけるという離れ業で転落してきました。17日から昨日までの出来高を全て足しても信用買残に届かなかったので4万割れもありうると考えていましたが、今日は前場に5,000を超える出来高をこなして見事高値で引けました。


 今回の暴落は追証に次ぐ追証の悪循環で落とされてきましたが、この循環は今日の寄りで一旦小康状態に入り、ここからは投資家心理がしばらく需給のメインになるものと個人的には考えています。上値を追いたいが、この度の暴落を経験した後で追い切れない、そんな煮え切らない上値の重い展開を予想しています。そんな揉み合いの中で相場のベクトルを決めるのは、やはり外資の動向ということになるのでしょうか。より厳しい銘柄の選別が求められそうです。


 今日は高値を追うのを止め、前日の終値に戻したところでフュージョンを購入。そして昨日のストップ安からさほど戻すことができずにいたアッセトMを買いました。2337はあまり信用の整理が進んでいない様子が気になります。


フュージョンパートナー(4845) 買52,000×10

アセット・マネジャーズ(2337)  買725,000

事の顛中

テーマ:

みなさん、髪の毛残ってますか?

わたしはなんとかつなぎ売り・・・いや、つなぎ止めました。

今回の暴落は、私の短い投資経験の中では最大級の圧力でした。

本当にトンネルの中で岩盤が崩れたような、そんな感じです。


 前の週からPFとしては、新華FLとビーアイジーグループの株を所有していました。ほぼ全力投球で、新華は投資資金の半分以上に達していました。月曜日は新華がストップ高、ビーアイジーも大幅続伸と、チャート的にもこれからだと感じさせる状況でしたが、そこへあのライブドアの事件が起こりました。


 翌日、昼食をとりに家へ戻り、株価を確認したときには2銘柄とも昨日の終値からまださほど変わらぬ高値を維持していました。一方、最近上昇が著しかった優良値嵩株が真っ先に崩れているのをみて、追証で利が乗っているものから外し始めているのだなと思いました。そしてこの時、先に崩れたものから信用の整理が進むだろうと考えて、所有2銘柄は利益確定させ、下げの激しかったフィンテックとGDHを拾いにいきました。引けてフィンテックは買値よりプラス、GDHはマイナスで、この日はほぼ損失ゼロで通過しました。


 フィンテックとGDHを真っ先に買いにいったのには、先に信用の整理が進むと思ったことと、フィンテックは100万台からの急落、GDHは60万台からの急落だったので、ストップ安が続く相場になっても値幅制限がすぐにかかり、下落のスピードが落ちて若干のリスクヘッジになるかもと考えたのが理由でした。もちろんこのときは、その日で信用買残の整理が進んで再び反転すれば、20万下げからの倍返しなどと妄想をしていたのも事実です。


 その翌日、自分の考えがかなり甘かったことに気が付きました。フィンテックはストップ安へ、GDHもストップ安は免れたもののかなり叩かれました。実はこの時、GDHを46万で一度売却したものの、46万で再び買い戻しました。GDHは融資残の整理が比較的進んでいたことも、買い戻す気になった原因で、これは反発が来たときに売却しようと決めました。


 木曜日、寄りから一気に反発してストップ高銘柄が続出しました。フィンテックもこのとき売っておけば良かったのですが、欲が出てしまいました。GDHはストップ高に張り付いたので、明日も何とかなるだろうと、これも又持ち越しました。そして金曜日、第二波に巻き込まれる形となります。


 私はいつもの習慣で、指しておいて仕事にいくということはしませんでした。場を見ながらではないと自分が納得した売買ができないと思い、いままでは常にパソコンに向かっているときだけトレードしていたのですが、この時ばかりは後悔しました。GDHは昨日終値を割っていなかったので、これは予定通り撤退できましたが、フィンテックはストップ安確実な気配が漂っていました。結局これはもう一波キープしてしのごうと腹を括ってしまったのでした。


 本当は、「引くも勇気、休むも相場」でした。結局その日はかろうじてストップ安を免れ、マネックスナイターでも買い注文が出ていたので、ここで完全に撤退しました。痛い損切りとなりましたが、年末稼いだ利益は丸々残り、今年に入ってからもなんとかプラス収支を維持できました。


 来週も波乱の幕開けとなりそうですが、今回の暴落で助言をくださった方々には、感謝の言葉もみつかりません。本当にありがとうございました。今後の波乱も乗り越えて、確実に利益を積み重ねていけるようなトレーダーをめざして頑張っていこうと思います。これからもよろしくお願い致します。

明日の風は

テーマ:

