1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-22 22:41:49

お知らせ

テーマ:愛猫

 毎度ご無沙汰になっております

 

本日午後6:00、私の大切なタロウが虹の橋を渡ってしまいました。

 

年一のワクチン投与の際に健康診断を受けており、どこにも異常がなく、いつも元気いっぱいで持病もないように思えたのですが、今月1/6のたまたま起きていたAM3:00頃に荒い呼吸で固まっているのを見つけ、即夜間病院に連れていきました

 

診断結果は心筋症

 

当日の寝る前までいつものようにご飯をしっかり食べ、お気に入りの高い場所にあるベッドにおりましたが、まさかその数時間後こんなんになるとは

 

適切な処置をして頂き、呼吸も正常に戻り、家に一旦連れて帰って、正月休みだったこともあり年中無休の以前のかかりつけに連れていき、即入院

 

肺水腫との診断で三日間の入院・治療になりましたが、ここでも適切な処置をして頂き、予後が悪いことを伝えられるも、元気になって退院することが出来ました

 

退院後一週間は投薬もしっかりやり、まんま以前のようにはいかなくとも、ご飯も食べ、おしっこもし、高いところにも登ったり降りたりしてました

 

ところが、1/17にまた呼吸が荒くなり即入院しましたが、なんと重い腎不全を併発してしまっていて、「検査もできない」と、余命数時間の宣告を受け、1/19に家に連れて帰ることにしました

 

ところが家に連れて帰ると、少し元気になったので、これでもうすぐ死ぬなんて思えず翌朝1/20循環器科の専門病院に連れていきました

 

とにかくタロウが苦しくないようにしてくれとお願いし、精一杯の処置をしていただきました

 

しかし治療のかいなく、本日1/22(日)6:00が命日となってしましました

 

最期の勇姿を見せてくれた、親孝行息子でした

 

自分の誕生日も忘れる粗忽者ですので、健忘録代わりに記事を書きましたが、これほど辛いとは・・・

 

明日は葬儀をしてもらい、火葬にしていただく予定です

 

早くタロウの傍に行って生前は嫌がりましたが、身体をなでたいのでこれにて失礼します

 

 

タロウうちに来てくれてありがとう

病気を早く見つけてあげられずごめんな

今度生まれ変わるときは人間になって、猫に生まれ変わった俺を飼ってくれな

それまでゆっくりしてくれ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-09-23 18:41:54

ブログ再開します

テーマ:お知らせ

 ご無沙汰しております


2年数ヶ月放置しておりましたが、近々当ブログを再開する予定です


13年4月にアオイちゃんを腎臓結石、腎不全にしてしまい、以後病院通いや輸液、投薬、採尿などに追われる毎日でした

他方、社長業、一作業員としても現場で働き納期に追われバタバタと慌ただしい日々もやっつけねばならず、ブログを書く時間がどうしても割けずにいました


幸いアオイちゃんの予後はきわめて良好で、漢方薬を飲ませる以外は病気になる前と何ら変わらない毎日を送れるようになりました

同じ病気に苦しむ猫ちゃんの参考になればいいと闘病記もいずれ書いていきたいと思います


で、また猫が増えました


しかも2匹もです(苦笑


一匹は黒猫のクウちゃん

工場の前で保護し、猫飼いベテランのいい里親さんが見つかったのですが、部屋の隅から一切出てこない状態で出戻ることになりました

次の里親さんを探している間になんとFIPを発症し、余命数週間前と宣告されてしまいました

口の中全体に口内炎ができ、口が開かない状態になりましたが、この病気は麻酔やステロイドが使えず日に日に弱って死ぬのを待つだけだからと安楽死も提案されました

・・・長くなりそうなので、これもまた闘病記にします

奇跡的に命を取り留め、今は元気になっていることだけ伝えておきます


二匹目はちゃとらのマチャムネくん

懇意にさせていただいているブログに「餌やりさんが餌場に来る野良子猫の保護をしてくださる方を探しています」という困った記事を転載されていました

遠く離れたところならとても関われるものではありませんが、その餌場は客先の近所で子猫、しかも片目がふさがっている状態、しかも飼いたくてたまらなかったオスのちゃとら(笑

