目下の作戦

テーマ:

昨年の五月だったか、新興総ストップ安ともいいたい暴落が有り、翌日逆にストップ高に入って、「なんだ、やれやれ」と思ったところから、再び叩き落されるという悲惨な相場がありました。


その時と今は諸々の状況が異なりますから、明日からまた下げると予想しているわけではありません。でも、そういうことが有ると大変危険だと思いつつ、CPに余裕を持たせて突っ込んできた銘柄を拾い、万が一更に暴落したときにはもう一度ナンピンをかけるぐらいの気持ちで、今日フェイスとCHINTAIを拾いました。資金量が乏しいので何度もナンピンできませんが、今回は一発狙いをやめて丁寧に拾っていこうと思っています。


フェイスは先日好悪入り混じったIRがありましたが、ここまで売られるようなIRではないだろうとの購入動機です。売りが一巡したら25万前後のラインまで復帰すると考えていますが、負の連鎖で20万割れがあれば次はそこを狙っていきます。


CHINTAIはうまくすればダブルボトムを形成するかもしれないとの思惑でエントリーしてみました。これはチャンスが有れば継続して買い増し、権利を取りたいと思います。


AD

(昨日と)今日の行動

テーマ:

 今晩は近場でサクッと飲んできて帰ってきました。が、まさかこんなに遅くなっているとは思わなかったのす。お申さげねがす。


 まず、昨日は配当取りに一株だけ残していたゲオを293,000で損切り。テイツーも17,000で損切り。昨日仕込んでいた新華FLを76,000で利益確定し、オールキャッシュにしました。


 今日もがんばんべ!

AD

女房の車

テーマ:

 私の家内はもともと車にあまり関心が無い女性でしたが、車好きの私と長く一緒に居たせいで、車にこだわる女性へと変わってしまいました。


 彼女は大学卒業後、間もなくトヨタのセダンを手に入れて乗っていましたが、車好きだったわけではないが生来綺麗好き(片付け魔)ということもあり、不満なところはどんどん改善していきました。改造していたわけではなく、ちょっとした故障や傷みを放置しておけずに修繕していくわけです。その迷いの無い修理費の払いっぷりは、私にちょっとした感動を与えたのは言うまでもありません。こうやって、彼女は自分が納得できる環境を整えていっているのだと感じたのです。


 しかし、彼女のフォローの甲斐なく、トヨタらしくからぬその車は次々と故障していきました。おそらく、中古で手に入れた時点で既に事故車だったのではないかと思いますが、ついに直しても直しても直らないその車を手放すときがきました。


 今では車の雑誌なども一切読まなくなってしまった私ですが、その当時は車に対してかなりの熱意がありました。その時の私はラテン車にはまっており、延々と私からラテン車の魅力を聴かされ続けた彼女はついに洗脳され、フランス車のディーラーまで新車を見に行ったりもしました。その時はエグザンティアというシトロエンの車を成約直前までいったのですが(私はほぼ決まりだと思っていましたが)、堅実な彼女は、車格にまだ自分が合わないし、子供が小さいうちは車が痛みやすいから中古のほうが良いと言ってあきらめたのでした。


 結局使い込まれた5年落ちのプジョーを買いました。この車は私たち夫婦に走る喜びを教えてくれましたが、年数と距離を経るにつれ故障が多くなり、車検や修理代で何十万も見積もられるようになりました。我が家は自分の車は自分でメンテナンス代を出すことになっているので、見るに見かねた私はつい、「お前もそろそろ新車にしたほうがいいんじゃないか」と、幾分哀れみを込めて言ってしまったのでした。


 こうして人生の同時期に新車を2台買うことになり、このせいで我が家の財政が急激にひっ迫したのは言うまでもありません(笑)。

BATABATA

テーマ:

今日は一日ばたばたしたトレードをやってしまいました。フュージョンとメディネットからの撤退は、タイミング的にもチャート的にも良しなのですが、JCOMを高値で追いかけたのは失敗でした。新華FLはほぼ損得無しで売り買い終了。


結局、無理にエントリーすることもないと思い、先日19,330~18,200で利益確定が終了したテイツーを、17,550付近で買戻し、権利落ち間近のゲオを買い足して今週は終了しました。


最近は低位株の反発狙いばかりやっていましたが、メッツといいフュージョンといい利確のタイミングを外すことが目立ちました。反省材料です。

本日の投資

テーマ:

 せっかくメディネットをホールドしているので、今まで漠然としか理解していなかった免疫細胞療法について調べていました。もう少しコントロールが容易になれば、将来的にはぜひ動物医療のほうへも進出していただきたいものです。犬猫も最近は高齢化が進み、それに伴い腫瘍により獣医にかかるケースが増えてきています。技術面、コスト面がクリアーされれば、免疫細胞療法という選択肢の増加は歓迎されるでしょう。


 さて、今日は先日一晩で撤退したフュージョンパートナーを56,000で買い戻しました。大引け、ストップ高に張り付かなかったのは残念でした。これについては短期で締めようと考えています。また、手数料が定額なので、メディネットも買い増しました。

次の車

テーマ:

前回の続き>次の車はエアコンが付いていて、ボディーに穴さえ開かなければ何でもいいと思った・・・


次の車は、ゴルフⅡでした。購入時ですでに10年10万キロほど経た車でしたが、この車にはエアコンがついていて、アイドリングは安定しなかったがボディーは安定していました。


金額はうろ覚えですが、値切って込みで38万だったと思います。値切ったときに相手が、「いや、うちもこんな車でお金を取ろうとは思わないから」と気前良く負けてくれたのが、素直に嬉しかったです。


買ったときから野太い排気サウンドが気に入っていました。「おっ、ノーマルなのにずいぶん良い音がでるね」と、仕事先のおじさんから言われて喜んでいましたが、何年か経ってマフラーに穴が開いていることに気が付きました。


外車の部品はおおざっぱに国産車の3倍ほどします。修理や車検に出すたびに、気の毒がられて整備代を負けてもらえたのが良い思い出です。マフラーを交換するときも、どうせ高いのなら社外品にするかと思い、ゴルフでは有名なオーストラリアのメーカーのマフラーを輸入して取り付けましたが、以前よりうるさくなりました。


結局この車には、学生時代金欠で最初の車にお金を掛けられなかった反動が出たわけです。投下した費用と乗っていた年月を計算すると、新車を買ってローンを払っているのと同じことに気が付きました。


そんな折、家内から、「そろそろ新車を買ったら?」と幾分哀れみを込めて言われたのでした。ちなみにこの頃の経験は、家内の車選びに後々大きな影響を与えることになります。

うい

テーマ:

ビール飲んでます。


今日はテイツーを残り全て利益確定させ、短期で入ったフェイスとフージョンも整理し、なぜかメディネットを買っちゃったりして終了しました。


メディネット、全く良いところがありません。第3四半期の決算発表会の模様をネットでみても、代表の発言は苦しそうでした。しかし時価総額もまだ200億以上あるし、業績に比して決して安くなったとは言えない株価・・・あれ、なぜ買ったんだ、俺・・・。


いや、一応訳はあったんですが・・・まず、相場は不安の中で育つということで。

本日の売買

テーマ:

 テイツーは利確売りに押し戻される格好となり、19,160で全株指して約半分が約定しました。やはり欲張らずにこまめに利確することの重要性を改めて痛感させられました。四季報もぱっとするものではありませんでしたが、まだ初動とも受け取れますし、とりあえず信用の動きがどうなっているかに注目してみようと思います。


 ゲオとフェイスは著変なし、底這いに入っているフュージョンパートナー(4845)を打診買いしてみました。