若手→中堅銀行員のトホホな日常

 銀行員。髪はきちんと横分け、曖昧な笑みを絶やさないが本音は言わない。そんな銀行員だって本音があるんです。

 

 訪れていただきありがとうございます

 

 しばらく更新できませんでしたが、今後少しずつですが更新できればと思います。


 それに伴いまして、もはや若手銀行員ではないなぁ、と思いタイトルも少し変えます。

 以前と同じようなスタイルで記事を書きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 


テーマ:

 またまた久々の更新になってしまいました。

 何度も書きますが、ずっと続けられている方はすごいなって思ってしまいます。


 さて、僕は融資係になり1年近くが過ぎようとしています。

 自分で言うのもなんですが、、難しい融資案件や複雑な決算分析も当初に比べれば、ある程度は分かって気がしています。

 その意味で言うと、自分でも成長できたなぁって思います。


 ただ・・・

 スミマセン。ここからは僕の愚痴になります。


 あまりにも仕事が多いのです。

 僕の支店は融資担当は僕1人なのです。

 今までは穏やかな融資課長が一緒になってフォローもしてくれたし、そのおかげで自分も初めての融資係を何とかやってきました。


 ところが、その融資課長が転勤になってしまいました。

 新しい融資課長はまだ間もなく、当然まだ支店に慣れていません。


 渉外の案件の実行手続き(オペレーションなどの端末操作)から、事務整理などの雑用、住宅ローンからもちろん冒頭に書いた大型案件やら複雑な決算分析、窓口対応、電話対応・・・すべて1人でこなしていると、自分でもすごくイライラしているのが分かります。


  自分が1人で融資のお客さんを次から次へと対応しているのに、誰も助けがない・・・

 ちょっと調べれば分かることも、調べもせずにすぐにみんな自分に聞いてくる・・・

 自分の席の後ろのシマで、渉外担当者が談笑していたりすると、なんかとてもイライラしてしまうのです。


 だからでしょうか。

 最近渉外担当者にもちょっとしたことで、ついつい口調が荒っぽくなってしまいます。

 

 そんなことがここ2ヶ月くらい続いています。

 先日、渉外課長から言われました。


 「お前、自分が何様のつもりなんだ。そんな偉いのか?」


 といわれました。

 確かにそのとおりです。

 僕はずっと渉外担当者でした。数字に追われて大変なのは良く分かっていた「つもり」でした。

  

 自分でも余裕がなく、1人でイライラしていたんでしょうね。


 でも、休み明けからもその仕事量は変わりません・・・

 

 なんかこのままだと、精神的におかしくなってしまいそうで少し怖いです・・・。 

 

 さらに書くと、最近お酒を飲む際にたまに前後不覚になるまで飲んでしまうことがあるのです。

 自分でもその後は自分がイヤになります。


 少し、重症かも・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 銀行業界では、ここ半年ほど「全国緊急特別融資」が話題です。


 政府の景気対策の一環で、保証協会の保証付の融資枠をこれまで以上の業種に広げ、金額も広げるというものです。そして、保証割合が100%保証協会の保証となっています。


 保証協会との保証割合は、責任共有制度が開始された平成19年10月以降80%となっています。

 つまり、銀行は保証協会付の融資でも、20%は銀行も責任を負うことになるのです。


 融資先がもし倒産した場合、平成19年10月以降に融資した保証付融資については一部の制度融資を除いては原則80%しか保証協会は保証してくれないのです。


 話を元に戻すと、この「全国緊急特別融資」(以下「全国緊急」と略します)は100%保証協会の保証があり、銀行にとっては保全が図れます。

 また、融資枠も広がったこともあり、これまでよりも審査が難しくはなくなります。


 貸出の金利と預金の金利の差(利ザヤ)が収益の大半を占める銀行にとって、融資量を伸ばすために「どんどん貸せ!!」ということになります。


 なので、今銀行はどこも保全が図られる(銀行にとってはリスクがない)、この全国緊急を積極的に取り扱っています。


 しかし、融資に行き過ぎは厳禁だと思います。

 その辺りの僕の思うことを次回は書きたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ひさびさの更新です。

 なぜかぱたりと「書こう」という気がなくなっていました。

 理由は良く分かりませんが、ずっと続けられている方はすごいなぁ、と思います。


 さて、転勤して1年半が過ぎました。

 そして、僕は4月から外回りから融資係になりました。


 今の支店は融資量が資金量よりも多い、いわゆるオーバーローンの支店です。

 この支店にも大口融資先があります。

 僕はこれら大口融資先の担当となり、融資課長とともに管理しています。

 

 今までも融資には携わってきましたが、これだけのボリュームのある法人を持つのは初めてです。


 かなりの不安とプレッシャーがありますが、どうにかこうにかここまで仕事してます。


 そんなわけで、これからは融資係 tohoho としての日常を記事にできればと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前回の記事の続きです。

 