 今年に入ってからの新華FLについて、先週発表された買収完了の開示と値動きについて書こうと思っていましたが、今日の新興の上げ方を見ていると、個別で解析しているのがばかばかしくなってしまいそうな、今の相場の動きです。


 ということで、新華FLについては相場の流れとはまた別のところに、今の上昇の原因がありそうです。ビーアイジーについては、出遅れている小型株で値幅が取りやすそうなところに資金が流れて来たという感があります。しかし、今年上場が予想される企業として、ビーアイジーが1億ほど出資しているオキシジェニクスも挙げられている点は、そろそろ留意しておいても良いかと思います。


 ライブドアの事件がありますが、こんなことで今の相場が崩れてしまうようでは情けないことです。明日は押し目が来ても、一過性の買い場に過ぎなかったという腰の強い相場を期待しています。

ポートフォリオ組替

テーマ:

今日は全般に方向感の乏しい動きでした。

特に過熱感の無かったベリトランスとテイツーも本日は休憩。そろそろ穏やかな調整もありそうなので、共に一旦利益確定。日本通信は迷いましたが、本番はまだこれからだろうとホールド継続。そして、7万円台をうろうろしていた、新華FL、ビーアイジー、メッツをそれぞれ購入しました。いずれも最近の相場の流れに乗り切れていませんが、穏やかなうねりを作っている新華、アセットがらみのビーアイジー、業績好調メッツということで、仮にこれから相場全体が調整に入るとしても、3銘柄間で鞘を抜いていこうと企んでいます。現在CPは約1/3です。


本日の取引

ベリトランス(3749) 売却406,000

テイツー(7610)   売却18,550 18,511(分割して約定)

新華FL(9399)    買付73,000 73,100

メッツ(4744)      買付74,000 74,400

ビーアイジー(9439) 買付75,300 75,700

日本通信

テーマ:

昨晩ナイターで、9424日本通信が売りに出ているところを若干数購入しました。情報通信株が好調であったことに加え、9424も資金の回転を効かせながら良いチャートを作っています。今日は出来高がだいぶ増加したのが気になりましたが、融資残の返済もだいぶ進みました。


テイツーも月次売上の結果に関係なく、株価水準是正の動きに入っている模様であり、ベリトランスと共に続伸しました。

ひたすらリスク管理

テーマ:

日経がかなり下げましたね。


今日は仕事が休みだったので、値動きの微妙な銘柄は整理しました。好調テイツーとベリトランスに一旦資金を集め、随時売却。結果、CPは35%ほどになりました。

GDHにも乗りたかったのですが、PFの整理が間に合わず、結局FVCとGDHの快進撃は黙認(?)せざるをえませんでした。


本日の取引

新華FL(9399) 売却73,300

メッツ(4744)  売却73,100

フュージョン   買付74,000 → 売却74,400、74,000

ベリトランス   買付386,000 → 売却393,000

テイツー     ほぼ同値で買売


現在のPFはベリトランスとテイツー。

今日は守りに入り疲れましたが、上記2銘柄が好調を維持してPF続伸。

明日はどうなるのでしょう。

来週へ向けて

テーマ:

年末はキャッシュポジションは60%ほどにして年を越しました。年越し銘柄は、ベリトランス、新華FL、テイツーの3銘柄でした。ベリトランスはここ1年間の株価推移からは明らかに異なる動きで上昇してきていますが、なにしろ年末は驚異的な相場でしたから、どの銘柄も「いつもと違う」とだれもが感じていたことだと思います。しかし新華FLとテイツーに関してはそれほど違いを感じさせるような動きはありませんでした。


大きな上昇もない新華FLとテイツーは、リスクヘッジも兼ねてキャッシュのつもりでホールドしていますが、年明けの個別銘柄の循環物色に乗れればと考えています。今週の市場は2.5日開催で3連休前だったことから大きな動きはありませんでしたが、年末から引き続き市場を取り巻くCPは高そうなので、需給良しと踏んで今週は買いに徹しました。テイツーに重点を置いて仕込んでいます。


テイツーは業績好調にも関わらず株価にはあまり反映されず、また2月配当銘柄でもあるので、年末からの仕込みはリスク管理にもなり、なかなか良い入り方だったのではと思っています。まだどうなるかわかりませんが、今週は思っていたよりも早く動きをみせてきました。


私としてはずいぶん我慢強くホールドしているベリトランスは、やっぱり今までとは上げ方の質が違うので売るタイミングを計りかねている状態です。木・金と上げてきたら一旦手放すつもりでしたが、良い感じで調整をいれてきました。ベリトラぐらいは長期で放置してみても面白いかもと思っているところです。


1月はスイングの間隔を長めにして、ちょっと強気で値幅を取っていこうと思います。