里親募集することを念頭に置いての保護でしたが、左目の眼球はすでになく、残った右目も瞬膜が癒着しており、黒目も白く濁った状態でした

行きつけの病院に行きましたが、ろくに見もしないでハナから治らなかった時の言い訳するような頼りない新米獣医に当たってしまったので、次の日、眼科のある病院を探して見てもらいました

母乳の免疫が切れた時期に猫風邪にやられて左目の眼球は成長しなかったらしく、ただの組織の塊になっている状態で目の機能は100%戻らないが、残っている右目を全力で治療するという方針でいくことにしました

これまた幸いに濁りも薄くなり瞬膜もほぼ中に収まり、室内で飼う分には日常生活上何ら支障はないというお墨付きをいただきました

これもいずれ記事にしたいと思います


画像がありませんねえ・・・


デジカメが壊れ、ケータイのカメラもレンズが傷だらけでちゃんと写らないのです


デジカメを買ってちゃんと紹介しますのでしばらくお待ちください


板金小僧


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013-08-04 14:48:39

餃子鍋

テーマ:飲む・食う

我が社にはあるジンクスがあります


それはオリジナル商品の製作に取りかかるととたんに忙しくなるというものです


去年末から取りかかってようやく一つが完成を見る運びになりました



板金小僧の掘っ立て小屋

特厚の餃子鍋です


厚さ9mmの鋼板製

遠赤外線の力でうまみを閉じ込め、焼き面がサクッと閉じ面がしっとりとなるよう開発したものです

市販の餃子鍋やホットプレートは鋳鉄製で熱伝導率が悪く、焼き初めの立ち上がりが遅いという欠点がありますが、これは軟鋼板なので10%ほど向上(鋳鉄比)しています

また、曲げ構造ですので側面からも熱の対流が期待できる物となっています



板金小僧の掘っ立て小屋

専用フタ


オール18-8ステンレス製

中華料理店「喜千」 オーナーシェフ高木さんの要望を取り入れ

ズレ防止の桟やヤケド防止に高さのある取っ手金具と檜製ハンドルを装着し、

フタが自立するようにスタンドがついています



板金小僧の掘っ立て小屋


このスタンドはシェフの店の事情を汲んでおり、製品化の際に採用するかは未定


先ほど、ランチのついでに納めてきました


奇しくも「喜千」 では餃子の数量限定値引きセールをやっており、うまくいけば早速これを使って調理した餃子が食べられます


ここで少し協力してくださったお店の紹介を


中国旬菜「喜千」(ちゅうごくしゅんさい きち)



某ホテルで副料理長を務めていた高木シェフがどういうわけか(?)独立して

わが大東市に出店

はやらない居酒屋の跡に「あれ、こんなところに中華屋が?」とふらっと立ち寄ったのが最初

朴訥な店主に愛想の良い女将が出迎えてくれ、まず付きだしを食べてみてびっくり

重慶飯店なんかの高級中華でしかいただけないようなものが小皿に盛ってあり、

「ああこれは...何食ってもうまいはず」と確信し、それから1ヶ月毎日通いつめた


当時、多忙でヘロヘロになっているところにアオイちゃんが腎不全になり、食べる楽しみを思い出させてくれたありがたいお店



板金小僧の掘っ立て小屋

北海道産生甘エビの紹興酒漬け

説明するのが困難、だが絶品なお味



板金小僧の掘っ立て小屋

自家製豚バラ肉の干物

中華ハムでも叉焼でもない、これまた食べたことのない味

ガリが苦手なツレがこれに乗せて食べ、うますぎて悶絶(笑)

肉桂や八角の利いた独自の付け汁で常温乾燥したもので冬期しか作れず、

なくなったらまた来年、というもの



板金小僧の掘っ立て小屋

こうやって厨房の風通しの良いところで1ヶ月吊して乾燥して作る

あまりの無造作加減に、初めて見た人は(僕も含め)ギョッとなる(笑)



