あぶく銭で焼肉を

ダンスパーティに参加したら、何人かの女性から、「踊ってください。」と誘われました。
数が多いのでどうしてかな、と思ったら、どうも先週、競技会もどきに参加したことが原因みたいです。

まあ、気分は悪くなかったです。

話は変わって。

円が80円台の頃に買ったファンドに利益が出たので、売り払いました。

今日は家族で、約肉を食べに行きました。
あの有名な「叙々苑」です。
近くのデパートに最近オープンしたのです。
記念価格でしたが、かなり高価でした。

アラカルトで、カルビが2400円、特選カルビ4500円、上ロース 2800円・・・となっています。
でもおいしかったです。
とっても高級感あふれる店づくりで、セレブになったような気分でした。
 
肉をジャージャー焼くので、「叙々苑」という名前が付いたらしいです。
あぶく銭をぱっと使いきると気分がいいです。
AD

鴨鍋と鴨ねぎ

試験勉強に疲れたので、地域のダンスパーティに行きました。
高齢者が多かったです。

見ていたら、まともに音に合わせてステップを踏む男性がほとんどいないことに気が付きました。
完全に音を外しているか、踏んでいないか、のどちらです。
チャチャチャなのに、ルンバのカウントで踊る男性も多いです。
あれじゃあ、一緒に踊る女性も楽しくないんじゃないでしょうか。

知り合いの音楽の先生が、
「男性は足形を覚える前に、リズムの取り方を覚えるべきだ。」と言っていました。
私もそう思います。
カップルダンスの楽しさは二人で、リズムを合わせることだと思うからです。

話は変わって。

今日は自宅で鴨鍋を食べました。
合鴨ですけどね。
おいしかったです。

最近、株価の上昇に伴い、高齢者が、銀行や証券会社に行って
「どんな銘柄やファンドに投資したらいいですか?」と相談するケースが増えているそうです。
これって「カモがねぎを背負ってやってくる」のと同じらしいです。

今はネットで注文する人が多いです。
これから円安傾向になりそうなので、分散投資した方がいいそうです。

私もETFを少し買いました。

一か月ほど前の週刊誌に載っていたお勧めETFです。
世界の債権や株式に投資するのが多いです。
自己責任でどうぞ。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
バンガード・米国増配株式ETF(VIG)
SPDRダウ工業株平均 ETF(DIA)
iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF(HYG)
iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF(EMB)
iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)
AD

楽しい「一喜一憂」

テーマ:

終末で酒、飲んでいます。

今日は東証の株価が上がってうれしかったです。
私の持つETFも値上がりして、ちょっとごきげんです。

以前は、株式投資はギャンブルと同じだから、やらない方がいいと思っていましたが、それは間違っている、と考えが変わりました。

株価の上下に、感情を揺さぶられるのです。
生きているって感覚が味わえます。

年取ると、感情の老化が怖いらしいです。
何をやっても感情が動かなくなるのです。
でも、身銭を切って、ギャンブルや投資すると、嫌でも感情が動きます。

それに株式投資をやると、経済に関して勉強するようになります。
どうやったら儲かるか、知恵を絞るのです。
これって、ボケ防止になります。

最近、久しぶりに、ダンスの競技会(もどき)に出場しました。
パートナーの女性に恥をかかせるわけにも行かないので、かなり一生懸命に踊りました。
勝負事は、感情を動かします。
理屈じゃなくて、勝たないことには、話になりません。
「能書きはいいから、実力を見せて。」って感じです。

年取ったら、勝負事やギャンブルは意外にお勧めかもしれないな、と思いました。

ちょっと投資したい人には、ETF、お勧めです。
1400円くらいの10株、つまり14000円で、取り引きできます。

テレビでフィギアスケート見ていたら、外国人(ロスマイナー?)が「追憶」で滑っていました。
好きな曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=z6SU-7Yl6pg

AD

株の損失と紅葉

テーマ:



割に自分の住むところが好きです。
一つの理由は便利なことです。
駅にも、公共機関にも、商店街にも徒歩数分で行けます。
年取ったら、利便性がいいところが適しているようです。
ちなみに24時間営業しているスーパーが徒歩2分以内にあります。
「冷蔵庫がいらない生活」かな。

