糸杉の見える道



最近、本当に忙しくてブログ更新している余裕がなくて、


本当に申し訳ない。。

まぁ、悲しい言い訳はさておいて、

今日はゴッホ展鑑賞してきたんですよ~

もっと前にルーブル展も見てきたのはナイショw

そんな訳で親が実家に車で帰るというので、

皇居前にある美術館にポトっと置き捨ててもらって、

到着すると驚くべきことに、何と



人、 人、 人、 人、



をぃ、君たちはゴッホを本当に理解してここに来てるのかw

横浜のルーブル展には人がそんなに来なかったのに、

ゴッホのネームバリューでそれかよw



ドミニクアングルにプロージット!



と、影で知ったか人間をしつつ、

行列の中で70分程待ちます。

まぁ、私は用意が良いので、



ガラスの仮面



の文庫本を持ってきてるから無問題なんですけどねw

あぁ、月影先生の紅天女にマジ泣き。。

そんなこんなで入場すると、

ついにゴッホにご対面となります。

おぉ、ゴッホとは無関係のヴァニタスがあるよ何でだw

ヴァニタスは髑髏とか砂時計とかが象徴的なんですけど、

死とか切なさとか時とか、

そういうはかなさを絵に表現してるんですよね~

(その横に死を連想させる絵があったのでその演出かと)

とか、セザンヌがあるよ~

モネがあるよ~

ゴッホの絵ばかりではなく、

同時代の印象派の巨匠との比較も出来て、

良かったですw

そして、ひまわりや星月夜は無かったものの、

ゴッホ最晩年の傑作、



『糸杉の見える道』



サイコ~♪



そんな一日でしたw

皆さんと別れてからも私の人生は充実してます。

皆さんもがんがれ~♪

AD

梟、最小再開モード……

テーマ:

 ↓の書いているブログが書きかけで、

長い間、停止していましたが、

 中途半端ですけど、許して下さいね<(_ _)>ペコリ

 

 今後は、時間を浪費しない程度に再開したいと思います。

絵画観賞の趣味は続いてますが、

良い素材が見つかった時に適度に掲載しますね~♪

 

 まぁ、社会人になった訳ですが、

私の人格は初日にして猫をかぶる事は出来ず。。

 

化けの皮を剥いでしまいました(  ̄▽)b

 

 そのお陰で、陰湿な周りの空気は一変、

回りと良好な関係を築いております。

私って天然のネタ師なんですね……

 

 それを考えると複雑な気分です。

 

ρ(。。)イジイジ

 

 そんな訳で、趣味人としての私がバレタ訳ですが、

昨日はマリ見て最新刊と、ダヴィンチ・コードに囲まれて、

 

幸せのダブルバインドでしたw


 どちらを見ようか考えCHU~♪、考えCHU~♪

だった訳で、その気分を端的に表現すると、

 

ラファエロの『マドンナ』と、

ダヴィンチの『モナリザ』を両手に抱いている気分です。


(  ̄▽)b


(  ̄▽)b


(  ̄▽)b


(  ̄▽)b


(  ̄▽)b


あぁ、陶酔の中で死にたい……薔薇の香気に抱かれて。。

 

そんな私は元気です。

皆さんも元気であることを常に祈っております。

 

ではでは、o(^◇^)/~ノシ

AD