板金小僧の掘っ立て小屋

北海道産生ホタテの自家製XO醤炒め

この自家製XO醤が絶品

思わず、アレにも使ってこれにも使ってとリクエストしたくなる


これ以外にもうまい物が目白押し

高すぎて手が出ない要予約のフカヒレの煮物と食わず嫌いのピータン以外は全部制覇

この味と値段で今すぐにでも人気店になりそうだが、

「本格中華がリーズナブルで」というお店のコンセプトがここ大東ではなかなか認知されず、

シェフの片腕であり看板娘でもある奥さんがご懐妊・ご出産で不在というタイミングも重なり、

バイトのお姉ちゃんでは客をうまく捌けず苦戦中


そんな苦境にもかかわらず、調理に一切の手を抜くことのない真摯な姿勢がやがて認められることを祈っています


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-06-16 22:39:45

おしらせ

テーマ:愛猫

長い間ブログを更新できずにいました

申し訳ありません


その間色々ありましたが、とりあえず報告します


4/19の7歳の誕生日を目前に控えたアオイちゃん

ちょうどワクチンの接種時期も近づいてきたのでいつ行こうかと日取りを考えていた


そして4/12

朝ご飯の片付けとトイレ掃除に白猫母娘の部屋に入ると

ものすごい量のゲロにギョっとしてどっちのかな?と見回す

するとタンスの上で箱座りをして首をうなだれているアオイちゃんを発見

よく見ると首が小刻みに震えている

えらいこっちゃと即病院に連れて行き、検査をしてもらうと尿素窒素とクレアチニンがあり得ない数値に...


急性の腎不全との診察結果でとりあえず皮下点滴をして様子見しようといわれた

何度か書いたつもりだが、僕はこの「様子見」というのが大嫌いでこれをされるたびに病院を変わってきた

腎不全と言われてハイそうですかと点滴して帰るのもアホみたいな話なので、もっと詳しく調べてくれと食い下がった

なんとかエコーを撮ってもらうがこれがまたヘタクソでピント合わせも出来なければ、腎臓の位置さえ捉えられない

最近の先生がおかしいなと思われる予兆はあった

今までは日曜祭日もやってたが完全に休みにし土曜日も半ドンにしたこともあって最近患家さんが大幅に減ってしまっていたのだ

また、待合室で鉢合わせになったかわいいよその猫ちゃんがどんな診断されているのかはどうしても耳に入ってしまうが、その先生の言葉が今までなかったなような突き放すような感じになっていてモヤッとしたこともあった

少なくとも腎臓がやられているとわかっていて様子見をしましょうと言うような人ではなかった

加齢によりやる気がなくなったのだろうと判断し、次の病院を探すためにネットで朝方まで検索する


そして平野区のMという病院に連れて行くことに

年中無休でスタッフもベテランの院長先生から若手の先生、女医さんと幅広く、看護婦さんや事務員さんもたくさんいて、検査・入院の設備や体制も完璧であるように見られたことが決め手となった


K先生というツレの息子そっくりの若い先生が担当になったが、問診から理路整然とした説明に落ち着きをとりもどす

持って来たエコー画像や血液検査の結果を交えた結果、一から検査し直すことに

注射もうまく、こちらの質問にも過不足なく答えてくださり、なによりも猫が大好きと聞いたことに安堵した

そして検査結果が出た

血液検査から判断される腎臓の状態はかなり悪く、エコー画像によると腎臓の形が崩れかかっている可能性があり、X線検査でなんと腎結石が2個も見つかった

前日まで暴れまくっていた猫がこんな状態だったなんて・・・

言葉を失いそうになる自分を奮い立たせ出来うる最高の治療をしてくれとお願いする

外科手術による腎結石の除去はリスクの方がはるかに大きいということなので即入院し静脈点滴を3日続け、検査結果如何で透析も行うという治療方針に納得し、実行してもらうことになった


