長期投資を標榜するS投信の教祖様によれば、
近いうちに債券市場から株式市場へ、膨大な量の資金が流れ込み、株価は急騰するらしいです。
今、比較的安い時に買っておけば、将来大儲けできる、ということです。

可能性はあるかと思いますが、私はちょっと疑問です。
債券から逃げ出した資金は株式にはいかないと思います。

想定外の黒田バズーカ砲で、株式市場は活況を呈しています。
今週もかなり株価は上がるでしょう。

ただ、遠くない将来、リーマンショックを超える大暴落が来る、という不吉な噂もあります。
実体経済がちっとも良くないからです。
バルチック指数は過去最低に落ち込み、輸送船が全く動いていないらしいです。

しょせん噂ですから、話半分ですが、もし、本当に来たらチャンスとなります。
空売りすれば、大儲けできるわけです。
信用取引になりますから、別途口座を開設し、証拠金を積む必要があります。
めんどくさいと思う人には、「日経インバース指数ETF」(1571と1357)という便利なETFがあります。
このETFは1日あたりの日経平均株価の変動率のマイナス1倍もしくはマイナス2倍の値動きを目指します。
たとえば日経平均が5%下がれば、ETFは5%上昇するというイメージです。

十分に高値に到達したな、と思ったときに、これを買えば、下がった時に良いリターンが得られずはずです。
宝くじを買うよりも勝てる確率は高いかもしれません。
投資は自己責任でどうぞ。
AD
昨日のパーティではダンスが縁で結婚した、70代男性と60代女性が仲好く踊っていました。
見ていて、なんとなく温かい気分になりました。

最近、超高齢婚するカップルが増えているそうです。
配偶者をなくしたり、別れたりした後も、異性のパートナーが欲しい人が多いのです。
婚姻届けを出さない事実婚が多いそうですが、トラブルも発生しているらしいです。
どうも、今の民法が高齢社会に適応していないからです。

「超高齢社会の法律、何が問題なのか」という本を読みました。
たいへんためになりました。
安楽死や遺産相続、年金など、高齢者に関するトラブルのほとんどは、現行の法律を変えることで解決できるそうです。
米国ではそのようにして高齢者が暮らしやすいようにしています。
それをしないのは、法律家の怠慢なんだそうです。

特に心に残ったのは、これからの時代は、「知縁や趣味縁を大切にすべきだ。」という主張です。
定年退職して、会社縁を離れ、住んでいる場所の地縁に入っていこうと思っても、現実的には難しいです。
それよりも、自分の趣味や知的好奇心で人とつながる方が楽なんだそうです。

成功例として、クラブツーリズムの「趣味を共にする人たちの旅行」を挙げています。
社交ダンスのファンの中にも一緒に踊りを楽しむツアーを楽しんでいる人がいるみたいです。
AD

力士の結婚披露宴

テーマ:
大相撲初場所で初優勝した大関・琴奨菊と奥さんである、祐未さんがキスする写真、何度見てもいいです。
今日は二人の結婚披露宴だったんですね。
結婚したい、と思った独身者も多いんじゃないでしょうか。
男女が仲良くしているとなんとなくうれしくなります。

話は変わって。

今日は地域のダンスホールに呼ばれて、パーティに参加しました。

始めて社交ダンスを踊る、と言う女性が4人いました。

ブルース、マンボ、ジルバを踊ったら、「ダンスは楽しい。」と言っていました。

異性と踊ると、幸せになれるような気がします。
AD

ビール会社が赤字

テーマ:
ダンス教師が主催するダンスパーティが開かれるので、参加してみようかな、と思います。
あんまり上手じゃない教師ですが、人当たりがいいので、人気はあるようです。

日本経済新聞から7日間無料券というのが送られてきました。
新聞社はどこも購読者が減っていて、経営が苦しいみたいです。
朝日新聞なんか、給料の大幅カットだそうです。

