不幸せなら踊ろう

テーマ:

世界が認める美形女優の石原さとみさんが主演する、「アフリカへの旅」という番組を見ました。
内戦の続いた国で映画のロケをやったそうです。

反政府軍に拉致されて少年兵として育てられた若者を更生する施設を訪ねていました。
20代後半の石原さんと同世代の元少女兵もいました。
15歳で連れ去られ、兵士として戦うと同時に、少年兵たちの慰安の相手もしたそうです。
3人の子供を生みましたが、戦争で死んだり、生き別れたりしたらしいです。
これ以上ないくらいの不幸せな人生です。
更生施設に来ても、笑ったことがない、と言っていました。

でも、厚生施設の若者たちが踊る場面が最後にあって、彼女はためらいながらも踊りの輪に入りました。
踊っているうちに彼女の顔に笑いが浮かびました。
やらせ、なのかもしれませんが、見ている方もうれしくなりました。

そういえば、以前、南米に住む未開の原住民を取り上げた番組があって、その中で2歳くらいの子供が病気で死ぬ場面がありました。
みんなが悲しんでいる中、男たちがとてもユーモラスなダンスを踊り始めました。
全く空気を読まないパフォーマンスでしたが、それを見た女たちは、涙をぬぐって笑い出しました。

昔は、乳幼児の死亡率がたいへん高かったそうで、子供を亡くした親は悲嘆にくれたと思います。
子供に限らず、身近な人が病気や事故で死ぬことも多かったでしょう。
今以上に、不幸が社会に満ち溢れていたと思います。
その悲しみを克服するために、人は踊ったのではないか、と思っています。
泣きながら踊るってできませんからね。

笑いは人を幸せな気分にします。
漫才やコント、落語など笑わせるための芸はいろいろあります。
でも、踊ること、ダンスは最も簡単な方法じゃないかな、と思います。
リズムを体で刻んでいると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるそうです。
世界中でうつ病が増えているのは、現代人がリズムから遠ざかっているから、と聞いたことがあります。
日本で自殺者が多いのもそのせいかもしれません。

「幸せなら手をたたこう。」という歌がありますが、「不幸せなら踊ろう。」です。


https://www.youtube.com/watch?v=-5VwPG79tc4

今年も今日で終わりです。
良いお年をお迎えください。

AD
若い頃は、年の初めに「今年の目標」を立てていました。
目標を持って生きるべし、と誰かに教わったのでしょう。
前進あるのみ、って感じですかね。
ここ20年以上、そんなことはやらなくなりました。

「103歳になってわかったこと」という本の中に、
「何か目標を立てると、それに向かってやみくもに一生懸命になってしまう。
 そうすると、ほかが見えなくなる。私はほかにすごくいいものがあっても、目標のために見逃してしまうのが嫌である。」
という文章がありました。
私も同感です。
人生を楽しむことができなくなるのです。

昨日、テレビで、登山を趣味にしている、「山ガール」のことを紹介していました。
その中で、「男性の登山家は達成感を得ようとするが、女性は自分なりのリズムを楽しもうとする。」と言っていました。
なるほどねえ~って思いました。
ひたすら頂上を目指すのもいいですが、道草を食いながらぼちぼち登るのも楽しいのでしょう。

私としては山に登るよりは、リズムに合わせて踊る方が好きです。
(若い頃は登山愛好クラブに入っていました。)

「バレエボーイズ」という番組をやっていました。
ノルウェーのバレエスクールでがんばる少年たちの話です。
「目的はバレエだが、女子といると楽しい。」のだそうです。

「ダンサー」と言えば、一般的に「バレエダンサー」のことを言うみたいですが、実際、その通りだな、と思いました。
身体の鍛え方が半端じゃないです。
単なる「女好き」では、耐えられないです。
あれくらい熱心にやらないと人を魅了する踊りはできないのでしょう。
自分のことを「ダンサー」と言うのはあまりにおこがましいことに気づきました。
AD

鹿鳴館のドラクラ

テーマ:

「鹿鳴館のドラクラ」という本を読みました。
小説はほとんど読まないんですが、趣味で社交ダンスをやっているので、興味を引きました。

鹿鳴館は、明治の始め、西欧諸国との不平等条約を改正するために建てられた社交場です。
この鹿鳴館を舞台にした小説は私が知っている限り、ほとんどないです。

ラブストーリーで、結構、おもしろかったです。
社交ダンスファンや歴史ファンにはそれなりに楽しめると思います。
時代考証がしっかりしています。
正月休みを利用して読むと暇つぶしになるでしょう。

確か、東京で最初に電灯がともされたのは、鹿鳴館だと聞きました。
毎晩、舞踏会が催されたそうです。
どうも招待客は無料で参加して、飲み食いできたみたいです。
税金で運営したのでしょうね。