入院中は毎日通って様子をうかがうが、ごはんを全く食べてくれずにスタッフを困らせていた以外は、経過も良好で数値もみるみる良くなり、なんと尿素窒素、が正常値、クレアチニンもあと一歩といったところまで下がった


それからは毎日通院し、皮下輸液をしてもらう傍ら、何か副作用のない民間療法はないものかとネットで検索するという日々


当のアオイちゃんは退院後はめっちゃ元気になったが、猫は腎機能の数%だけで普通と変わらない生活ができる子もいるということなので、ぐったりしてるよりはいいぐらいに思っておく、つまり油断するなということを先生から念押しされている

通院のストレスを考え自宅での皮下輸液に切り替え、一日おきに会社の若い衆に手伝ってもらいながらやり、腎臓用の療法食を食べさせ、ササヘルスチョレイトウ(漢方薬) をシリンジで与え、ウロアクト という石を溶かす作用のあるといわれているサプリを飲ませる

(あと、もう2種ほどやっているのですが、はっきりと効果が確認されたら書きます)


そして6/14血液検査の日

尿素窒素が31(正常値16-36)

下がらなかったクレアチニンが2.3(正常値0.8-2.4)

となり、ここまでの治療法が順調であることが数値によって示された

当分は輸液のスパンを1日おきから2日おきにして輸液の効果ではなく、腎臓自身の濾過機能がどれだけ回復しているかを見ていくことになった


当猫は腎臓が悪いことなど微塵も感じさせないほど元気

腎結石による慢性腎不全というのが当初の診断結果でしたが、腎機能が復活する可能性のある急性腎不全であったことを祈るばかり

原因となった結石も何とかして落としてやろうと色々試しています


ただ、通院という名の拉致、投薬、強制給水、皮下輸液とアオイちゃんにとって嫌なことばかりしているのですっかり嫌われてしまい、噛まれたり引っかかれたり大変ですが、治療が不要になるまで全力で世話をしていこうと思っています



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2013-01-15 09:49:01

25年ぶりに

テーマ:ブログ

 風邪をひきました


9日の晩のこと、ツレに誘われ寝屋川のえべっさんに初めてお参りし、

なじみの創作料理屋で飯食って帰っただけだが、どちらかでもらったようだ

 症状が出たのは翌日

外注先から商品を引き上げる際吹きさらしの中で作業し、27℃に設定されたトラックで長時間運転、

また荷下ろしで寒風に晒され、また暖かい車内に戻り長時間運転・・・

ということを繰り返し、帰る頃にはぐったりしてしまい、そのまま会社で仮眠し起きた頃には寒気とひどい咳に襲われた

間の悪いことに、木曜の午後は病院が休診

開いているところはヤブばかりなので一晩我慢することにしたが、これがまた苦痛を招くことに・・・

インフルエンザの可能性を考慮に入れていなかったのだ

なにせ25年ぶりに風邪を引いたので医者の掛かり方まで忘れてしまっていたようだ

翌日は起き上がれないほどになってしまい、布団をかぶり汗をかいて下着を替えるということをしてるうちに幾分楽になったので病院に行くとまだ熱が38度以上あり、細胞検査してもらったところA型インフルエンザという診断結果が出た

特効薬と栄養剤の点滴を2時間かけて入れてもらい、なんと数時間後には楽になるという効きっぷりで、

やっぱり下手なところに行かなくてよかったと痛感

 社員に移してはまずいので土曜日を臨時休業にして三連休にした

おかげで今は筋肉痛以外の不快感は何もなくなるまでに復活

やれやれ


やっぱりえべっさんで笹を買って帰らなかったのでバチが当たったのか?(笑)

うちの会社は、創業して7,8年経った頃、先代社長が今川戎で3万円の笹飾りを買ったその年に

ン千万の不渡りを食らったので僕の代になってからは商売上の験担ぎの類は一切しないようにしているので気にならないが、人ごみに紛れただけで風邪にかかってしまうほど弱くなってしまっては、自己の健康に対する過信をいよいよ取り払わねばならなくなったことはたしかである


