元・銀座Bar ZEPマスターの備忘録

銀座の裏路地でRockin' Bar・Bar ZEPを営んでた元・マスターの備忘録


テーマ:
Rainy Mondayで憂鬱な気分で買い出しを済ませ、
あと30秒で店に着くというとこで、ん!?
なんか見た事がある人が・・・
山川健一さん!?(@_@)
思わず「山川さん?」と声をお掛けしたところ、
一瞬キョトンとされて。
そりゃそーです。
以前に一度、お会いした事があるだけなんですから^^;
「ZEPです」と名乗ると、「あぁ!」と。
良かったです、「誰?」って言われないで(笑)。
傍らの路上パーキングには、少し前の型(?)の、
シルバーのJaguarが。
これがまた、山川さんに良く似合ってて。
「店、どこ?」と仰るので、場所の御案内をし、
名刺交換して頂き、別れました。
だいぶ前にも記しましたが、ワタシは作家・山川健一氏を、
敬愛しております。
その著作群に、自分の人格形成をする上で、
相当な影響を受けました。
BEATLESに比べ、とっつきにくかった、
The Rolling Stonesをじっくり聴くきっかけを与えてくれ、
Stonesの扉を開けてくれたのも、山川さんの本でした。
昨日の自分、きっとハート・マークの目になってたかと^^;
お忙しいところ、足を止めて頂き、
ありがとうございました@山川健一様。

そんな訳で、今日の一枚は、山川健一氏が組んでたBand、
THE RUDIE【NEED MORE KICKS】を。

山川CD

御存知の方、いらっしゃるかなぁ・・・??
Stonesへの愛が詰まったAlbumです。
1曲目のイントロから、思いっきりStones Sound!
山川氏のVocalはMickにメチャ近いスタイルだし、
筌尾正氏のGuitarは、あたかもKeith自身が弾いてるかのよう。
もう、StonesをRespectしまくり!
M-4の"MOTORCYCLE BLUES"では、
「Kawasakiのナナハン」なんてフレーズがサビで使われてて、
自分にはタマリマセン♪
ただ、残念ながら現在は廃盤となってまして・・・
ある種レア物!?
試聴なさりたい方は、他にお客様がいらっしゃらない、
貸し切り状態の時にでも^^;
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最近お馴染み(!?)の、私信からm(__)m
Y様
昨夜はお疲れ様でした♪
まずはココ
←がThe MackShowのHPですにゃー
それと、7月の代官山でのLIVEチケ、ぴあを見る限り、
まだ購入可能のようです(jさん、見てますか??)。
コチラ←にて、Pコード=201-081にてチェックして下さい。
しかしLenny#さんtoramiさん
とYさんがお知り合いだなんて、
ビックリ(@_@)
ホント、狭い世界ですねぇ・・・
以上、The MackShow推奨委員会ZEPからの私信、終了^^;

早閉いしようかな?なんて思ってた土曜でしたが、
何故か盛況でした!
(S井様、御来店ありがとうございました)
「大人のロック!」第3号の宣伝も、バッチリしときました^^v

大人のロック! 2005年 夏号【Vol.3】/日経キャラクターズ!


閉店時間(土曜=23:30)前に見事に"波"退け、
一週間の営業も無事終了。
何処にも寄り道せず、真っ直ぐ帰宅しましたf^^;
そんな訳で二日酔いでも朝帰りでもナイ、
気持ち良い日曜を迎える事が出来ました(苦笑)。
とは言え、少々疲れ気味ではありましたが・・・
けれど、午後からは隣町のサ店まで軽く流しに行き、
窓から愛機を眺めつつ、珈琲TIMEコーヒー

TP窓よりZEP

まったりゆったりした時間を過ごしてから一旦帰宅し、
夜勤明けの眠りから覚めた妻と共に、
CAROL & Rock'n Roll Tribute Band『LEGEND』のLIVEを観に☆

5/29・LEGEND

メチャ盛り上がり、大満足♪
心地良い疲労感と共に帰路に。
充実した、良い日曜でした^^b

さて今日の一枚は、 Piano instrumental Albumの、
George Winstonの【AUTUMN】を。
また意外だと?
時には、こんなアコースティックな雰囲気の音楽も、聴きますよ^^;