 後者、つまり、職場内の同僚や上司とよい関係が築けたかどうかが分かるのが、自分の送別会のときだと思います。


 この送別会。

 僕も経験があるんだけど、自分がイヤだなぁって人の時にはあまり気が進みません。

 この「気が進まない」人たちが多いほど、当然ながらその送別会は「仕事の延長上=義務で出ている飲み会」になってしまいます。


 「義務で出ている飲み会」と書いたように、この送別会って銀行員にとっては公式行事みたいなものです。

 なのでほとんど強制的なものになります。


 銀行にはたくさんのパートさんが働いています。

 パートさんの仕事は確かに補助的な仕事が多いです。

 そして、どうしても立場が行員よりも下に見られがちです。

 しかし、同時に貴重な戦力だし、同じ支店で働いていることには変わりありません。


 であるがゆえに、パートさんは行員ではないのでこういう「公式行事」に対しては自由があります。

 同時に、組織から自由であることゆえに、同じ職場の人たちを客観的に、つまり支店長とか課長という肩書きではなく、ヒトとして見ることができると思います。行きたくもない人の送別会に行かなくても差し支えないという組織からの自由があります。


 だから、このパートさんの送別会の出席率ってひとつの自分のでの人望のバロメーターなのではないかって思います。


 ちなみに僕の送別会はパートさんもみんな参加してくれ、引越しの当日には赤飯をもってきてくれた人もいました。同時に、まったくしんみりせずに、明るく笑いの絶えない送別会でした。


 自分で言うのもなんですが、とても嬉しかったし、いい思い出となりました。


 こうして、僕は今の支店に赴任となったわけです。


 さて、前回の記事で書いたように、僕の後には今年入った新入行員がまわることになりました。

 支店長が変わってから悪い雰囲気になってしまった中での、彼の苦闘の日々を次回からは書いていければと思います。

 


 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 転勤の内示が出た翌日、課長と支店長で引継ぎの段取りが組まれました。

 僕のあとは、今年入った新入行員が外回りデビューで出ることになりました。

 転勤が当たり前の銀行員、引継ぎの段取りや自分の送別会に日程まであっという間に決まっていました。


 さて、赴任するまでの2週間で、自分が渡して、そして新任地でもらってで1週間。

 最後の1週間で残務整理やら引継書の作成やらであっという間に過ぎていきます。

 当然、通常業務をやりながらです。


 そして、転勤のときにわかることがあります。


 それは、自分のお客さんからどれだけ信頼されていたか、そして、職場内の同僚や上司からよい関係を築けたか、ということです。


 まずは前者についてです。 


 前の支店は東京に比べると田舎です。

 だからなのか、お客さんから餞別をいただくこともあります。

 これはコンプライアンス違反に当たるかもしれないけど、こちらは去り行く身です。

 僕に餞別を渡したとしても、特にお客さんに僕が便宜を図ることはできません。

 

 コンプライアンス的に問題があるかどうかは別にして、お客さんから信頼されていたかどうかが分かるひとつのバロメーターだと思います。


 自分のことをいうのもなんですが、僕も今回の転勤で3人のお客さんから餞別と、1人のお客さんからはプレゼントをいただきました。


 それと同時に、お客さんからの言葉の餞別もあります。


 「たいへんご苦労様でした」


 とかしこまって自分の親以上の年齢のお客さんから深々と頭を下げられることもありました。


 「banker-tohohoさんとはよいお付き合いができましたね。これからもがんばってください」


 と85歳のおじいちゃんからの言葉も覚えています。


 銀行の外回りの場合、支店のなかでの担当エリアが決まっていて、そのエリアをまわることになります。

 僕の場合、約250世帯(会社含んで)を担当しました。

 いろいろな人がいるので、全員から好かれることは無理だと思います。

 しかしながら、こうしたことをしてくれたお客さんが少なからずいたということは、「この仕事やってよかったな」と思える瞬間でもあります。


 書いているうちに長くなってしまったので、後者については次回書きたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 さて、そんなわけで僕は転勤しました。


 今までの記事にも書いているように、うちの銀行は着任日の2週間ほど前の夕方にFAXが流れてきてそこで初めて転勤が分かるのです。

 

 その日、つまり、異動が出た日の夕方は忙しくてその時間でもお客さんのところに行く途中でした。

 ちょっと支店に問い合わせしたいことがあったので、支店に電話するとEちゃんがでました。


 「banker-tohohoさん、今日異動の内示がでましたよ」


 「えっ、それで」


 「転勤ですよ」


 「またまた冗談でしょう~」


 「ホントですって。××ですよ」


 銀行にはあちこちの支店があります。中には、ちょっと行きたくないなぁっていうところもあります。  

 例えば、評判の悪い支店長がいるところや、ちょっと生活するのに不便なところだったりとか・・・。

 Eちゃんが言った××というところは後者の場所です。


 「うそ・・・」


 「びっくりしましたぁ。違いますよ、でもbanker-tohohoさん、ホントに転勤ですよ」


 「ホントに?」


 「だからホントですって。○○ですよ」


 「またぁ~」


 「ホントですって」


 お客さんのところへ行ってから、あわてて支店に戻ると、みんながニタニタしていました。

 送られてきたFAXを見ると、確かに、


 「○○支店勤務を命ず △△支店 banker-tohoho」


 と書いてあります。


 この○○支店(つまりは今の支店)のあるところは、この地方出身の僕も一回も行ったことがない場所です。

 かなり、不安がありました。また一人暮らしです。


 その後、新任地の支店長にあいさつの電話を入れたり、同期や前の支店での先輩やら上司から電話がかかってきて、バタバタしたまま、実感がわかないまま一日は終わるのでした。