板金小僧の掘っ立て小屋









































遊んでもらえずご不満のエルちゃん

今日は遊んであげるからね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-01-05 23:04:07

エボちゃん

テーマ:愛猫


板金小僧の掘っ立て小屋









エボちゃんはかわいい


つらいPC作業も負荷がかなり減るような実感がある

というか常に監視され、ヒモ遊びを念力で要求しているので気が散っているだけなのかもしれない


年末、エボちゃんの体調が思わしくないのかと思われる節があった

食欲が落ち、トイレにはうんちもシッコもないし、

膝に乗ってきたり、ピャーピャー顔を見て遊びを要求しなくなった

ウチの猫はみんな病院に行くと必ず元気がなくなるのに加え、年末でなれていない救急病院しか開いていないこともあり、連れて行くこうか悩むところだった

迷っているうちに、どうせ遊ばないと思って片付けようとしたおもちゃにすごい勢いで飛びついてきた

まあ、遊んだ遊んだ

休憩をはさんでかれこれ1時間半も


思えば年末は忘年会や挨拶回りに忙殺され、エボちゃんと遊ぶ時間がなかったが、

この猫は毎日遊んであげないと具合が悪くなるのだと初めてわかった

お詫びにこの年始は仕事を一切止めエボちゃんととことん遊んだ

おかげで食欲も元通り旺盛になり、うんちもシッコも絶好調

PC部屋にいる間常にべったりで甘え度も一段上がってしまったのはご愛敬といったところか・・・

他の猫たちともいつも以上にコミニュケーションとスキンシップを交わしたが

みんなそれに応えてくれたと思う(アオイちゃん以外)

猫の世話に手抜きがあってはならんと改めて実感した正月だった


板金小僧の掘っ立て小屋

お節代わりのササミとマグロを茹でたものをぺろり

よく聞くような、常にそれを欲しがるようになることもなく、

次の日はカリカリでもOK


いい子ちゃんだねえ




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2012-12-31 16:16:22

みなさまよいお年を

テーマ:ごあいさつ

 今年もなんやかんやと出来事の多い1年でした

それらに対処するうち、あっという間に時間が過ぎていってしまったような感覚です

ブログも放置気味になり、申し訳ありません

そんな中、あいかわらず見に来てくださったみなさまに感謝します


今年の年末年始はしっかり休むことにしましたが、オリジナル商品の試作だけは進めています

知り合いにネットショップ開設の手伝いをしてもらうことになり、事前のアドバイスを色々受けました

とにかく最初が肝心で、ありったけ(多少盛り気味でも)の商品をラインナップに入れ、見に来た人を帰さないような品揃えを用意したほうがよいとのことなので、全部出来上がってから開設することにしました

撮影用に出来上がった段階でみなさまにお見せしようと思います

備忘録(健忘録は誤用だそうです)を兼ねて書き出してみます


商品大分類


1.猫の生活雑貨

2.チャーム、アクセサリー

3.猫をモチーフにした日用雑貨・鋼製家具


中小分類

1-①.猫タワー

1-②.猫のトイレ用品

1-③.猫のケージ

1-④.猫のキャリー

1-⑤.猫の食器

1-⑥.多頭飼い対策商品


2-①.アルミ製ストラップチャーム(猫、その他動物、花、星座などのシンボルマーク)

2-②.アルミ・ステンレス製キーホルダーチャーム(同上)

2-③.アルミ・ステンレス製リストバンド、ペンダントトップ、ピアス、ファスナートップ(同上)


3-①.スマホ・携帯収納ケース

3-②.ティッシュBOXスタンド

3-③.ブックスタンド

3-④.キッチン周り

3-⑤.調味料入れ

3-⑥.筆記用具入れ

3-⑦.傘立て・靴入れ

3-⑧.ガーデニング用品


とにかく構想図や製作図面はいっぱい出来ています

ここには挙げてませんが、パテント(特許)を取った方がいいと言われているものもあります

試作が出来上がったらまたここで発表したいと思ってますので、また見に来てください







板金小僧の掘っ立て小屋












しっぽボンボンにして野良ニャンを威嚇するタロウ

黒、チャトラ、白黒と3匹いるがいずれも警戒心が強く、全く心開いてくれない

(どうも白黒はタロウの親戚か兄弟っぽい)




