同窓会の出会いと書店開業

テーマ:

今日は米子で競技会があるそうです。
昨日のパーティでは何組かの競技ダンサーが来て練習していました。
その中にA級のカップルがいました。
やっぱりとっても上手でした。
こちらでは、C級までは努力でどうにか上がれるものの、B級以上は本当の実力がないと上げてくれないみたいです。

話は変わって

帰省のついでに、友人が開業した書店を見に行ってきました。
「けやき通り」という市内の中心部から少しはずれた閑静な一角にありました。
残念ながら、11時開店だそうで、私は10時に行ったので、中には入れませんでしたが、外から見ることはできました。

なかなかしゃれた内装でした。
というのも、奥さんがインテリアデザイナーだからです。
彼女も私と同級生で高校一年生の時は隣同士の席でした。

今から20年くらい前に、同窓会で集まったとき、二人はまだ独身でした。
そこで、周囲にいた私たちが、「結婚しろよ。」とほろ酔い気分ではやしたてたら、本当に結婚しました。

現在、日本では、個人で新刊書店を開業する人はほとんどいないそうです。
書店経営者からも、「儲からないから、やめとけ。」と説得されたそうです。

それでも勇気を出して開業した友人は偉いです
彼が書いた「ローカルブックストアである」という本によれば、作家を招いてトークイベントを開いたりして、結構、繁盛しているらしいです。

 

AD