バンビー山中の瀬戸内ライトゲームは24時間営業なのよ。

バンビー山中の釣り日記です。アジング、メバリング、ブリームゲーム、ボートゲームなどなど。
ECSTASY、ジャクソン、サンライン等の製品情報や釣果、釣行記、イベント情報等をアップします。

NEW !
テーマ:
夜になると常夜灯付近でアジがよく釣れますよね。
灯りに直接的に引かれているにせよ、灯りに引かれているプランクトンに間接的に引かれているにせよ、考え方に違いはあれど常夜灯はアジングにとって重要なファクターとなるのは間違いない。

確かに、夜釣れる場所で日中やっても釣れないことが多い。
これは、
①魚がいない
②いるけど釣れない

の二択になるわけだけど、船を持つようになって魚探知反応を見て確認すると明らかに、①であることが分かるようになる。
これ、当たり前かもしれないけど、これを言い切れる人は「船持ってる人」か「潜ってみた人」しかいないからね。

さっき、①魚がいない。といったわけだけど実は、全然いないわけではなくて「夜に比べて極端に回遊が少なく、足を止める時間が極めて短い」
ということ。

だから事故的に釣れることは多々あるし、アジが留まる要素がある漁港や地形、そして圧倒的にアジの数が多い場合は日中でも普通に釣れる。

そこで気になること。
夜のアジは昼間一体どこに行って、ディープにいるアジはルアーに対する反応が夜と昼では違うのか。
要は「ディープに食わないアジがいるのか?」
ということ。表層に食わないアジがいるのは目視で確認済み。

前者はアジに発信機でもつけなきゃわからないけど、後者であればなんとか検証することは可能。

岩礁帯の周りの砂地エリア、アジの回遊が比較的多い場所にアンカリング。
15〜30分に一度のアジの回遊反応、もちろん足は止めずに泳ぎ回っている感じ。


反応ありきの釣りにはなるけど、「どうアプローチするか」は普通のアジングと変わらない。

反応に比べて口を使う頻度はやや少ないようにかんじた。

まだまだ突き詰める必要はあるけど可能性を感じた釣行でした!


煮付けは最高だね!

アジフライはやっぱ旨い♫
もち揚げたてで!

ボートだから経験できることで自分を高めて、さらに良い情報発信ができるといいな〜と思ってます。

次回もお楽しみに!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。