テレビで長期滞在と移住先としてのマレーシアを紹介していました。
マレーシアは日本人にロングステイ先として8年間、人気ナンバーワンなんだそうです。
視察ツアーが盛んらしいです。

結構、安く移住ができると言っていました。
50歳以上なら、1155万円以上の財産証明と月に33万円以上の収入証明があれば10年間の滞在ビザをくれるそうです。
(あんまり安くもないかな。これから円安でもっと高くなるでしょう。)
ペナンで、家賃65000円です。

投資家のジム・ロジャーズは、
「12歳以上の日本人は海外に脱出したほうがいい。」と言っています。
(正月の討論会では、10歳未満、と言っていたような気がしますけど。)
海外脱出を勧める理由は、これから日本はアベノミクスで、悲惨な状況になるからだそうです。

「12歳以上だったら、即刻、日本から移住を考えた方がいいと思います。
日本の株式マーケットを見ていると、いずれバブルが発生する懸念があると思います。
日本の投資家の皆さんには、慎重な判断が必要になります。
もしバブルが発生したら、日本を完全に崩壊させてしまう危険性すらあると思うのです。」 
だそうです。

彼は、北朝鮮への移住を勧めています。

かの地なら物価は安そうです。
私でも移住できるかもしれません。
ただ、快適かどうかは別問題です。

ところで、欧米人では、よく「12歳」、という言葉が出てきます。
終戦後、マッカーサーも「日本人は12歳だ。」と言いました。

理由は13歳以上はティーンエイジャーで、一応、子供を卒業したとみなされるからです。


http://www.msn.com/ja-jp/money/news/12%e6%ad%b3%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%92%e8%84%b1%e5%87%ba%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%8d%e7%90%86%e7%94%b1-%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e6%8a%95%e8%b3%87%e5%ae%b6%e3%81%8c%e6%87%b8%e5%bf%b5%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bd%a2%e6%9c%80%e6%82%aa%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%aa%ef%bd%a3/ar-BBi0jDa#page=2

AD

上がる株価と少子化の原因

テーマ:

米国も日本も株価がどんどん上がっています。
どこまで上がるんでしょうか。

米国では50年前、GDPに占める金融産業の比率は4%に過ぎませんでした。
これが2010年に20%になっています。
世界の株式時価総額は1990年には9.4兆ドルでしたが、2010年には56.2兆ドルと約6倍になっています。その間、世界のGDPは、2.8倍にしか増えていません。
要するに、実体経済に比べて、株価の伸びが大きすぎるのです。
穏やかなバブルと言ってもいい状態です。

金融業って、突き詰めると、お金を右から左に動かすだけの産業だと思います。
経済を支えるような力はないんじゃないでしょうか。
いずれ、バブルははじけるでしょう。
その兆候が見えたら、早めに逃げた方がいいと思います。

話は変わって。

昔、女性の友人がいたのですが、その人が初めて知り合った男性とまぐわったら、一発で妊娠しました。
彼女によると、「ものすごく強かった。(絶倫)」のだそうです。

世の中には簡単に女性を妊娠させることができる男性がたまにいます。
たぶん、精子の量とか運動量が優れているのでしょう。

全体的に日本人男性の精子の数が減っているそうです。
今の精子数の平均は昔なら、不妊治療の対象になった数らしいです。

これが少子化の本当の原因かもしれません。

ビッグダディの秘密がわかったそうです。


http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20150225-805331/1.htm

AD

先日、テレビでロボットの特集をやっていました。
最近のロボットはすごいです。
人間のやることはだいたいできます。
積水化学の工場なんか、97%はロボットが働いているそうです。

人間のやることがどんどん減っていきます。
理論的思考力は、既に人工知能の方が優れているそうです。
将来は人間が就職することが難しくなるでしょう。

人間にできて、ロボットとか人工知能にできないことって何かな~、と最近考えています。
知能には二種類あるそうです。
論理的な知能と、運動の知能です。
たぶん、これからは論理的知能に関しては機械に勝てないでしょう。
過去の経験やデータから、次に打つ手を考えることは機械が得意です。
だから、チェスや将棋でも、コンピュータに負けています。
私は、人間が勝てるのは、運動の知能だと思います。

