昨日カラーピーナッツ(インターン受け入れ企業が運営するバー)に行ってきました。
担当しているNPO法人み・らいずのインターン生トントンが悩み相談に行くということでくっついていきました。
 
相談相手はバーの運営をしているTくん。
彼は1年半前からその会社でインターンを始め、取締役になり、卒業後も働いていくという酸いも甘いも知っているメンター的な学生です。(彼に対して学生という意識もないですが・・・)
彼女が担当するノーマライズ展というギャラリーでの展示会の広報をどう進めてけばいいのかという相談をしてました。
 
すごくいいなと思ったのは、相談できる仲間がいることです。
今回の場合は仲間というよりは先輩ですが、すごく的確にどう考えたらいいのかというアドバイスをしている姿を見て、ついついニヤリとしてしまいました。

自分だけでは気づかなかったことを気づかせてくれる、知らなかったことを教えてくれる、「仕事をする」ということは楽なことばかりではないので、いい意味でお互い高めあえる環境ができてきているのかなーと感じました。
AD