本日「のーまらいず展」に行ってきました。


四ツ橋にある味のあるビルの1階に小さなフライヤーが貼ってありました。

見慣れた黄色い紙には「のーまらいず展」と書いてありました。

入り口から入ってらせん状の階段を3階まで昇ると6人ほどの人だかりが部屋の中にできていました。


扉を手で横に動かし中に入ると作品が壁一面にずらーっと並んでいます。

一つ一つすごくエネルギーを感じました。

部屋を半分くらいまわったところで、バッジが置いてありました。

青と黄で車の絵が書いてあるバッジにほれ込み買ってしまいました。

現物はこれ↓

challenger


小学五年生の子が書いたんですって。

まじすげーと感動しました。

開催はあと3日、頑張っていきましょう!

※場所はこちら→http://www.andsshop.com/

AD

2005年5月、彼女はインターンシップを知る。

大学に入り打ち込むことがなくなった自分にとって、チャンスだと思った。

しかし自分は1回生。

まだまだ飛び込むための準備は整っていなかったのかもしれない。


2005年12月、あらためて彼女は決意した。

「インターンシップをやってみよう」

直前までやろうかどうか迷っていた。

学校や関わることに決めたあるイベントのことが引っかかる。


でも、やってみなければわからない。

一歩を踏み出す勇気をもった瞬間、世界が広がった。

そこには仲間や先輩がいた。


任された仕事は展覧会の広報担当。

始めての組織、始めての仕事、何もかもが新しい中で取り組むことに充実感を感じ始めた。

なりふり構わず人に伝えようとする姿勢は共感を呼ぶ。


そんなチャレンジャーのメッセージ。


----


私が今インターン先で関わっている事業
「ノーマライズ」の展覧会「のーまらいず展」
詳細は→http://me-rise.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日時☆3月27日(月)~4月2日(日)
     12:00~19:00
★場所★&'s scene 詳しい場所は→http://www.andsshop.com/
☆入場☆無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は広報担当で、展覧会の場所が南船場という事と、自分と同じように今まで福祉や障害をもつ人と関わった事のない同世代の子に来てほしくて、アメ村・堀江、南船場周辺のカフェ・バー、オシャレなお店にDMを設置させてもらおうと考えていました。
私はこの展覧会に一日100人、一週間で700人のお客さんに来てもらう!という目標を掲げました!!
でも今まで営業なんてした事ないし、何もわからなくて、誰かに相談しないと!と思いました。
その時に思い浮かんだのが「スタスタ」の取締役Tさんです☆
そして今日、スタスタのバーに行ってきました!
オシャレでめっちゃ色鮮やかな光に包まれてました♪♪

まだノーマライズ事業の説明もまともに出来ない中で、真剣に話を聞いて頂けました。
自分では全く思いつかなかったDMを手で配るという広報の仕方やカフェに置くのは来てもらえる確率がほとんどない。など色んな知識を教えてもらって、本当に話せて良かった!!
jaeeで繋がり、mixiで繋がって、こうして協力してもらえる事になったし、Tさん本人も来て下さるし、お友達やバーのお客さんにも声をかけて頂けるし・・・人ってこうやって繋がっていくのかぁ♪と改めて感じました(^∀^)/
一人が一人を呼び、またその一人が一人を呼んでくれる・・・
地道に見えて、一番確実な方法なのかもしれない!!

近々キチンとのーまらいず展がどんな展覧会なのかを書くので、待ってて下さい♪♪

★皆さんも是非まずは①人のお友達にのーまらいず展を宣伝してみて下さい★
☆よろしくおねがいします☆

AD
昨日カラーピーナッツ(インターン受け入れ企業が運営するバー)に行ってきました。
担当しているNPO法人み・らいずのインターン生トントンが悩み相談に行くということでくっついていきました。
 
相談相手はバーの運営をしているTくん。
彼は1年半前からその会社でインターンを始め、取締役になり、卒業後も働いていくという酸いも甘いも知っているメンター的な学生です。(彼に対して学生という意識もないですが・・・)
彼女が担当するノーマライズ展というギャラリーでの展示会の広報をどう進めてけばいいのかという相談をしてました。
 
