合格しました。ひゃっほぃ!

テーマ:

相変わらず、夕方から微熱が出始めて

節々が痛くなってくる私です。

更年期障害じゃネーの?

と聞こえてますよ。そこそこ。

さて、今朝はドキドキ

レーシックの事前検査

ここで、

「ぶぶー。適応できません」

といわれたら、一生めがねコンタクト生活になるかもしれない。

一生、温泉で他人の乳首の様子が見えないかもしれない。

それは大変!!!

予定時間より10分ほど前に検査場所へ。

意外と、狭い。

Cがあっち向いたりこっちむいたりしてる表が10こほど並んでる。

まずは、めがねを強奪される。

「めがねの度を測らせてくださいね」

とのこと。

ファンデーションでヌタヌタのまま渡してしまった。ごめんね。おねえさん。

で、

あごとおでこをつけて、視力を測られる機械に顔をつっこむ。

終わったら、横へスライドして、今度は目の中?を見る機械に顔をつっこむ。

終わったら、眼圧を測る機械に顔をつっこむ。

(最近の眼圧測定器の 「プシュー」という風は昔ほど強くない!)

それが終わると、

例の  C   があっち向いたりこっちむいたりする表の前へ。ここまで待ち時間ゼロ。

右だの、左だの、下? 上? と ギャル風に語尾を上げても

意味ないのに、自信がないところは、

「え~、したぁ?」 とやってしまう。 

そこで、衝撃の事実

右 0.08

左 0.15

すんげーよくなってたし。

0.1 あるなら、レーシックいらないんじゃないか? と思ってみたり。

昔は0.04 とかだったんだけどなあ。

え?老眼?



気のせい、気のせい。








で、次は暗い部屋へ行きますね。といわれてカーテンの中へ。


すると、そこは広い部屋!


かわいいおねえさんたちがいっぱい

(暗いからか?かわいく見える それとも

提携の美容外科でお直し済みか?)



やっぱり、あごとおでこをつける色々な機械に顔をつっこむこと約5回。




角膜のゆがみ? とか、なんちゃらかんちゃら、目の玉を撮影される。


(愛知万博の、東芝のパビリオンを思い出したのは私だけだな。うんうん)




次は、瞳孔を広げる目薬を入れられて、また視力を測る。






そして、最後、カーテンで仕切られた部屋のベッドに寝かせられ、点眼麻酔をされて


機械で目の玉にタッチして、角膜の厚さを測られる。

(麻酔されてるから、タッチしてる感じはぜんぜんしないんだけどね)




ここで、重大事件が!!!




今までかわいーおねえさんばかりだったのに、




ベッドの部屋には急にかわいい男の子!!!


しかも、顔に 瞳にタッチプレイ!  はーと



ふぅわぁ~おぉ~






おばちゃん、風俗気分で興奮。




超事務的に仕事をこなされて、ベッド終了~。

ちっ。次からは指名してやらねー

で、あとは、ドクターとのお話。

ここで結果が知らされる。

ドキドキ

ドキドキ

ドキドキ

最後の最後に約20分ほど待たされる。

キンチョーしてトイレ行きたくなってくるし。

で、ドクターとの話し合いの結果

問題ありません。

この視力で、この角膜なら十分な結果がでると思いますよ。

とのこと。

ひゃっほぉ~い!!!

最後、受付で、手術承諾書などをもらって終了~。

来週の木曜の午後には、めがね捨てられる~。

うひひ~。

ちなみに、この検査は、瞳孔を開いてるため、

ちょっと、手元が見えにくかったり、外を歩くとまぶしかったりしますが、

今、私がPCを打ててることを考えると、

事務仕事ならOKでしょう~。

AD