 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 しばらくの間、記事が更新できずにすみませんでした。

 理由は、新しい支店長がいわゆる「鬼軍曹」タイプで、仕事で手一杯となってしまい、ブログまで気がまわらなっかたからです。

 毎日更新している方って、すごいなぁって思ってしまいました。

 

 そんな僕がなぜ、また記事を更新できるようになったかというと・・・


 10月1日付けで、とうとう転勤となったからです。


 まだ1ヶ月もたたないけれど、少しは落ち着いてきたので久々に記事を更新してみます。

 

 少しずつになるかもしれませんが、更新していきたいと考えていますので、今後ともよろしくお願いします。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 人事異動がありました。

 6月末に株主総会があって、それに合わせての異動です。

 

 えーっ、わたくしとうとう転勤・・・ではありません。

 うちの支店では、支店長と融資係のSさんが転勤になりました。


 今の支店長はとても穏やかな人で、前任の支店長の強圧的な運営方針で疲弊しきっていた支店内の雰囲気が劇的に変わりました。

 また、僕個人的には昇格してもらったのも今の支店長でした。

 もう少し、一緒にやりたかった支店長です。


 人事って、穏やかな人の後には厳しい人がくることが多いです。

 

 今度来る支店長は、超体育会系な支店長です。


 先週引継ぎで来たけど、まさにその感じです。

 とはいえ、いつもいつも怒鳴り散らすということでもなさそうです。

 「ガツン」と強烈なカミナリを落とされて、その後はスッキリという感じがします。

  

 ただ一つ問題が・・・。

 どうも「セクハラ大魔王」のようなのです。

 女の子たちはもう警戒感いっぱいです。


 いずれにしても支店の雰囲気は変わるでしょうね・・・。

 果たしてどうなることやら・・・。



 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 更新を滞ってしまいました。


 さて、銀行には膨大な顧客情報が入った資料があります。

 これらは年度が替わると整理し、各資料によって保管年数が決まっていて書庫に保管します。

 その保管年数が過ぎると廃棄しなくてはいけません。

 昨日はその整理作業でした。

 段ボール箱数十個を上げたり下げたり・・・。結構な肉体作業です。

 詳しくは、廃棄作業  を参照してください。


 そんな作業もほぼ終わるころ、女の子たちがひそひそ話していました。

 すると、Eちゃんが、


 「banker-tohohoさん、ご飯食べに行きましょうよぉ。おごりで」


 と言ってきました。


 「そんなおごるお金、オレないよー」


 それに、女の子4人で男は自分ひとりって、僕としてはちと肩身が狭い状況だしなぁ・・・。

 でも女の子みんな待っているしなぁ・・・。急にどうしたんだろう。


 そんなわけで、なぜか分からず預金の課長もいつの間にか混じって行くことになりました。

 支店の近くのファミレスだったけど。

 座った席が男が僕1人で、女の子3人・・・。まっ、いいか。


 一時間ほどいたけど、預金の課長がごちそうしてくれました。


 まっ、嫌な人のことはたとえ奢ってもらったとしても誘いはしないんだろうから、少なくとも女の子たちは僕のことを嫌ってはいないんだろう・・・。


 と思うんだけどな。

 

 スミマセン。久々の更新なのに訳の分からぬ記事になってしまいました。


 


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大学のころハマったものの一つは海外旅行でした。

 大学の1年、2年といろいろなバイトをしたり、サークルをやってみてどうも中途半端だった自分にとって、やっていないことの一つが海外旅行でした。


 大学生協で申し込んだツアーで、参加者はみな大学生ばかり。

 大学3年の夏に2週間ほど中国へ行きました。

 全国にたくさんの友達ができ、今でも付き合いは続いています。


 その後、イタリア、ドイツ、インド、タイと行きました。

 イタリア、ドイツは航空券とホテルだけ予約して、あとは自分たち次第という完全フリー旅行。

 ローマでは、ぼったくりタクシーに乗りヒヤヒヤし、フラっと入ったレストランがぼったくり、挙句の果てには友達がスリにあい・・・。ガックシして、最後は友達同士で些細なことで言い争いになり、途中から完全個人旅行・・・。

 

 今思えば、いい思い出です。


 そんな海外旅行もここ4年ほど行っていません。

 

 また行きたいけど、ここのところの多い出費で微妙な感じ・・・。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。