「花燃ゆ」の最終回です。
あんまりダンスの上手な人はいなかったみたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Zd6lfo-0DOY

AD

踊り納めと良寛さま

テーマ:

昨日が踊り納めでした。
今年もよく踊りました。
おかげで楽しい時間を過ごすことができました。
来年はもう少し上手になりたいと思います。

愛情ホルモンとか絆ホルモンと呼ばれるオキシトシンは、脳の若返りに効果があるそうです。
オキシトシンはスキンシップすることで分泌されます。
したがって誰かと抱き合ったり、ハグしたりすれば、若返りの効果があります。
社交ダンスファンが若く見えるのはそれが理由なのでしょう。

こんな「お悩み相談」がありました。
「最近、若い女性から手を握られました!(コンビニ等でお釣りをもらうとき!)ドキドキが止まりません!!! 目が覚めました。教育の一環かもしれませんが・・・良いことです。」


テレビで「良寛」の特集をやっていました。
なかなかおもしろかったです。
「いつも子供と遊んでいるお坊さん」というイメージしかなかったのですが、深い哲学の持ち主だったみたいです。
死ぬ瞬間に「良い人生だった。」と思えることが理想だそうです。

パートナーを罵倒しまくたっために、カップルを解消された男性競技ダンサーがパーティで盛んに相手を探しているようです。
私の知り合いも声をかけられました。
「旦那さんの許しをもらって、一緒に競技会に出ませんか?」と誘われたそうです。
「どう思う?」と聞かれたので、「絶対にやめた方がいい。」と答えました。
罵倒されながら、競技会に出ても楽しくないですからね。
怒って切れやすい男性は、ダンスのパートナーに向いていないと思います。

最近買ったディズニー音楽のCDの中に「It's A Small World 」があります。

https://www.youtube.com/watch?v=nxvlKp-76io


どういうわけか、この音楽、すごく懐かしいのです。
眠る途中でうとうとしながら、思い出しました。
まだ20代前半の頃、この曲で踊ったのです。
確か、文化祭の出し物か何かで、みんなで練習しました。
きっと楽しい経験だったのでしょう。

寝たきりになった高齢者は、傍から見るほど不幸じゃない、という話を聞きました。
若い頃に経験した楽しい思い出を頭の中で反芻しているらしいです。
私もいつか動けなくなって寝たきりになったら、誰かと踊った経験を思い出して楽しもうと思います。

今日のパーティで、サークルを指導している女性から「あなたはホールドがいい。」と褒められました。
今まで、ホールドをけなされたことはあっても、褒められたことはありません。
ちょっとうれしかったです。
やっぱり何でも努力ですね。
音楽の先生と踊りながら、「6拍子と5拍子は踊るのが難しい。」という話になりました。
「きよしこの夜」は6拍子で、ブルースでもワルツでも踊れるそうです。
5拍子は「テイク5」と「スパイ大作戦」のテーマが有名みたいです。

こちらが、スパイ大作戦です。

https://www.youtube.com/watch?v=M3FyHUbGu9M


話は変わって。

昨日、テレビで、来年の景気に関して、熊谷と水野のという二人のエコノミストが議論していました。
株価に関しては、熊谷が楽観論、水野が悲観論の立場でした。
割に面白かったです。

相場の世界には楽観主義者と悲観主義者がいます。
この両方がいないと取引が成り立ちません。

1980年代、ブラックマンデーというイベントがあって、翌日の新聞の株式欄は衝撃的でした。
みんなが悲観的になって、どの会社の株式も値がつかなかったのです。

あの時、勇気を出して買った人は相当儲かったはずです。
みんなが悲観論の時に買い、楽観論の時に売るのが株式投資の秘訣なのでしょう。
ある人は、「みんなが株価を見るのも嫌になった時に、買え。」とアドバイスしています。

私個人としては、来年の景気と株価に関しては、どちらかというと悲観的です。
有価証券を持っているなら、できるだけ早めに売って現金として、手元に置いた方がいいかな~と思っています。
まあ、しょせん、投資は博打なんでしょう。

モノがあふれる社会

テーマ:
社交ダンスを趣味にしている男性で、ひげを伸ばしている人はあまりいないように思います。
どうしてかな~と思います。
ひげの伸ばし方にもよるのでしょうが、なんとなく野蛮な感じがするからではないでしょうか。
ワイルドな感じのする男性は、社交ダンス界の女性にはあまり好かれないような気がします。
どちらかというと、紳士的で洗練された雰囲気の男性が人気があるようです。
(私はだめですな。)
そういえば、どっかのイスラムの国で、男性はひげを剃ることを禁じる法律がありました。