板金小僧の掘っ立て小屋


























エボちゃん

野良時代から比べて300%増毛

(猫は収容されたら100%殺処分する保健所の管轄地域出身)

毛がぼーぼーでもやはり寒いのは苦手



板金小僧の掘っ立て小屋

ウチで唯一野良の経験がないアオイちゃんだが・・・



板金小僧の掘っ立て小屋






















一日3回は白黒つけんと木網デスマッチが繰り広げられる



板金小僧の掘っ立て小屋











お母さん以外と団子になれる日は果たして訪れるのか・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-12-22 19:44:17

完治

テーマ:ブログ

 胃潰瘍、ようやく治りました


というより治るような病気・症状でよかったと心底安堵しました


入院なんてことになれば、猫の世話や仕事ができなくなりえらいことになってたことでしょう


原因は胃酸過多による胃炎が進行して潰瘍になったということらしいのですが、

その胃酸をコントロールしている自律神経(副交感神経)が精神的ストレスで過剰反応したという診断結果に落ち着きました

癌ではなくてよかった・・・と肩をなで下ろしてばかりもいられません

健康のありがたみを痛感した次第であります




板金小僧の掘っ立て小屋








キーボードが大好きなエボちゃん

最初はモニターの前がいいのかと思っていたらどうもキーボードの凹凸がいいらしい

ある日「半角/全角」のキーが抜けていて探すのに苦労した

爪で引っ掻いたらしく、トイレの前に落ちていたので外してチョイチョイしたらしい

急ぎの仕事をやっている最中は相手をしてばかりもいられず、膝の上に乗せたらイヤイヤされ

こんなところに尻向きにのって抗議(?)された

終わったらご機嫌取りにヒモ遊びしてやらねばならない




板金小僧の掘っ立て小屋









ホットカーペットでくつろぐエルちゃん



板金小僧の掘っ立て小屋

うとうと



板金小僧の掘っ立て小屋

こてっ



板金小僧の掘っ立て小屋

はっ!



板金小僧の掘っ立て小屋









ZZZ・・・



周りでは風邪、とりわけノロウィルスが大流行


みなさん、くれぐれもお気を付けて



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2012-12-16 18:55:33

短すぎる生涯

テーマ:人間模様

 今日は朝からバタバタして、先ほど投票に行き、ようやく一息ついたところです。


47歳


みなさんは男性でこの年齢の方の印象を聞かれれば、どういうイメージを思い浮かべますか?

一般的には働き盛り、世知辛いところではリストラの標的にされやすい、早い人はもうそのぐらいで孫の出来る、などと想像するのではないでしょうか?


実は今日、その歳で亡くなった取引先の社長のお葬式に行ってきました。

かわいそうでした。

軽く聞こえるかも知れませんが、そうとしかいいようがありませんでした。


当方とは、取引先といっても金銭のやりとりはしておらず、異業種で共通の顧客をもっているという関係なのですが、お互い信頼関係にありました。

しかもその関係を築き上げるまで相当の年月がかかりましたので、それを失った喪失感がじわじわ湧いてきているところです。


知り合った当初は、お互い気が強く、けんかっ早いのですぐ衝突しました。

僕としては口げんかすることが別段悪いことだと思っていないのですが、それがたとえ乱暴で毒っぽい表現でも本心から出たものなので、お互いがちょっとでも歩み寄れば意外と仲良くなれきっかけになりうるものなんだという認識があるからです。

ただそういう方向に持って行こう思わなかったのは、先方にまずこちらと仲良くしようという気がさらさらなく、生い立ちに起因する特有の気性もあり、我々零細企業の生命線である横のつながりを否定するような振る舞いを見せてきたのでケッタクソも悪いし、仕事の便宜上有利不利の計算をする気にもなれず、なるべく関わらないようにしてきた。


