ふたりのキャンバス

テーマ:

今、こちらでは、「ふたりのキャンバス」というテレビドラマをやっています。
全国放送するらしいです。
私の娘が通う学校が舞台です。
機会があれば、見てください。

 

AD

テレビでシオカラトンボを紹介していました。
どうしてこんな名前がついたのかな、と思いました。
塩辛にして食べた人がいるのかな。
イナゴの佃煮みたいなもんかな、と思って、調べたら違っていました。

「雄は老熟するにつれて体全体が黒色となり、胸部から腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになってツートンカラーの色彩となる。 この粉を塩に見立てたのが名前の由来である。 塩辛との関係はない。」そうです。

「塩カラーとんぼ」なんですかね。

 

久しぶりに練習場に行きました。
数組のカップルが来ていました。

そのうちの一組が踊るのをやめて、男性が女性に立ったままで話しかけていました。
アドバイスでもしているのかな、と思っていたら、男性の声がだんだん大きくなってきました。
そして、とっても険悪な空気が漂ってきました。
最後は怒号になりました。
女性はうつむいて泣きそうでした。
会場全体が嫌な雰囲気になりました。

時々、こういう風に女性を叱る男性パートナーがいます。
いくら叱っても上手になるわけじゃないし、気分が悪くなるだけです。
ダンスは楽しく笑いながら踊るべきだと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=h6v7rs1zIrI

 

AD

100歳から始まる人生

テーマ:

「100歳から始まる人生」というスウェーデンのテレビ局が作った番組を放送していました。
101歳の女性がパソコン上の出会い系サイトで、ダンスの相手を探すシーンから始まりました。
「生きているうちにもう一度ダンスを踊れたら、すてき!」なんだそうです。

パソコンの使い方を高齢者に教えていて、自分もブログを書いているそうです。
読者は50万人以上います。

既に亡くなった旦那さんとはダンスパーティで知り合ったそうです。
とてもダンスが上手で、当時は、女性が男性が声をかけてくれるのを待っていました。

出会い系サイトを通じてではないですが、ダンスが踊れる男性と知り合って、楽しそうに踊っていました。
めでたし、めでたし、でした。

100歳からでも人生で何かを始められるのなら楽しいです。

アニメの「ボールルームへようこそ」を見ています。
ワルツの曲がいつも「美しく青きドナウ」なのが気になります。
もう少し、今風の曲にしてくれるといいんですが。

朝、書いた日記の「定年女子」のエンディングは竹内まりあです。
この曲はわりに好きです。

今日は金曜日なのでがんがん飲んでいます。

https://www.youtube.com/watch?v=Tgv2TDSnTXA

 

AD

定年女子

テーマ:

衛星放送でやっている「定年女子」というドラマを見ています。
割におもしろいです。
年齢設定が53歳で、私と近いからかもしれません。
この年齢の女性は、確か男女雇用機会均等法の第一世代じゃないかな。

朝、通勤途中で、自転車の前と後ろに子供を乗せて通勤するお父さんらしき男性を見ました。
たぶん、子供たちを保育園に連れて行く途中なのでしょう。
最近、子供を連れて通勤する父親の姿をよく見るようになりました。

私も子供が小さいときは保育園に迎えに行っていました。
でも、その頃はそういう父親は数が少なかったです。

会社に「今日は子供を迎えに行くので、早く帰ります。」と言っても理解してもらえませんでした。
おかげで人事評価は最低でした。

時代は変わったんだな、と思います。

 

94歳の現役パイロット、高橋淳さんがテレビに出ていました。
かっこいいです。
太平洋戦争で、敵の飛行機や戦艦を数多く、撃墜、撃沈させた空の勇者です。
いくつもなっても前に進もうという気概がすばらしいです。
「100歳になって空を飛べたら楽しいだろうな。」と言っていました。

上手に飛行機を操縦するためには 酒の席で先輩の話を聞くことが大切だそうです。
やっぱり飲み会って必要なんですね。

 

アフリカに住む「トピ」とかいう動物の生態をテレビで紹介していました。
 他の動物の群れに居候するらしいです。
オスとメスとが出会う機会が少ないので、年に一度、お見合いパーティを催すそうです。
そのパーティの様子が結構、おもしろかったです。
オスはメスの前で全力疾走して、自分の身体能力の高さをアピールします。
メスはそれを見ながら、値踏みします。
そして身体能力が最も高く、立派な角を持つオスと交わろうとします。
 選ばれたオスは8割以上のメスと交尾ができるそうです。
 負けたオスはハイエナの餌食になります。