数年前、ある大学が社交ダンスロボットを開発していました。
普及していないところを見ると、使い物にならないのでしょう。

ダンスを踊るロボットは存在しますが、人間の動きにはかないません。
ロボットは決められた動きを繰り返すだけです。

ましてや、社交ダンスを踊ることは、ロボットにはかなり難しいんじゃないでしょうか。
音楽でリズムを刻みながら、相手をリードし、フォローするって、とっても高度な技術です。
一言でいうと、「理屈じゃない。」世界です。

ロボットや人工知能にできなくて、人間にしかできないことは、ダンス、特に社交ダンスじゃないかな、と思います。


https://www.youtube.com/watch?v=y2rUSFrsxd0

AD

ワルツのナチュラルスピンターンからスローアウェイ・オーバースウェイまでの一連の動きを練習しました。
いくら足型を覚えても、きれいにピクチュアポーズを決めるまでにはかなりの練習が必要みたいです。

ダンスって、ひたすら繰り返さないことにはマスターできないと思います。
理屈じゃないですね。

もう7.8年くらい前、なかなか上手にならないので、通勤途上にある神社の境内で、毎日、シャドーをやっていたことがあります。
10~20分間くらいでした。
すると、一か月ほどたった時、知り合いから「見違えるほど上手になった。」と言われました。
練習の成果があったのでしょう。

亡くなった歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんって、踊りの名手だったそうです。
若い頃、かなり稽古を積んだらしいです。

今の時代、何でもボタン一つ、クリック一つでできることが多いです。
体を動かさなくても、多くのことを成し遂げることができます。
でも、そればっかりだと生きている実感が失われていくような気がします。

何か目標となる動きを定めて、それができるまでひたすら練習することは、生きがいの一つになるのかもしれません

https://www.youtube.com/watch?v=69MNLiIsBj0

おさかなになった私

テーマ:

確か、「AV女優の社会学」という本に書いてあったと、思うのですが、
AV女優志望の女性の中に、水中でまぐわうことを好む人がいたそうです。

元シンクロナイズドスイミングの選手だったらしいです。
すごいなあ~と感心しました。
普通の人ならおぼれ死んでしまうんじゃないでしょうか。
「お魚になった私」です。
(かなり古いですね。)

シンクロナイズスイミングをやる男性がいるそうで、ペアを組んで大会に出るらしいです。
ほとんど女性ばっかりのスポーツで、うらやましいなあ、と思いました。
でも、おぼれないようにしないといけませんね。

そういえば、最近は新体操をやる男子もいるみたいですね。
見る気は起きないけれど、でもペアでやるならいいかな、と思います。

日本には、フィギアスケートのペアがほとんどいません。
理由はいろいろあるみたいですが、一つには、「結婚前の男女が二人でスケートなんかするんじゃない。」という考えがあるそうです。

社交ダンスの世界でも、何とか少年少女のペアを育てたい、らしいですが、こちらの地方では難しいみたいです。
田舎ですからね。
「男女7歳にして・・・」の世界です。

日本にはカップル文化がないから、若い男女が二人で競技をやることに抵抗があるみたいです。
これは中高年になっても同じです。
いろいろ噂が立ったりしますね。
私もゴシップの中心人物になったことがあります。

悪い気はしなかったですね。
芸能人になった気分でした。

https://www.youtube.com/watch?v=R1HJ_m_mynA

奥歯が一本抜けて、入れ歯を作りました。
でも、どうもフィットしないので、つけていません。

行きつけの歯科医では、インプラントを30万円くらいからやってくれるそうです。

死んだ父は一本100万かけて二本やっていました。

どうしようかな~、と迷っていたところに、「歯科医は今日もやりたい放題」という本を読みました。
私と同世代の歯科医が書いています。

結論から言うと、インプラントはやめたほうがいいそうです。
「骨に刺さった棘」なんだそうです。

そういえば、私の父が認知症になった時、インプラントを自分で抜いて、口の中が血だらけになっていました。

それと日本の歯科医は歯を削りすぎなんだそうです。
削らないと保険点数で稼げないから、らしいです。

大人になってからの歯科矯正もやめたほうがいいそうです。
噛み合わせが崩れるからです。
パーティに腰の曲がったお爺さんが参加します。
猫背というレベルじゃなくて、45度くらいの角度で曲がってます。
とっても女好きで(私もですけど。)、主に若い女性に声をかけられます。
今日は若くはないけれど、顔の整った女性を誘って、その女性が困っていたんで、私が誘いました。

