神戸加納町「BAR志賀」と昼の顔(中毒性日記Blog版)

www.bar-shiga.comからの日記 & ここだけ画像公開中!


テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大袈裟だけど、僕は驚愕した話。

 

過日、ゴルフメーカーCallaway好きの石本さんから、キャロウェイゴルフの副社長がビリヤードが上手かったという話を聞いて、その名がヘルムステッターだと知った時、身震いするくらいの驚きと感動を覚えた。

 

 

僕が本格的にビリヤードを始めたのは19歳で、最初に買ったキューがISHIGAKI(画像上)という今は無き日本メーカーのもの。学生バイトの僕には高価な6万円で手に入れた。その後、ちょっと上手くなって10万以上のキューをそろそろ使いなさいと関西トップアマに諭され、そこで出会ったのがADAM Helmstetterモデル(画像下)だった。

 

25歳、A級に手が届きそうな頃、当時9ボールチャンピオンだったマイク・シーゲルが使用するJoss(画像中)に浮気してからは忘れていた過去だ。何せADAMの5倍以上した代物である。ゴージャス過ぎて片時も手離せなかった。

 

 

ADAM Helmstetterはどちらかというと直線的で打感は硬く、

接地面であるキュー先(タップ)に厚く吸い付くというよりは、インパクトを重視する僕に合っていた。ゴルフで言えばパターやショットに、フォロースルーを大きく取らないタチなので、まだ若かった僕からすれば玉撞きの「入れ」に関しては、ADAM Helmstetterの方が入っていたのかも知れない。

 

つまりゴルフにも多分に影響と恩恵を受けている。

 

今更ながらありがとう、ヘルムステッター様である。

 

 

以下、Wikipediaより引用

 

↓↓↓↓↓

 

リチャード ヘルムステッター

Richard C. Helmstetter

 

キャロウェイゴルフ副社長 1942年生まれ 出生地 ウィスコンシン州マディソン 学歴ウィスコンシン州立大学卒

 

大学時代はビリヤードの選手として活躍し、全米学生選手権で準優勝。在学中にキューを作る会社を起業。1968年日本メーカーのデザイン模倣に抗議するため来日するが、粗末な機械で見事な製品を作る職人技に感心したことから、経営に加わる。’69年同メーカーが倒産したため、浦和市(現・さいたま市)で自ら新メーカーのアダムを起こし、世界シェア6割の会社に育て上げる。’85年休暇で帰国した際に知り合ったゴルフクラブメーカー最大手のキャロウェイゴルフ創業者に請われ、’86年アダムを創業時からの従業員に無償で譲渡してキャロウェイに移る。一時は社長も務め、’93年副社長に就任。この間、ゴルフクラブの開発責任者として、既成の形、材質、製法にこだわらない新しい商品を次々に開発。1万本でヒットとされる業界で150万本を売り上げた「オデッセイ2ボールパター」などのヒット作を生み出し、“ゴルフ界のエジソン”の異名を取った。日本での経験を生かし、日本向け商品も開発。著書に「ゴルフの楽しみ方」がある。

 

保存保存

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。