このPianistを知ったきっかけは、
1983年にM-3="Longing/Love"が、
山崎努氏出演の《TOYOTA CRESTA》のCMで流れて、です。
同じ経験をした方も多いのでは??
秋をテーマにした作品ですが、自分は何故か、
今頃の、春先~梅雨前の季節に聴くのが好きなのです。

Autumn/George Winston


週頭から雨で憂鬱ですが、今週も一週間、頑張りませぅ☆彡
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
巷でも話題の、オヤジのロック・ムック(笑)、日経BP社刊「大人のロック!」誌、6月1日に第3号が発売されます。
今号は、「Queen」「Led Zeppelin」と、お馴染み「BEATLES」の特集で、BEATLESは【White Album】を取り上げてるそーです☆
創刊号でBar ZEPを大きく取り上げて頂いた「ロック酒場特集」も、Part3があります。
皆様、是非書店で手に取って頂き、出来れば、そのままレジへとお願いいたします^^;
今回Bar ZEPは関わっておりませんが、勿論ワタシも購入いたします。

銀座駅構内での映画の広告の写真です。
なんか、コピーが気に入ったので。
クローサー
「カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる」・・・
う~む・・・意味深、ですねぇ・・・。

さて今日の一枚は、THE KNACK【GET THE KNACK】を。
'79年に"My Sharona"が大ヒット☆
"My Sharona"は、今現在聴いても、格好良いです。
当時「第2のBEATLES」として大々的に売り出され、自分もそう認識してたのですが、改めて聴き直してみると・・・
ン!?
確かにそのファッション・スタイルやバンド・ロゴ等はBEATLESを彷佛させますが、
"My Sharona"にしてからそうですが、他の曲も、やたらエロエロな歌詞が多く、
ヘロイン中毒を題材にした曲まであり、Soundも唄い方もPunkっぽい!?
どちらかというと、(反論もあるでしょーが)初期のThe JAMや、CHEAP TRICK等を思い起こしました。
しっかし、偉大なる伝説の一発屋=あの人は今?と思いきや、
なんと!今年のFuji Rockに出演!?
ほほぉ・・・
意外に、イマドキの若者に受ける音かも!?
アーティスト: ザ・ナック
タイトル: ゲット・ザ・ナック

今夜も営業ですが、御来店無ければ、23時頃には閉店かな!?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは今日も私信から。

S&I様
ご注文の"ブツ"、ご用意出来ましたので、
お暇な時にお寄り下さいませm(__)m

A姐&K姐
昨夜はご来店頂きましてありがとうございました。
The MackShow Time、楽しかったです♪

閑話休題
昨夜も、「マスターは良いよなぁ。ず~っとBEATLES聴いてられて、
酒に囲まれて、過ごせるのだから」と。
ふ~む・・・
確かに店でBEATLESを聴きながら過ごせるのは、楽しいです。
けれど、逆に、家ではまず聴かなくなりましたねぇ。
「BEATLES=仕事」になってしまいましたから。
酒も、自分の嗜好に合ったものを置いたりもします。
しかし、ソレ等は当然ながら"商品"ですので、好き勝手に飲める訳ではありません。
ワタシがBEER等を飲んでる場面があるのは、お客様からご馳走して頂いたから、です。
店それぞれでしょうが、自分は嫌なんですよ。マスターも(勝手に注いで)酒飲みつつ&煙草吸いながら、みたいな営業スタイルは。
カウンターの内側と外側なら、外側のほうが楽しいですってば!
両方経験してるからこそ、の意見です。
ワタシは脱サラしてBar ZEPを始めました。
正直、まだ「食える」レベルには、まったく到達しておりません。
思うのです。「平和で平凡が一番」だと。
それを維持するのも、今の時代、大変ですけどね。
では、カウンターに立ってて何か楽しい事はナイの?と問われれば、
勿論あります。
それは、普通の生活していたら出会えなかったであろう方々と出会える事、です。
優等生過ぎますかね??
ま、ともかくお互い頑張りましょう!
・・・って、誰に向かって言ってんだかf^^;