話を聞くと、そのご老人は教え魔なんだそうです。
「腰のまがった教え魔」ってけっこうすごいな、と思います。
全国的にも珍しいんじゃないでしょうか。

知り合いの女性が、「お上手ですね。」とお世辞を言ったら、
「若い頃からやっているから、当然だ。」と言ったそうです。

話は変わって。

車のバッテリーが上がったんで、ロードサービスに来てもらいました。
「何年使ったのですか?」と聞かれたので、「たぶん、7~8年」と答えたら、
「新しいのに変えたほうがいいでしょう。」と言われました。

で、新品を買いに行ったら3万円以上しました。
でかいバッテリーなんで、高価です。

家計に大きく響きます。
半年前にエアコンが壊れて修理に8万円くらいかかりました。
古い自動車で車検も毎年受けないといけません。

都会の人はわからないかもしれませんが、地方では自動車の維持費が馬鹿になりません。
自宅に二台も三台も車を持っている人もいます。

地方は給料が安いうえに、自動車の購入費、維持費がかかって本当に大変です。
幸い、今年はガソリン代が安かったので助かりましたけど。

アベノミクスの恩恵は地方にはあまりきていないようです。

電子機器の弊害

テーマ:

「本当にあった医学論文」という本を読みました。

それによると、
ノートパソコンを膝の上に置いて使うと精子の運動能力が落ちるそうです。
電子機器を生殖器の近くにおいてはいけないらしいです。
スマホはできるだけ股間から離れたところで保持すべきです。

最近は、電子機器を使って自慰行為に励む若い男女が増えているそうです。
生殖能力を衰えさせる可能性があり、良くないみたいです。

草食系男子や男性に興味のない女子が増えているのもそこらへんに原因があるのかもしれません

楽観的なギリシャ人

テーマ:
ギリシャの財政どうなるんですかね。
今晩、日本時間で11時からEUの財務担当者で会議が開かれるそうです。

EUからの支援がないと、今月末にも国庫が空になるらしいです。

ギリシャで暮らした人によると、とにかく働くことが嫌いな国民だそうです。
でも、セックスは大好きです。

コンドームメーカーの調査によると、セックス頻度のランキングでは堂々の一位です。
41カ国・317,000人を対象に行った、世界のSEX頻度ランキングです。

1位 ギリシャ 2位 クロアチア 3位 セルビア・モンテネグロ 4位 ブルガリア 5位 チェコ
6位 フランス 7位 イギリス 8位 オランダ 9位 ポーランド 10位 ニュージーランド

最下位は日本です。

ギリシャ人はセックスが大好きなのに、どういうわけか少子化です。
「世界の七不思議」の一つらしいですが、たぶん、コンドームを使いすぎているんでしょう。

今日の会議が決裂したら、結構、大変なことになるんじゃないでしょうか。

梅が満開

テーマ:

こちらの地域ではスタンダードを踊る時に、後ろに反る女性が多いです。
理由を聞くと、「そう教わったから」だそうです。
どうも間違ったことを教えている先生がいるみたいです。

古いビデオでこんなことを言っていました。
「男性は垂直の一本の線を作ってまっすぐ立てばいい。
 女性はこれに加えて、右足首から左肩までの斜めの線を作る。
 決して後ろには反らない。」
これ、今でも正しいと思うのですが、どうでしょうか。

話は変わって。

20億円のオファーを断って、古巣の広島カープに戻った黒田投手、すごいです。
「世の中にはおかねより大切なものがある。」とテレビで言っていました。
今年はカープの応援が盛り上がりそうです。

近くの天満宮に行ったら、梅が満開でした。
梅には毒があります。

江戸時代、多くの男女がこの毒にやられたそうです。
今もこれが原因で死ぬ人がいます。

気をつけたいです。