神戸加納町「BAR志賀」と昼の顔(中毒性日記Blog版)

www.bar-shiga.comからの日記 & ここだけ画像公開中!


テーマ:

予選プールは上位2チームが決勝トーナメントベスト8に進出。
プールB2勝のスコットランドがボーナスポイントを得て
今のところ決勝トーナメント進出が現実的になってきた。
日本に負けたが立て直してきた南アフリカがいい位置に。
そのあとを、日本、サモア、アメリカが追う。

日本代表はあと2試合、10月3日のサモア戦、
12日のアメリカ戦を残している。
4トライ以上で勝って吉報を待ちたいが
B組の最終戦なので、上位進出チームの状況を左右する
ドラマチックな展開になることを切望する。

さて、対戦時世界3位の常勝国、南アフリカに
13位の日本が勝ったことを多方面で
「あの凄さを例えるとすれば…」とあったりしたが
どうにもピンっと来ない。ラグビーにリスペクトがないし
何より、超が付くあり得ない例えが多すぎる。

そこで、僕はこう考えた。

長谷川穂積がマイクタイソンに勝つ…くらいの話だと。

一発のあるヘビー級に対し、効果的なジャブを打ち続ける
フィットネス、メンタリティを上回れば、
長谷川選手の勝利は全く無いとは言い切れない。
しかし階級ほどにモノを言う難しい世界であることは否めない。

そして、ラグビー日本代表の位置付けが、
どこか似ているなと思ったのは昨今のゴルフだ。
画像は、21日付けの世界ランキング。
松山英樹選手は世界14位につけている。

ゴルフをする人なら解るだろう。
このPGAそうそうたるメンバーの中にいて
常に上位をキープすることは至難の技である。
いつか彼が、世界を獲る姿を思わずにはいられない。

「あり得ない」と思うのは観る側の気持ちでしかない。

それは「必然」だと、彼らはいつも思っている。


ゴルフランキング20150921
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、伏見工(名前が変わってしまうね)から同志社、神戸製鋼とエリート街道を走った男(ワールドカップではベストキッカーにも選ばれた)が、高校時代の同級生とやって来た。「志賀さんの所縁のある人を連れて来たで」と言うので聞いてみると、僕の中学出身で、僕の弟とそこで同級生だと言う。京都の山科である。神戸で会う不思議を感じながら話を聞いた。

弟がいなかったら、彼はラグビーを始めなかったらしい。その日はいなかったが、もう一人同じように弟からラグビーの素晴らしさを説かれ、二人は名門伏見工業高校に進学。花園に出場する常連校として、名を馳せた。

「お兄さんは、なぜ普通の公立高校を選んだんですか?」

そんなに熱く語ったヤツの兄がラグビーの名門を選ばなかった。
彼らはそれが不思議だったらしい。そして彼は続けた。

「正直、弟はそうでもなかったけど…^^;
お兄さんはカッコ良くて、僕ら憧れてたんですよ」

僕の中学の記憶はふっくらとした顔付きで、おおよそモテるタイプでなかったと思う。そんな風に言われて思い返してみても、嬉しい半面(確かに弟よりはイケてたが^^)記憶とは曖昧なものだと思う。

普通科の公立高校をなぜ選んだのか?これもやはり覚えていない。高校は京都でベスト8が最高のチームだった。ベスト4を賭して挑んだ試合に、当時の優勝争い常連校、伏見、花園、東山、同志社に必ず夢を断たれた。全国を見るのなら、確かに強い高校に行けば良かった。そういう気持ちが芽生えたのは途中からで、大学は当時の強豪校、大阪体育大学に決めた。