ある日転機が訪れます。

彼の父親でもある先代の社長が突然亡くなったのです。


人の訃報に接するのに慣れていないことや、当時は自分の父親との関係に四苦八苦させられていたので剥き出しに感情移入してしまい、父親を敬愛していた彼に心から哀悼の意を伝えることができた。


そうして彼の信頼を得、昔のわだかまりも徐々に解け、仕事上の情報を交換し合ったり、互いの品質を褒め合い、共通の客の悪口や愚痴を茶化せるようになった。

そして最近になってようやくおたがいの行きつけの店で一杯酌み交わす大人のつきあいが出来るようになった。

他人である僕でもこんなに悲しいのにご親族の落胆はいかほどであったでしょうか・・・。

奥さんと三人の娘さんはあまりのショックに憔悴しきり、葬儀に参列することができなかったそうです。

彼のお母さんはすでにお子さんを二人亡くしており、一番頼りにしていた長男まで失い、代わりに死んでやりたかったと号泣するよりほかないのです。


障害のある長女さんを始め女の子ばかりのお子さん三人と愛する者を失うことになる奥さん、三人もの子供を失い悲嘆に暮れる母親を残してこの世を去らなければならなかった彼の無念はどう晴らせばよいのでしょうか。


また、頼りにしていた社長を突然失った従業員の人たちの行く先のこともあります。

微力ながら、取引先の煩雑な処理や心の面でみなさんのお力添えとなれるようにしていこうと思ってます。


心よりご冥福をお祈りいたします



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-04 23:10:06

休日らしい休日

テーマ:day off

 日曜日の楽しみの一つに朝寝坊できることがあるが、以前なら大抵は仕事していたので起きるのが嫌で単にグズグズしていただけだったと今更ながら気付いた。

休みの日に仕事以外の予定があるというのはうれしいものだ。

まずは平日と同じ7時に起きて猫のごはんを用意して、猫のトイレと部屋の掃除をして自分の朝ご飯。

すっかり定番となった、おかゆに漬け物、魚の干物をゆっくり時間をかけて食べる。

(エルちゃんと嘉偉くんが魚を欲しがって食った気がしないのはいつものことだが)

胃の薬を飲み、各部屋の猫をおもちゃでじゃらし、猫に飽きられると、PCで皆さんの猫ブログをチェックする。

ウトウトしてきたので予定を早めることに

予定と言ってもどこかに遠出するわけではない。

普段出来ない日用品の買い出しと洗車することである。

デパートの開店時間までに間があるので先に洗車。

黒の車なのでマメに洗わないといけないのだが、忙しさにかまけて放置したため土埃で白っぽくなっていた。

洗ううちに、小傷があっちこっちでてきて洗うんじゃなかったと凹むが、それでも水滴が玉になると気持ちの良いものだ。


10:00になったので、近所の京阪百貨店に向かう

まずはGパン

2年前にユニ○ロ(ジー○ーだったかな?)で2本買って以来だが、安物は生地がなくなるのでリーバ○スのごつめのやつにしようと試着する前にウエストを測ってもらうと、なんと90㎝から82㎝になっていた。

一瞬喜んだが、病気で痩せたのを思い出し、治ってから買おうと店を出た(笑)

リバウンドを懸念したのではなく、病気を治してから本格的にダイエットをしようと思ったからだ。


目的がなんだかぼやけてしまったため、一休みしようと何となく好きなモロゾフのカフェに入る。



板金小僧の掘っ立て小屋

 