すごくいいなと思ったのは、相談できる仲間がいることです。
今回の場合は仲間というよりは先輩ですが、すごく的確にどう考えたらいいのかというアドバイスをしている姿を見て、ついついニヤリとしてしまいました。

自分だけでは気づかなかったことを気づかせてくれる、知らなかったことを教えてくれる、「仕事をする」ということは楽なことばかりではないので、いい意味でお互い高めあえる環境ができてきているのかなーと感じました。
AD

と考えてみると、ある大学生が語った一言がその要因となってます。


「もっと早くインターンを知りたかった」


ある大学の授業で話をさせてもらった時に、いただいた感想です。

そんなおもしろい機会があるんならもっと早く知ってチャレンジしたかった・・・。


この言葉によって今の自分は動いています。

もっと多くの人にインターンに参加をしてほしい。

もっと大学時代の早い段階で経験をしてほしい。


二度とそんな言葉を聞かずにすむために、もっと魅力的なものに、もっと魅力的に伝えれるように、もっとみんなが広められるように。



「非日常」へのトビラを開こう。


昨日元インターン生のYくんとインターンシップフェアの話をしていて、こんなキーワードが出てきました。

授業、ゼミ、バイト、サークルという「日常」を過ごしている学生にとっては、長期インターンは「非日常」な世界なんだ、と。

「日常」を抜け出したいと思いながらも、「非日常」に踏み込むには壁がある。

だからその壁を抜けるトビラの場所を伝えて、その向こう側にある「非日常」を垣間見れるのがインターンシップフェアなんだ、という話をしていました。


すげー!と感動してました。

そんな意味を持ったイベントなんだということを実感して、さらにやる気が高まってまいりました。


「大学から電車に乗ると、すごく学生多いんですよね。スーツを着てても、そこは日常なんですよ。でもね、天満橋に近づくに連れてスーツのビジネスマンが多くなるでしょ?そうすると自分もスイッチが入るんですよ。非日常の世界に入り込むんですよ。」


今日新しい視点をいただきました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆★ 経営者と直接「逢って」「話して」成長の場を決める!★☆
            半年に一度の大マッチングイベント
             
             【【 経営者15番勝負 】】
           ~日常を覆す感動がここにある~
      ◆ インターンシップ・フェア 2005 ◆
            http://www.jaee.org/fair2005/
-----------------------------------------------------------
 主催:NPO法人Jaee  2005年12月3日(土) 場所:梅田センタービル18F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■長期実践型インターンシップの受け入れ企業が集結!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ▼関西で長期実践型インターンシップを受け入れる企業が今年も集結!
    経営者や担当者に直接『社会の本音』を聞くことができます。
  
   (参加企業プロジェクト例)--------------
    ▽基幹業務であるサッカースクールの運営、志あるスポンサーの開拓
     NPO法人アミティエ・スポーツクラブ

    ▽『究極の梅酒』創成プロジェクト!!業界初の高級梅酒を創りだす。
     有限会社 上田

    ▽シェアNO.1フリーペーパーの編集・アメ村流行新聞の発行
     有限会社Genius&Maniacs

    ▽家庭の健康を追及した新メニューの開発『地域の台所プロジェクト』
      株式会社千惣

    ▽高級ペットアクセサリー・ペット用品のマーケティング
     株式会社ドアズ

    ▽Cafe&雑貨屋の運営管理 + 地域コミュニティの活性化
     Cafe ca Bar

    ▽Webサイトネットショップ経営者様へのコンサルティングサポート
    有限会社フリースタイルカフェ

    ▽広告、マーケティングスキルを『本気』で身に付けたいあなたに。
     有限会社 タッタ食品安全研究所

    ▽【売れる営業マンとは何か!?】営業の極意教えます。
      ビジネスラリアート 株式会社

    ▽社会を創るe-ラーニングの国家プロジェクトに参画する。
      株式会社 プロシーズ
    ----------(詳細は http://www.jaee.org/fair2005/company.htm

 
 ■体験者からインターンシップで何を学ぶことができるのかを知る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    インターンシップの中でさまざまな経験をして
    【成長した学生】の生の声を聞くことができます。

    ベンチャー企業それぞれの職場で、学校では絶対に
    できない体験談からあなたの成長の可能性を感じ取ってください!


