即日昇級通知書

即日昇級通知書というのが送られてきました。


内容は
「昇級させてやったんだから、すぐに登録料を払え。そして、今年中に、再度、競技会に出て、参加費を払え。」です。
ありがたいけれど、ちょっと鼻白む感じです。
まあ、でも喜ぶべきなんでしょう。

F級の即日昇級規定を見ました。
(昇級規定はありません。)

「アマチュアEF級混合戦において、初回ラウンドを突破すること。もしくはEF級混合戦において、決勝入賞すること」と書いてあります。
つまり、一次予選を勝つか、決勝戦に進むか、ってことです。
どうも、一回戦を負けても、決勝に進むカップルがいる、と仮定しているようなのです。
普通に考えると、ありえないです。
どうなっているんでしょう。

AD

昨日は、サークルでした。
包帯を巻いた足を見せたら、みんな驚いていました。
「酒飲んで、転んだ。」と言ったら、あきれていました。

結局、競技会に参加したことは言いませんでした。
意外に奥ゆかしいのです。
さすがに、痛くてあまり踊れませんでした。

成績表を見ると、どの審判が自分にチェックを入れてくれたかよくわかります。
ある審判は、一次予選から、準決勝までずっとチェックしてくれていました。
踊りを気にいってもらえたのでしょうか?
逆にあんまり入れてくれなかった審判もいます。

個人の好みなんですかね。
好みで、評価されたら、ちょっと困るような気もします。
何か統一された評価基準はあるんでしょうか。

それはともかくとして、会場となった五月山体育館、とってもアクセスが不便です。
もっと新幹線の駅に近いところでやってくれると助かるんですけど。

話は変わって。

米国の住宅市場では、高値が続いていて、リーマンショック前とほぼ同じになったそうです。
バブル状態なのかもしれません。
でも、値を下げるのは難しいそうです。
「音楽が鳴っている間は、ダンスはやめられない。」から、らしいです
時々、投資の世界に、ダンスの話が出てくるんでおもしろいです。

AD