話は変わって。

現代はモノがあふれる社会です。
私たちは、その状態に慣れているので、モノのありがたみをあまり意識しません。

東日本大震災が起きたとき、物流が滞って、関東以北が極端な物資不足になりました。
あの時、「モノがない状態」がどれだけたいへんなのか、こちら西日本でも実感しました。

「人類を変えた素晴らしき10の材料」という本を読んでいます。
とっても興味深いです。

鋼鉄、紙、ガラス、チョコレートなど、その材料の歴史、特徴などが詳しく書かれています。
目から鱗がどんどん落ちます。

その中の鋼鉄の話です。

鋼鉄は私たちの生活に大きく貢献しています。
現代において、鋼(はがね)のない生活は考えられません。

西暦100年ころ、スコットランドで、ローマ軍と原住民であるケルト族が戦ったことがあるそうです。
ローマ軍の兵士はひげをきれいに剃って戦いに臨み、野蛮な部族との違いを明確にしたらしいです。
古代ローマには鋼鉄でできたひげ剃り「ノワキリ」があったのです。

ちなみに工業的に鋼鉄が作られる20世紀になるまで、世界最高の刃物は「日本刀」だったそうです。
先日のパーティの主催者に、
「たくさんチケットが売れたので、儲かったでしょ?」と尋ねたら、「ほとんど儲けはなかった。」そうです。

彼が習っているダンス教師が「俺も参加したい。デモをさせてくれ。」と言ったので無視するわけにもいかず、デモの時間を与えたのです。
その謝礼や花束の購入でかなり出費がかさんだのだそうです。
はっきり言って、見るに堪えない踊りで、社交ダンスのイメージが壊れそうでした。

その上、数人のリボンさんを招待しました。
当然、彼らは無料で参加します。
人のことは言えないのですが、あんまり上手じゃない男性です。
それだけならまだ許せるのですが、彼らは、自分の好みの女性としか踊らないのです。
相手にされなかった女性からは非難ごうごうらしいです。
ただで参加して、好みの女性としか踊らないなら、リボンとして存在価値がないです。

話は変わって

一人当たりGDPが世界第20位になったそうです。
1970年代と同じらしいです。
景気がいい頃は、3位まで上がったことがあるそうです。
円安のせいで、日本人は貧乏になったんですね。

仕事納め

テーマ:
昨日は仕事納めでした。
いつも文句ばっかり言っているけれど、仕事がある、ことは幸せなのでしょう。

今年は、管理職に占める女性の割合が少ない、というのが問題になりました。
しかし、週に49時間以上働いているという要因で調整すると、日本企業の男女格差はほぼ解消するのだそうです。
つまり女性でも長時間働けば管理職になれるのです。
そういえば、うちの女性課長さんも、残業が多かったです。

日本経済の最大の問題は、労働生産性が低いことだそうです。
先進国の中では最下位です。
わかりやすく言うと、「仕事がのろい。」のです。

なぜ、これほど生産性が低いのか、いろいろ理由があるでしょうが、私はその一つの理由として
日本人の多くが、職場以外のコミュニティに属していない、ということがあると思います。

既婚男性は、家庭のことは妻に任せている人が少なくないです。
家族と一緒に夕食をとらない人も増えているそうです。
地域のコミュニティに属している人は都会ではあまりいません。

そうなると、早く帰る理由がなくなります。
ある大手企業の人事部長が「早く帰宅したら何をしたらよいのか。」と尋ねたそうです。
やることがないなら、ゆっくり仕事して会社に遅くまでいた方がいいです。
残業代も稼げます。
というわけで、日本人の仕事は外国人に比べてのろくなるのだと思います。

ちなみに労働者の中で最も労働生産性が高いのは、子供を保育園に預けている母親だそうです。
午後6時くらいまでに子供を迎えに行かねばらないので、短時間に集中して仕事するからです。
でも、彼女たちが管理職になるのは難しいです。

ディズニーの音楽

テーマ:

日曜日の「題名のない音楽会」でディズニーの映画音楽を取り上げていました。
クラシックが基本になっているんですね。

「ウィ ラブ ディズニー」というCDを買いました。
どちらかというと大人向けです。
子供は、イメージが違うと思うんじゃないかな。
「アナと雪の女王」の主題歌はデュエットで歌っています。

社交ダンスのパーティでよくかかるのは、「アラジン」の主題歌です。
ルンバで踊ります。
このCDの中では、ハワイアン風に歌われています。
それもまたいいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ofhg3H8YO4Y


今日で仕事納めです。
会社から取引先のカレンダーをもらってきました。
素敵な風景写真なんですが、よく見たら2012年用でした。
どうして3年前のカレンダーがあるのか不思議です。