さて今日の一枚は、大瀧詠一【A LONG VACATION】を。
日本音楽史上最高&最強の、POP Albumだと思います。
これこそ、高校生以来の、「自分の夏の定番(盤)」。
このBlogを綴りながらMacから流してるのですが、気分は一気に海~☆
キラキラ輝くような、Phil Spector ばりのWall Of Soundと、情景が目に浮かぶような歌詞。
"カナリア諸島にて"の、♪薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて♪って詞を真似て、アイスティーを気取って飲んでたものです。
ただ、残念ながら、オレンジを添えて出してくれる店は無く、何処も大体レモンが浮かんでましたが^^;
"雨のウェンズデイ"の、♪壊れかけたワーゲンのボンネット♪とか、
♪海が見たいわって言い出したのは君の方さ♪とかのシチュエーションにも、憧れましたねぇ。
実際、夏休みの雨の水曜の早朝、海に向けて車走らせたりしました。
ただし、オシャレな湘南では無く、地元の九十九里で、
しかも車はヨンメリ(判る人~?)でしたけど・・・
あははっ^^;
永井博氏の描いたジャケットのイラストも素晴らしい。
もう、「日本の夏,大瀧詠一の夏」って感じ!?
今年の夏も、暑ければ暑いほど、"涼しさ"を求めて、何度も何度も、
このAlbumを聴く事でしょう。

アーティスト: 大滝詠一
タイトル: A LONG VACATION 20th Anniversary Edition
しかし、"菫色の雨"も"Violet rain"になっちゃうと、情緒も風情も無くなっちまうなぁ・・・。

さてさて、今夜は金曜日=26時までの営業となります。
皆様の御来店、お待ちしておりますm(__)m
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
  昨夜は、JR有楽町駅からの最終電車にて帰宅。
以下、私信だらけです。

S様I様t様、ビックリでしたね(@_@)
BEATLES FAN NETの世界も、狭いもので・・・
また、I様が、一昨日のお店のS様を御存知とは!
こちらは、「銀座村」の狭さを実感^^;
それから、t様には、"ブツ"喜んで頂け、何よりです^^
S&I様の分、出来上がり次第、こちらのブログにてお知らせいたします。
って、S様にMailすれば良いのですがf^^;

O様、お土産ありがとうございましたm(__)m
今度、Y嬢様も御存知ですので、アノお店、行ってみて下さいね^^
その後Bar ZEPに、というコースで、ヨロシクです(笑)

と、ご当人達以外には全くワカラナイ内容で、失礼^^;

さて今日の一枚は、Lenny#さんのBlog に触発されて、
THE PLEASE【リーゼント夜明け前】を。
とはいえ、コチラのBlog読んでる方で、THE PLEASEを御存知の方が、
何人いらっしゃるか・・・
元CAROLのジョニー大倉(Vo.&G)と内海利勝(G)と、THE TROUBLE(現・THE 虎舞竜)の高橋ジョージ(Vo&B)に田中清人(Dr)が、1989~1991の間に組んでいたR&R Band。



「またかよマスター」との声も聞こえそうですが^^;
いえ、Band名や、画像のTHE PLEASEのロゴを見てもお判りの通り、
BEATLESをリスペクトしたMERSEY BEATなSoundです。
2nd Album【CHOICE】では、THE DAVE CLARK FIVEの"Glad All Over"Fats Dominoの"Ain't That A Shame"なんて曲もCover。
まぁ、でも、彼等がデビューした時にファンが求めたものは、やはりCAROLでしたが。
そりゃそうですよね。元メンバーが2人も入ってて、CAROLの曲を演ってたのですから。
LIVEでは、「公演には矢沢永吉氏の出演はございません」なんて告知もされてたようですし。
結局、徐々に朝鮮問題等を織り込んだメッセージ色の強い歌詞になってくに従って(?)、このBandの勢いは失速して行き、高橋ジョージ氏は改名したTHE 虎舞竜での「ロード」において、後に大ブレークするのですが。
それでも、1st&2nd Albumでの、キラメくような"リバプール・サウンド"とCAROLのCopyは、
初期BEATLES&CAROL大好きな自分にとっては、今でも充分魅力的です。
その「幻影」を、今はThe MackShowに見てるのかも!?
って、オチはそこかい!(苦笑)
自称・The MackShow 推奨委員会のZEPです(笑)



アーティスト: ザ・プリーズ
タイトル: リーゼント夜明け前
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。