 ■とにかくまずは動いてみること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    「それまでは頭でいろいろと考えて、自分にとって何が一番
     いいかを模索していた。でも、インターンシップに参加して
     とにかく動いてみなければ『何も分からない』ということを実感した。」
    と、前インターンシップ経験者は語りました。
   
    次はあなたが、その第一歩を踏み出してみてください!
 
   
■当日プログラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  11:30-12:00 受付
  12:00-12:20 オープニング・ワークショップ
  12:20-13:10 インターン経験者によるパネルディスカッション
                 ~ホンネでいきまっしょい!~
  13:10-13:20 休憩

  13:20-14:10 企業によるプレゼンテーション【Aターム】
                 ~君の成長の場はどこに・・?~
  14:10-14:40 企業との交流会【Aターム】
                 ~えがけ!君の成長イメージ!~
  14:40-14:50 休憩

  14:50-15:40 企業によるプレゼンテーション【Bターム】
  15:40-16:10 企業との交流会【Bターム】
  16:10-16:20 休憩
  16:20-17:20 インターン生との交流&面談日の調整
  17:30        閉会

  18:30~      2次会 『スーパー百番』@歩いてすぐ!
                   会費:3000円

 ■概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    日時:12月3日(土)12:00~19:00
    受付:★11:30スタートです!
    定員:150名
     (定員になり次第締め切ります。お早めに申し込みください!)
    参加費:無料
    対象:大学生、専門学校生(学年、学部を問いません。)
    会場:梅田センタービル18F (各線大阪駅より徒歩8分)

 ■申し込み方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    下記の受付フォーマット、またはお電話にてお申し込みください。
    フォーマット:
     https://sv04.wadax.ne.jp/~jaee-org/ships/application/  
    Tel:06-6100-3242(担当:中村、松浦)

昨日すでにインターンシップをしている学生による、これからインターンシップをする学生を対象としたイベント&交流会が大阪産業創造館17階で行なわれました。

20名くらいの学生が参加していたのですが、「これから社会が変わっていく」という胎動を感じました。


どういうことかと言うと、今Jaeeでは長期実践のインターンシップを運営しながら、
 学生→Jaee→企業(社会) ⇒ 学生の変化
という流れを作っています。つまり、Jaeeが社会との窓口役となって学生に刺激や成長の機会を提供しています。
この場面では学生は「機会を提供してもらう」側の人間です。


しかし、今回のイベントは、図式が難しいのですが、
 学生→インターン生→新たな刺激?
というように「機会を提供してもらう」から「機会を提供する」側に変わっています!


企業(社会)を通じて、変化した学生がさらに他の学生を巻き込んでいく。
そして、さらに学生を・・・。
この循環が生まれてくると、企業も巻き込み、大学も巻き込み非常に大きなうねりになっていきます。