僕ら兄弟は同じ小学校、中学、高校に通った。弟は関西の大学でラグビー部に一旦入り、高校より楽な練習にすぐハンドボール部に乗り換えた。そういった意味では、ラグビーをリタイアしたという、僕に対する後ろめたさがあるのかも知れない。しかし今になって思えば、少しでもラグビーに関わり、それをどこでやったとしても「あんなにしんどい練習をしていた」ことや「他にもスポーツがあるのに、なぜよりによってラグビーを選んだのか」などと、共有できる不思議な世界観がある。だから弟も僕も、そして今まさに現役である選手にもなぜか親近感が湧く。そこは胸を張っていい。

こうやって間接的に自分の兄弟の「したこと」を知る。少し誇らし気に思う。弟の話に、伏見工でラグビーをやってみようと思った二人。店に来てくれた彼は、現在立派なお仕事に就いている。そしてもう一人、この日いなかった彼は今、母校伏見工業高校ラグビー部の監督になった。


追記
伏見の現監督の姉が僕と同級生。
小学校で転校してきた時、カワイイなと思ってた。初恋だった^^;

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
シアトル系カフェでアイスコーヒーを注文すると
そこのオリジナルブレンドかコロンビアのチョイスを求められた。
今朝日本に大勝したコロンビアが、偶然にもこんなところに…。

その昔、神戸製鋼ラグビー部が決勝戦で
飲料メーカーのチームに負けた翌週、ほぼ全員でやって来た。
ビールを注文するが、数社ある銘柄の中で
「そこ」のビールは飲まないと誰かが言った。
しかし一緒に来ていたチームメイト、
元NZ代表オールブラックスだった選手達は
「飲み干せばいい」とその銘柄を注文し
店にある全てのビールを平らげたのだった。

ニュージーランドはラグビー不動の世界ランク1位である。
「勝利」の習慣性。そういう感覚のあるヤツらは、
勝つために何をすべきかを理解していて、戦いに臨む姿勢も違う。

僕は、「コロンビア」を飲み干すことにした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」

このコピーってどなたの作品なのでしょうか?

テレビ局の人?コピーライター?

一応僕も大学までラグビーやってたし
今でも負けるのは嫌でアスリート志向は持ってるつもりだし
負けてもいい戦いなんて、戦いじゃないと思ってる。

絶対に負けられない戦いが、そこにはある

…ココにもあそこにも、僕らマチの人間にだってある。

ナンか違和感あるねんなぁ。

そうか。

「負け」という言葉を使ってるからか。


コピーのチカラって大きい。考えたろか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
神戸はアメダス。

月曜日、朝イチでクライアントと打合せ。
次のステージにイメージが加速する。
その後、広報の方々と談笑。
またいつもの癖でエラそうにプレゼンテーション。
「誰も書かない“ 使える ”ルールブック」コラム熱望^^
ウェアも関わりたいなぁとPetitアピール。
刺激を受けて思わず、PIGCまで向かい練習。
水曜日に急遽、オモロいメンツでラウンドになったから。

昨日、国立競技場最後の試合、
ラグビー日本代表対香港代表戦に勝利し
日本は2015年ワールドカップ出場を決めた。
(増保が前座試合でトライしてたね^^;)
これで、8大会連続8度目の出場である。
しかしこれほど凄いことがあまり話題に上らない。

実は試合前、国立のフィールドで室伏広治氏を呼んで
「TOKYO 2020」の人文字作りを募ったが大幅に人数が割れた。
これもイマイチ伝わって来ないのはなぜなのだろう。
ラグビーが最後の試合だったからか?
プロモーションのやり方の問題なのか??
いずれにせよ、ラグビーが絡むことには敏感になる。

2019年には、日本でラグビーワールドカップがある。
その事実と受皿、開催国日本との温度差は否めない。

その夜のニュースは、なでしこサッカーアジア杯優勝と
来月のW杯代表男子の背番号発表で埋め尽くされた。

サッカーや野球とは競技の特性など諸々が違うのに
二番煎じのプロモーションなどいらないはず。

ラグビーのために、もっと何かをやりたいな。

50歳を機に、初めての「営業」しようかね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。