シブヤ飯店

テーマ:
久しぶりの更新です。
……久しぶりすぎますね。
放置している間も訪問していただいた方が多く、感激&恐縮しています。

これからボチボチ更新していきますので、よろしくお願いします。


渋谷センター街のど真ん中にある、場所的にも絶対美味しくなさそうな中華屋。
ネットをうろついていて、ここの「名物ソース焼きそば」にヒット。
焼きそばは“あんかけ”でしょう! と思う私ですが、怖いもの見たさで行ってみました。

シブヤ飯店

土曜日の19時。客は三人。淋しい。
食券機。侘しい。
でも、店員のお兄ちゃんはニコニコ。店も清潔。
注文を終え、塾生の原稿を読んでいると、厨房が気になる。
中華鍋を振るたびにお玉とぶつかる音がリズミカル。しかも回数が多い。
期待は一気に膨らみました(^o^)

で、出来上がってきたのが写真の焼きそば。
ソースがそんなにクドくない。具が多い……といったところが縁日のソース焼きそばとは違うところか。
ソース自体が趣味じゃないけど、他のメニューに期待が持てます。
店員のお兄ちゃんはホントに感じがよくて、店は地下一階にあるのだけど、わざわざ上まで見送ってくれました。そこまでしなくてもいいのに(^_^;
写真のセットで1000円。
――2007.02.03

シブヤ飯店
宇田川町24-6 渋谷ビルヂングB1F
03-5428-1741
11:00 - 28:00
AD

桃園

テーマ:

桃園

またまた久しぶりの更新です。
で、久しぶりに行ったこの店。
いつ以来なんだろう。
全然おしゃれじゃない外観に内装。厨房の中も外も従業員の年齢層高し(^^;

看板通り、長崎ちゃんぽんの店ですが、炒ビーフン、汁ビーフンなどもありますが、メニューは少ないです。肉団子が名物で、単品のメニューもあり、この日私が注文した皿うどんにも入っていました。
しかし、ここの皿うどん、一般的に知られている皿うどんを想像していくと裏切られます。
いい意味でも、悪い意味でも。
まず、揚げた細麺ではなく、細いうどん程度の太麺で揚げてもありません。スープはほとんどなく、鳥のから揚げも入ってるんです。
あまりに久しぶりだったので、味もすっかり忘れていて、新鮮な気持ちで味わいました。
一回だけでは辛いかもしれないけど、何度も食べるとクセになる味です。
皿うどん、900円。
――2005.07.27

長崎ちゃんぽん 桃園
千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館B1
11:20~20:10 日祝休
03-3214-9048
AD

厨房太郎

テーマ:

厨房太郎

メチャクチャ居酒屋チックな店名ですが、イタリアン&フレンチを出す、こじんまりとしたレストラン……いや、ビストロ、かな。
千代田線乃木坂駅のすぐ近く。タレント事務所の研音のビルです。

私の好物の鴨のコンフィは、先日食べたばかりのフランスのレストランと比べると味に深みはないけど、レベル高いです。他にも真鯛のくんせい、シッタカ、刻んだキュウリが乗ったイタリア風冷や奴、ゴルゴンゾーラのペンネなどなど、どれも美味しかった!
高いメニューで1500円程度なので、気楽に行けます。
ワインは同行者の勧めに従ったため、ワインリストを詳細にチェックせず。イタリアン中心にフランス、アメリカもあったはず。
店員さんも感じいいです(^o^)
――2005.07.13

厨房太郎
港区六本木7-4-1 スマイリービル1F
03-3478-8006
18:00~ 日祝休
AD

ユーロスター・車内食

テーマ:

ユーロスター

ユーロスターは、ロンドンとパリ・ベルギーのブリュッセル間を走る高速列車です。
今回ロンドンからパリまで乗りました。
もちろん国境を越えるので、パスポートチェックあり。(でも、フランス入国の時はノーチェックだったなあ。いいのか?)
座席の幅はちょっと狭いけど、全体に頑丈そうな作りで安心感あり。
走り出してしばらくすると、飲み物のワゴンがやってきました。フランスだ! とワインを注文、「ドルで払えますか?」と聞くと、無料とのこと。食事のサービスがあることを乗る直前に聞いたのですが、飲み物もとは……。(でもよく考えたらその方が当たり前か)
料理は魚と鶏の選択肢があり、私はパルマハムを巻いた鶏、野菜のクスクス添えをチョイス。
イギリスで食べたどの鶏よりも身が引き締まっていて美味でした(^o^)
ソースは、BRASSERIE LIPPのソーセージと同じREMOULADEみたい。(時系列が逆ですが)
ゴルフ場でラーメンセットを食べてあまり時間が経ってなかったので、デザートなどは残してしまいましたが。
――2005.06.30