新聞が売れない大きな理由の一つは、真実を伝えようとしないからです。
特にアベノミクスが始まってその傾向が強いです。
どの新聞も、経済政策を批判するような記事を書きません。
日本経済新聞の煽り記事に騙されて、損した人が多いんじゃないでしょうか。

「うそだらけの経済報道」という本を読みました。
実際は不景気なのに、国民はそれを知らされていません。

キリンビールが創業以来の赤字に転落するそうです。
麻薬みたいな製品を売って、どうやったら赤字になるのか不思議ですが、ブラジルの子会社が大損したらしいです。
世界は不景気なんですね。
噂によると、2015年6月24日に付けた日経平均20868円が、アベノミクス相場の最高値になる可能性があるそうです。
もし、それが本当なら、今回も1989年の最高値39000円台を超えることはできないことになります。
残念なことです。

10年ほど前、あるファンドマネージャーに、
「日本株はバブルの頃の最高値を超えることがありますか?」と尋ねたことがあります。
「当然です。近いうちに絶対に超えます。」という答えでした。
でも、なかなか難しそうです。

甘利大臣も辞任するらしいです。
なんとなく安倍政権も風前の灯火です。
エール大学名誉教授、浜田宏一氏によると、「アベノミクスで大損する可能性があることを国民に説明すべき、と以前から言っていた。」そうです。
「そんなこと、聞いてないよ~!」って感じです。
ブラックな証券会社のせりふみたいです。
旗色が悪くなってくると、いろいろ言い訳をして逃げていく人が多いです。

今回の急激な株価下落で少なくない人が含み損を抱えており、塩漬けする意向らしいです。
持っておけば、また、いつか上がるだろう、という期待があるみたいです。
でも、次回の株価上昇はかなり先になりそうな予感がします。
次の「何とかミクス」が早く出るといいのですが。
お孫さんやその次の世代に売ってもらうはめになるかもしれません。
配当があるので、それも悪くないでしょう。

塩漬けしている間に、カブは熟成して良い風味になるかもしれません。

セーラー服とバズーカ砲

テーマ:

明日、黒田日銀総裁が、追加緩和するかどうかを発表するそうです。
黒田バズーカ砲がまた火を噴くかもしれません。
すると株価が大幅上昇するでしょう。
もし、それでも株価があまり上がらなかったら、東京株式市場は終わりだと思います。
たぶん、それがわかっているので慎重になるでしょうね。

金(ゴールド)の価格が少しずつ上昇しています。
価格が安いために、中国人が爆買いしているらしいです。
でも、売る人があまりいません。
この価格では売りたくないのです。
需要と供給で、値段が決まっていない、ということです。
無理して風船を風呂場の湯の中に沈めている状態と言えば、わかりやすいです。
いつか高騰する可能性があるらしいです。
騙されたつもりで少し買うのも悪くないかも、です。

「セーラー服と機関銃」です。
よく締まるひろ子さん、じゃなくて、薬師丸ひろ子さんが主演しました。

「セーラー服とバズーカ砲」はアダルトビデオのタイトルでした。



https://www.youtube.com/watch?v=Wgw1A-P_8zM

地獄の沙汰も金しだい

テーマ:

東日本大震災の後、タクシーに乗った幽霊をテーマにした論文を学生が書いた、と話題になっていました。
以前から、幽霊が出る、という噂がありましたが、幻覚だろう、と思っていました。
しかし、論文になると真実味が増します。
タクシーの場合、人を乗せたら、証拠が残りますからね。

幽霊って本当にいるのかな、と改めて考えています。
死後の世界が本当にあるのなら、人生の前提が変わってきます。

話は変わって。

世界の株式市場は原油価格に振り回されているようです。
今朝は上がっているようなので、株価も上がるでしょう。

ところで、金(ゴールド)価格も少しずつ上がっています。
株式投資の失敗に懲りた中国人が爆買いしているらしいです。
今は1グラム1100ドルくらいですが、1400ドルくらいまで上がるかもしれない、という希望的な予測もあります。
先日金貨を買いに行くと、品切れ、と言われました。
現物は圧倒的に少なくて、今の金価格は実需を反映していないらしいです。
つまり実際はもう少し高いはず、だそうです。