そんなこれから始まるうねりの第一歩を体感しました。

そして、運営に携わったメンバーのみんな、お疲れ様でした!
これから本当に楽しみですね♪

面接が始まり、さっそく合格となる学生が出てきました。

さっそく面接後に飲み会に行きまして、社長といろいろと話をしてたら学生もコミットメントが高まって「頑張ります!」という気合いが入ってました。


面接というのは、一般的なイメージとしては「企業に入れるかどうかを評価される」というイメージですが、企業側の一方的な評価だけではありません。

面接は文字通り「顔を合わせて会う」ということで、募集要項や企業のWebだけでは読み取れない企業や現場の雰囲気、またより深い話を聞く場です。

学生には「6ヶ月という時間を投資するために、自分自身も企業を評価するつもりで臨んでください」とは伝えてます。


まあ、実際はかなり緊張しているので、本当に判断できているのかなー、と思うのですが、過去に面接後に学生が辞退したケースがありました。

緊張している中でも感覚的に合わない、何かしっくりこないっていうのはわかるんでしょう。


つらつらと書いてみましたが、「人生は出会う人によってつくられていく」という言葉を誰かが言っていました。

新しい出会いによって、可能性が広がっていく、面接の現場はとても素敵なものです。

今日は梅雨な一日ですね。

朝から雨が降ったり止んだりと微妙な天気です。


さて、明日からはインターンシップに参加する学生の面接が始まります。

僕の担当では4名の学生が明日面接をします。

みな、「この夏に一皮むけるチャレンジしよう!」と気合いの入った学生なので、頑張ってほしいです。


どの企業でインターンをしたいか、を決めることをエントリーと呼んでいます。

このエントリーの段階で最大で6ヶ月間共に働き、成長していく企業を決めていくので学生にはいろいろ葛藤、迷いがあります。

僕らも彼らがどの企業だったら成長できるのか、というのは一緒に考えながらエントリー前に面談を行ないます。


この段階では一緒に考えたり、相談もできますが、面接はもちろん一人で受け答えしなければいけないので、うまくやってくれるように祈っているだけです。

もちろん事前の段階でうまくできるようにサポートしていくのですが、面接というのは緊張するものでいろいろと想定外のこともあります。


面接は基本的に同席するので、今週はとにかく頑張ってくれるように、祈っています。



ばんのです。


意識的に更新しないと、まばらになってしまいますね。

今日から毎日更新を目指して頑張ります!


さて、先週の土曜日25日にインターンシップフェアが終わりました。

半年に一度のお祭りであり、学生のためのマッチングの機会。

非常にタフでしたが、充実した一日になりました。


当日のスケジュールとしては、

 ・経営者とインターン生のトークセッション

 ・経営者のプレゼン(2部制)

 ・経営者との交流会

 ・インターン生との懇談会

といった流れでありました。


今回印象的だったのは、「経営者のプレゼンのレベルの高さにびっくり!」

ということです。


日頃自分の想い、会社の想いを熱く語る経営者の方々の言葉には

心にずっしりと響くものがいくつもありました。

中でも4日前くらいに急遽受け入れが決まった株式会社ネクストジャパン

長江社長(JJクラブ100で有名な)のプレゼンはすごかったですね。


会社の概要、これからのビジョン、日本に対する想いを正味5分くらいの中で

(実は持ち時間3分でオーバーしているのですが・・・)突き刺していただきました。


うーん、他にも有限会社Genius&Maniacs の大森社長や、NPO法人G-net

秋元代表理事、システム・ユニオン株式会社 の舘本社長のプレゼンは良かったですね。


非常に自分の視点が一つ高くなる一日でした。


インターンシップフェア


坂野です。


今週の土曜日25日はインターンシップフェア2005 を開催します。

これは半年に一度、インターンシップをやりたい学生と受入企業の経営者の方が一斉に集まるマッチングイベントです。

この夏休みからインターンシップをやりたいと考えている学生が100名、受入企業が20社集まり、お互いが熱をぶつけあいます。

僕らにとってもかなり気合いの入るイベントになります。


明後日にイベントを迎えて、今は不眠不休状態です!

大学内での告知、参加企業との打ち合わせ、当日の準備、などなど目の回るほどタスクをこなしています。


今回は4回目のインターンシップフェアになります。

だんだんと自分達も洗練したものを作れるようになってきたなー、と思っています。

詳細は当日まで内緒ですが、今回は凝った仕掛けを設けています。

ベテランスタッフの福嶋さんと昨日は25:30まで打ち合わせをしていたのですが、その時にかなり深く突っ込んだ演出を考えて試行錯誤していて、そう感じました。


また当日の報告はしていきたいと思います。

今夜も頑張ります。