ユーロスター公式サイト

HATFIELD LONDON CONTRY CLUB

テーマ:

ゴルフ場

パリに行く前はイギリスにいました。
ひょんなことから予定になかったゴルフをすることになり、ロンドン郊外のこのゴルフ場に。セントアンドリュースのようなリンクスを勝手に想像していたのですが、見慣れた日本のゴルフ場のような景色でした(^^; (それもそのはず、カバヤ食品が作ったゴルフ場とのこと) でも、ラウンド中に気温もかなり変化し、晴れたり曇ったり、土砂降りの雨になったりと、リンクス気分は味わえました。
一年以上振りにクラブを握ったのに成績もよくて(^o^) 18ホールをスルーで回って、食堂へ。
ラーメン餃子セットです。ごはんも麺もまあ普通でしたけど、チャーシューがトロッとしていて美味しかった! 餃子は焼きではなく、揚げというのがご愛嬌。
――2005.06.30

HATFIELD LONDON CONTRY CLUB
BEDWELL PARK ESSENDON,HATFIELD HERTS AL96JA
℡ 01707260360

BRASSERIE LIPP

テーマ:

LIPP

パリ、サン・ジェルマン・デ・プレ広場近くのブラッセリー。
下調べなしのパリ旅行で、自分の勘だけが頼りのレストラン選び。前夜は正解だったけど、このランチはちょっと失敗。
あまりお腹が空いてなかったけど、パリ最後の食事なのでしっかり食べようかなあ、どうしよかなあ、と思いつつ、バスティーユ広場からノートルダム寺院を経てサン・ジェルマン大通り。途中美味しそうな店はあったけど、サン・ジェルマン・デ・プレ広場の近くに期待。しかし、意外に店が少なく、角にあったカフェに入ろうとすると、そこはドゥ・マゴ。日本に支店があるカフェに入ってもしかたないと、その向かいのこの店へ。
電子辞書片手にメニューを吟味、CERVELAS REMOULADEというスペシャリテを注文。
電子辞書の訳では、マヨネーズにからし、にんにく、香草を加えた辛いソースをかけた、太くて短くにんにくの香りが強いソーセージだったのですが……現れたのは、これ。
ソースは美味しかったのですが、ソーセージは上品な魚肉って感じで……もっとクセのあるものを想像していたのですが、裏切られました。というか、私が判ってなかった(^^;

8ユーロでした。
――2005.07.01

BRASSERIE LIPP
151,Bd. SAINT GERMAIN 75 006 PARIS
℡ 01 45 48 53 91

LES SANS CULOTTES

テーマ:

パリ

またまた更新が滞ってすみません。
前回の更新の翌日からイギリスとパリに行ってきました。
というわけで、唐突ですが、パリのビストロです。
バスティーユ広場のすぐ近くにある店です。
バスティーユ広場はリヨン駅に近く、また新オペラ座があって、かなり賑わっていました。広場や大きな通りに面したレストランは少ないのですが、一本裏通りに入ると、美味しそうな店が一杯ありました(^o^) スペイン料理やメキシコ料理の店が目立ちましたが、フレンチ好きの私は当然目もくれず、自分の勘を頼りにビストロを探し歩きました。
で、この店に。
料理は、ビストロの定番の鴨のコンフィ
――フラッシュを焚かなかったので、画質が悪いけど。
まさにいい塩梅で塩が効いてて、何よりも肉質が今まで日本で食べた鴨のコンフィとは比べ物にならないほどしっかりして、食べ応えがありました。
至福!
値段は15ユーロ。(1ユーロは130円くらいかな)
――2005.06.30

LES SANS CULOTTES
27 RUE DE LAPPE  75011 PARIS
℡ 01 48 05 42 92

サムウォンフェグォン

テーマ:

トゥッペキプルコギ

トゥッペギプルコギです。
トゥッペギという一人用の石鍋に入ったプルコギ。韓国風すき焼き、です。
牛肉以外の具は、エノキや玉葱など、まさにすき焼き。
味付けはかなり甘かったです。その甘さをキムチで和らげて(?)いただきました。

この店は、大通りから引っ込んだところにあり、近所の会社勤めの人たちが利用するところです。全部ではないだろうけど、韓国では昼食代は会社が持つのが当たり前で、会社ごとに小さなメモ帳がレジの横に置いてあります。
いいシステムだ(^o^)
――2005.04.04

サムウォンフェグォン
中区筆洞(ピルドン)21-12
02-2275-3664