コーヒー(カフェイン)は胃潰瘍にあまりよくないそうだが、ホットカフェオレならミルクで帳消しと都合の良い解釈をしてチーズケーキとのセットを注文。

この店が何となく好きというのは、それぞれがちょうど良いからであろう。

全席禁煙ではないがちゃんと分煙してあるし、店員さんも無愛想でもなくかといって過剰接待でもない。

内装も凝った調度品もなく至って簡素だが、かえって清潔感はある。

味もおいしいが、大騒ぎされるほどでもない。よって席もそこそこ空いている。

値段も高めなので、ギャーギャー騒いでねばる婆さんもジャリもいない。

外に出て何も気にならないというのは、他人の行儀が目に触る僕としてはありがたいことである。

 そんな空っぽの頭でチーズケーキを食べてると、しばらく会っていないツレのことを思い出した。

というのも、東京に出張した際に東京駅のモロゾフで土産に買ってきた限定品のチーズケーキが大ウケして、普段無愛想で無感動なそいつがうまかった、うまかったと何度も言っていたからである。

よくよく聞いてみれば、そいつの嫁と娘が今まで食べた中で一番美味しかったと喜んだのが嬉しかったそうなのだが、家庭人なのでうなずける。

 食品売り場の贈答コーナーに今食べたのと同じ物のホールがあるので買って帰ることに。

「今からケーキ持って行くけどおるか?」とメールすると、30秒で返信があった。(笑)

 ただ、そのあとがいけない。

ケーキを送り届けるやいなや、「パチンコに行こう」と。

 実は密かに禁スロ(スロット)していて、3ヶ月間順調に過ごしていたのだが、ツレの誘いによってかくも容易にその禁が解かれてしまった。

 救いはそいつが早々にやられてしまい、早々と引き上げたこと。

いつもならモミモミを繰り返して、結局時間とお金をスられて終わるパターンなので負けの込んでいないところでスッとご帰宅できたから今日は良し(笑)。

 

 予定がこなせたか微妙なところになってしまったが、総じて良い一日だった。

休日は猫と過ごすだけで十分と思っていたが、一日べったりするばかりでなく、夕方になって猫たちが恋しくなって帰るのもなかなかいいもんであるという発見があった。


寒さが本格的になる前にちょっと足を伸ばしてみようかと思うようになった一日でもあった。

仕事の出来る人はON/OFFの切り替えが総じて上手である。

僕もそうなりたいが・・・性分(貧乏性?)だろうか、これほどむずかしいことはないとさえ思う。

いきなりは無理だろうが、胃潰瘍になってしまったことを+に転じることが出来るようにしたい。





おまけ

今日の遅い昼飯?早い晩ご飯?はお好み焼きである


大阪人らしく、お好み焼きもたこ焼きも家庭でも作るが、数をこなしている分、結構自信がある(みんなそう思っているが)


まず、だしをとることから

薄口醤油、みりん、酒、砂糖、塩を加えて薄めのつゆを作り、刻んだキャベツを入れて重しを乗せて浅漬け風にする。


次にソースにも一手間。

市販のお好みソースはアミノ酸がどっさり入った甘酸っぱいものが多いので、アミノ酸無添加のウスターソースとケチャップを3:2ぐらいの割で混ぜ、中火にかけて酢を飛ばす。

煮詰まってきたらとろ火にしてちょうど良い味加減になるまでかける。



板金小僧の掘っ立て小屋



具に戻る

30分ぐらい置いてキャベツの水気が少し出てしんなりしたところに小麦粉と卵、イカ、天かす、干しエビ、山芋、片栗粉少々入れてダマにならないようさっと混ぜる。



板金小僧の掘っ立て小屋











フライパンに薄く油を引いて温まったところに混ぜたものを入れ、ブタ肉(今回はモモ)を表面に敷き詰める。





板金小僧の掘っ立て小屋

中火でこんがり焼き色がついたら、ひっくり返し蓋をして中弱火にしてじっくり焼く。




板金小僧の掘っ立て小屋






























煮詰めたソースを塗り(具にほんのり味が付いているので塗りすぎないように)、マヨネーズをかけて青のり、かつをぶしを振って出来上がり




板金小僧の掘っ立て小屋










これを2枚

昔は(といってもほんの数年前まで)3枚平らげていたが太らなかった。

若い衆が育ち、肉体労働が減ったのと、やはり加齢により基礎代謝が落ちたせいであろう。

あと、四十肩で木剣の素振りができなくなったことも大きい。

体を万全にしてまた鍛え直さねば・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。