オスは子孫を残すためには戦い続けないといけないそうです。
 厳しい自然の掟です。
 人間に生まれて良かったです。

録画していた「ボールルームへようこそ」というアニメを見ました。
中学生がダンス教室で社交ダンスを習う、という設定がかなり不自然でしたが、外国では珍しくないのかもしれません。

 

ウィーンで、シャンデリアのデザインを仕事にしている日本人女性を紹介していました。
シャンデリアって、ウィーンが発祥の地だそうです。
また、そのろうそくを電球に変えたのもこの地が初めてらしいです。
五つ星ホテルの「ホテル・ザッハー」のシャンデリアを現在、製作中だそうです。
(ここが、お菓子の「ザッハ・トルテ」の発祥地らしい。)

映像の中に、舞踏会の様子がありました。
仮面をつけている男女が踊っていました。
仮面舞踏会って、女帝、マリアテレジアが18世紀に禁止したはずなんですけどね。
理由は、顔を見えないことを利用して、わいせつ行為に及ぶ男女が多かったからです。
禁止されて欲求不満になったウィーン市民が発明したのが、ワルツだそうです。
抱き合って踊るので、それなりに快感を味わえたのです。

今は舞踏会でエッチをするカップルはいないと思いますが、顔が見えない、というのは開放感があるんでしょうね。

 

卒父宣言

テーマ:

女性漫画家が「卒母宣言」というのをやったそうです。
その女性の娘は16歳だそうです。
私の子供と同い年です。
相変わらず、学校に行かずに自宅に引きこもっています。
言いたいことはあるけれど、私も「卒父宣言」しようと思います。
「もう子育ては終わり。あとは勝手に生きてね。」って感じです。

話は変わって。

先日の競技会で、帰る前にC級の第一次予選をちょっとだけ見ました。
実力のばらつきがものすごく大きいように思えました。
人のことは全く言えないのですが、「このカップルがC級?」って感じの組がいくつかありました。

私がダンスを始めた頃は、C級ってかなり上手だったような気がするんですが。
今は、インフレ状態になっていて、こちらでは、石を投げればC級に当たります。
ほとんど価値がない、と言っていいです。
なんか対策を立てたほうがいいと思うんですけどね。
「まずはC級に上がってから言え。」という声が聞こえてきます。
はいはい、その通りですね。

以前、こんな日記を書きました。

 

http://ameblo.jp/ballroomdance/entry-12244760757.html

 

 

オヤジの小言

テーマ:

パーティで、男性が女性に教えている場面をよく見ます。
それが楽しみでパーティに参加している男性もいます。
「あなたが何を教えることができるのか?」と不思議ですが、本人は満足しているみたいです。
「教え魔」さんと言われる人たちですが、社交ダンス界に限らないそうです。
ゴルフでもボーリングでも、いろんな世界にいらっしゃるらしいです。
基本的に男って女に教えて、自尊心を維持できる生き物かもしれません。

テレビの天気予報で、「親父の小言と小ぬか雨は後で効く」という言葉を紹介していました。

私も子供に小言を言うので嫌われています。

でも、それは子供の幸福のために言っているんですけどね。
私が死んだ後にでもわかってくれればいいのですが。

この言葉を紹介した女性の気象予報士の父親は私の勤める会社のOBです。
彼女もいろいろ小言を言われたのかもしれません。

 

少し前に、朝の連ドラで、青年団の話が出ていました。
あの時代、中学、高校を卒業すると若い男女は青年団に入ったそうです。
私も高校を卒業して、地元のそれに入りました。
おもしろかったです。
昔は、そこで、男女の付き合い方、夜這いの仕方を教えてくれたそうです。
さすがに今はそういうことはないですが、私は社交ダンスを教えてもらいました。
こんな楽しいレクレーションがあるんだ、と知りました。
青年団を通じて結婚したカップルも多いです。
それなりに存在価値があったんでしょう。

話は変わって。

仮想通貨、ビットコインの価格がどんどん上昇しているようです。
少し前まで中国人が取引の主体でしたが、最近は日本人も取引に参加しているらしいです。
今のうちに買っておけば、大もうけできるのかもしれません。

ただ、実体のない、まさにバーチャルな通貨なので、怖いです。
まず、大規模な停電があったら使えなくなるはずです。
また、ハッカーにより攻撃を受けたら、知らないうちになくなっていた、ということがあるかもしれません。
「ブロックチェーン」という信頼できるしくみらしいですが、どこまで安全性が保たれるのか素人ににはよくわかりません。

最近、北朝鮮が先進国の銀行のシステムを破壊して、お金を奪っているそうです。
彼らも必死でしょうから、仮想通貨を奪うこともいつかできるんじゃないでしょうか

今日は金曜日なので大いに飲んでいます。