こんばんわ!

 

地球遊び人たにゃんですリボン

 

 

さぁ、

 

ついに書くよ!

 

あのテーマ!笑

 

 

 

待ってた人も多いのでは?

 

 

と勝手に思っておりますが

 

いや、きっと多いはず!!!

 

 

 

たにゃんが

旦那と

うまくいった件

 

 

について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

 

去年の今頃の我が夫婦関係は・・・

 

 

冷え切って

いました

( ̄Д ̄;;

 

 

 

お互いを思いやる気持ちもなく

 

なんつーか

 

もうほんと、冷え切ってた( ̄□ ̄;)!!

 

 

これしか言いようがない。

 

 

 

 

結婚11年目とかにして

 

すっかりお互いへの関心もなくなり

 

冷え冷えのさっむーい状態でした。

 

 

 

 

当時これを言っても

 

大概ママ友には

 

「え〜、

 みんなそんなもん

 でしょ〜?」

 

と10人中8人は返された。

 

 

 

 

そして

 

かくいう私も

 

結婚3年目から冷え始めた夫婦関係も

 

お互いを理解するべく持ちかけた

 

話し合いもだいたいぶつかって

 

消耗して終わり。

 

 

わかってほしい

 

とか

 

大切にしてほしい

 

とかが

 

結果相手を非難する方向へ行き

 

それを旦那さんも

 

受け入れられる状況ではなく

 

お互い疲れて

 

お互いがもっと遠くなって終わり。

 

 

っていう繰り返し。

 

 

そのうちに

 

私も疲れ果て・・・

 

諦めが始まった。。。川 ̄_ゝ ̄)ノ

 

 

 

諦めて

 

諦めて

 

 

あぁ、諦めるって

大人になるってこと・・・

 

 

夫婦なんて

だいたい

みんな

こんなもん

でしょ〜?

 

 

と私も思ってた口でした。

 

 

 

諦めきってたわけで・・・

 

 

 

 

 

 

 

しか〜〜〜し!!!

 

 

2016年はちょっと違った。

 

 

 

 

まさに

 

 

破壊と再生の

 

大爆弾が落とされたわけで・・・

 

 

 

 

もう自分に

正直に生きたい

 

こんな冷め

切った

夫婦関係嫌だ

 

こんな

夫婦関係

終わりに

したい

 

 

 

8年くらい我慢してきた

 

ぐっと蓋してきた

 

子供のためだと

 

必死で自分に嘘ついてきた

 

本音の本音が吹き出した。

 

 

 

 

ずっと

 

本音を認められなかったのは

 

離婚への

罪悪感と恐怖

 

だったのですが

 

 

もうそれ

 

超えてやる

 

って自分で決めたんですね。

 

 

 

こんな嘘ついて

窮屈なの

いい加減

終わりにする!

 

って思ったから・・・

 

 

 

 

 

 

っていうか

 

 

もっと

愛し愛される夫婦

じゃないと

 

私は嫌だ!

 

どんなに日本中の夫婦が

 

だいたいこんなものだとしても

 

私は、私だけは、

 

そんなの到底受け入れたくない

 

本当はもっと

 

ラブラブの夫婦関係

じゃないと嫌だ!

 

 

って

 

実はずっと思ってたことに

 

ハッと気がついてしまったのです。

 

 

 

 

 

それで

 

 

嘘つけなくなって

 

去年の7月に夫に打ち明けました。

 

 

 

ずっと感じてた苦しさ

 

ずっと感じてた悲しさ

 

ずっと感じてた寂しさ

 

ずっと感じてた違和感

 

お互いを理解し合いたいのに

それが叶わないことへの辛さ

 

本当はどういう二人

で居たいのか

 

 

でも無理だから

離婚した方がお互いのため

ひいては

子供たちのためだと思う

 

 

ってことをはっきり伝えました。

 

 

 

 

それから

 

私は7月、8月、の2ヶ月間を

 

ひたすら自分と向き合いながら

 

自分の中の恐怖、孤独を毎日毎日

 

見つめ続けたのでした。

 

 

 

そして

 

離婚への罪悪感も、恐怖も

 

自立への恐怖も

 

2ヶ月を通してだいたい

 

超えることができました。

 

 

 

そして

 

すっきりして

 

私はまた

 

9月に離婚したいと切り出しました。笑

 

 

 

と、まぁ、

 

私にとっての大清算

 

去年の7月、8月がピークで

 

大分すっきりして

 

そのあとは

 

さて、

 

離婚ってどう進める?

 

新しい家族関係を叶えるには

どんな形がいいだろうか?

 

ということを考えていました。

 

 

 

旦那さんには合計3回

 

離婚を切り出しました。

 

 

 

しかし

 

旦那さんには「新しい家族の形」は

 

理解されず、そこが折り合わないまま

 

離婚は見送りになっていました。

 

 

(離婚しても一緒に暮らしたい

 という私の提案は

    彼には全く

     理解できなかったようです。)

 

 

 

さて、

 

その一方で

 

話し合いをする9ヶ月の間に

 

旦那さんは日に日に家庭に目を向け

 

私をサポートするようになってくれました

 

そしてお互いを思いやる気持ちが

 

少しずつむしろ芽生えて行ったのです。

 

 

 

 

変な話ですが

 

離婚話を切り出して以降

 

日に日に夫婦関係は良好で

 

いい関係へと変化していきました。

 

 

 

 

 

 

 

夫婦関係は良好になっても

 

なぜ私が離婚を切り出し続けたのか?

 

 

 

 

答えは簡単です。

 

 

 

 

ときめきがなくちゃ嫌

 

だったから。

 

 

 

お互いに

興味があって

愛して、愛される

熱情がないと

 

 

だったからです。

 

 

 

 

そこは

 

 

私の中で全くブレませんでした。

 

てへぺろ 

 

 

 

仲良し家族として

 

うまくやっていく自信は

 

むしろどんどんついていきました。

 

 

 

それでも

 

 

男と女

としての

愛し合う関係

 

これがないと

嫌!

 

 

と頑なでした。笑

 

 

 

 

それを求めて

 

私は

 

男と女って?

 

愛し合うって?

 

純粋な愛って?

 

無条件の愛って?

 

をひたすら考え続けた9ヶ月でした。

 

 

 

 

その9ヶ月は

 

ツインレイって何よ!?!?

 

っていうテーマとも向き合うことになり

 

結局そっちの面でも

 

ひたすら自分自身との向き合いの日々でした。

 

 

結局

 

ツインレイ?って思った人は

 

友人だったのですが

 

結局友人以上になるどころか

 

何もないまま友人以下になり

 

ご縁が切れてしまいました。笑

 

 

 

ツインレイ??と思った人と

 

ご縁が切れた時から

 

私の中でエネルギーの滞りが

 

一気に流れ出し

 

それまでずっと重かったエネルギーが

 

一気に軽くなりました。

 

 

 

あまりにも楽になったので

 

あぁ、あれはツインレイじゃなかったな

 

とつくづく腑に落ちたわけです口笛

 

 

 

もし本当のツインレイならば

 

エネルギーが奪われたり

 

滞りがいつまでも抜けなかったり

 

ということはないはずですものねビックリマーク

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

3月にすっきりしてしまった私。

 

 

旦那さんとの間も

 

すこぶる家族としてはいい関係。

 

 

で、どうしようかぁ

 

と思っていたところに

 

突然やってきたのが・・・

 

 

 

その2へ続く