テレビで金の自動販売機を紹介していました。
東京駅の八重洲口にあるそうです。
アブダビ大学の構内にもあるらしいです。

ところで、三途の川を渡る時に、お金が必要なんだそうです。
お金なかったら、渡れないから、あの世に行けないんですね。

貧乏人は死んでもつらいです。


また、地獄の沙汰も金次第、と言います。
あの世にお金を持って行けない、と言いますが、持って行くべきなのでしょう。
ゴールドがお勧め、かもです。

今日は久しぶりに雪が積もりました。
遠方の山々が銀世界で美しかったです。
久しぶりにスキーに行きたくなりました。

話は変わって。

今週は、株価ががんがん上がって楽観的な雰囲気になるのかな~と思っていましたが、なんとなく暗雲が立ち込めているようです。
楽観的で知られるプロ中のプロも株価の動きに脅えているらしいです。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1D6FT6S972A01.html


明日、持っている株式をすべて売却することにしました。
今のところ、含み益が出ているので、悪くないかな、って感じです。

「ドルの崩壊と資産の運用」という本を読んでいます。
少し古い本ですが、結構、参考になります。
中央銀行が発行する紙幣の信頼が揺らいでいるそうです。
つまり、お札が紙切れになる、という可能性がある、ということです。
実際にその通りになってきたみたいです。

http://jp.reuters.com/article/cbk-forex-idJPKCN0V30D5


少しずつ金(ゴールド)の価格が上がってきているようです。
紙幣が信じられなくなれば、金の人気が出てくるのです。

しょせん、、紙切れですからね。


株式を売ったお金で、少し金貨を買い足そうかな~と思案中です。
投資は博打です。

こちらも強い寒波が襲い、さすがにパーティへの参加者は少なかったです。
早く温まろうと久しぶりにジャイブを踊りました。
息が上がって、とってもきつかったです。
自分の年を感じました。

以前、ラテンアメリカン部門で競技会に出ていた同世代の女性と踊りました。
今は、スタンダードに、はまっているそうです。
「もうラテンはどうでもいい。」らしいです。
年取ったらきつい踊りは敬遠したくなるみたいです

SMAPの騒動がありましたが、彼らの歌にはダンスの振り付けがつきます。
曲によっては、とてもきついのがあるそうです。
もっと体力を使わない振り付けに変えたいのですが、ファンが許さないらしいです。

富裕層に属する女性と踊りながら、「株談義」に花を咲かせました。
年初からの株価下落で約700万円を損したそうです。
どうすべきか、と問われたんで、
「今週の株価は上がる。金曜日までに売ると良い。」といい加減なアドバイスをしました。
どうなることやら、です。

昨日、1月24日は「ゴールドラッシュの日」だったそうです。
1848年のこの日、アメリカ・カリフォルニアの製材所で働くジェームズ・マーシャルが、川底に金の粒を発見した、らしいです。
菱刈鉱山をテレビで紹介していました。


https://www.youtube.com/watch?v=uIkEuBs1rjY

子供たちの未来を考える

テーマ:

「マイナス金利 ~ハイパーインフレよりも怖い日本経済の末路」という本を読みました。
著者は経済アナリストとして証券会社に勤める私と同世代の女性です。
証券会社の人って、みんな利益の追求しか考えない強欲な人ばかりだと思っていたのですが、そうじゃないんですね。

経済成長するために、無理な借金をすることはやめて、国民に将来への安心感を与えた方がいいのではないか、と言う主張です。
アベノミクスは太平洋戦争を始めた当時の日本に似ているそうです。
いくら環境を整えても、出生率が上がらないのは、「不安な未来に子供を送り出して良いのだろうか。」と親となる世代が躊躇しているから、らしいです。

米国の先住民であるイロコイ族の教えは、「どんなことも7世代先まで考えて決めなければならない。」だそうです。
最近の日本政府は、次世代以降のことを考えていないように思われます。
困ったものです。