でも、それ以上に魅力的なのは、徒歩30分のところに、樫木(かしのき)の原生林があることです。
日本中、探しても原生林があるところってそんなに多くないんじゃないでしょうか。
樫木の原生林として広さは日本一らしいです。
当然、天然記念物です。

原生林ですから、この季節、紅葉がすごくきれいです。
人間が幸福に生きる条件の一つとして、できるだけ自然に近い所で生きる、というのがあるそうです。
もう20年近く前、広島の都心部にツキノワグマが山から下りてきました。
こういうことって欧米の都会ではありえないみたいです。
自然に囲まれて生きるとストレスが発散され、心が落ち着きます。

人類は農耕を始める前までどんぐりを主食にしていたそうです。
日本でも縄文時代までは栗を食べていました。
樫木の実も重要な食料でした。

数年前「どんぐりと文明」という本を読みました。
とてもおもしろかったです。

話は変わって。

今日も日経平均株価は下がりました。
私の含み損はさらに大きくなりました。
日銀はちゃんと買っているんでしょうか。
詐欺じゃないかな、と思っています。

写真は先日のダンス競技会会場で見た紅葉です。

いきなり損した!

黒田総裁の追加緩和で、日銀は三日に一度、380億円のペースで、ETFを買うそうです。

日銀がETFを買ってくれる、というので、今朝思い切って、TOPIX連動のETFを10万円分、買ってみました。
帰ってきたら、いきなり3000円くらい、値下がりしていました。
ガーン!
3000円あれば、どっかに飲みに行けたのに。
話が違うじゃないか!って言いたいところです。

自民党も公明党も、「株価が二倍に値上がりした。」と言って自分たちの手柄を自慢します。
でも、株価の値上がりで儲かったのは、主に年収が950万円以上の富裕層だけだそうです。
日本の人口の約10%です。
庶民にはあんまりメリットはなかったわけです。
それがアベノミクスの実態なのでしょう。

話は変わって。

今日はサークルで、スロー・フォックストロットをやりました。。
スウィングの練習をやったのですが、みんなの動きを見ていて、意外に難しいんだな、と思いました。
ボーリングの玉を投げる要領なんですが、体全体のタイミングがうまく合わないと、スウィングになりません。

こちらのダンス教師はスウィングをほとんど教えないんで、というか、本人たちもできないので、
競技会に出るダンサーたちも、ワルツらしくないです。

まあ、私もそうなんですけどね。
下手にスウィングをつけて踊ると、チェックが入りません。
(アマチュアらしくないってことかな?)
初めて、競技会に出てワルツを踊った時、思い切りスウィングをつけたら、大阪の先生以外は誰もチェックを入れてくれませんでした。

振り子のように踊らないとスウィングダンスは楽しくないと思います。

若者のダンス

今日は岡山大学のダンスパーティでした。
さすがに昨日のコンペで疲れたので、参加しませんでした。

昨日、踊ってもらったプロの女性は夫婦で若いダンサーを育てています。

ほとんど無料で教えているそうです。

競技会に彼らに育てられた男女が出ているようです。

昨日は彼らがフォーメーションを見せてくれました。
なかなか良かったです。

社交ダンス界、高齢化が進んでいますが、興味を持つ若者もいるようです。

「ボールルームへようこそ」という子ミック本は100万部以上、売れたそうです。



消費税と精子数の減少

テーマ:
「消費税を4月に上げたのが経済失速の原因だ。」と政治家はいいます。
そして、それを強行した財務省に非難の矛先が向いています。

でも、日本の財務状況を考えた場合に、税率を上げざるを得ないんじゃないでしょうか。
子孫に莫大な借金を残すことが正しいことだとは思えません。

増税の時期を間違えた、といいますが、本来ならアベノミクスで景気が良くなるはずだったはずです。
私は消費税が悪いのではなく、そもそもアベノミクスが間違っていたのだと思います。

成長戦略である第三の矢が全く飛んでいないそうです。
規制緩和も進んでいません。

今回、黒田総裁がバズーカ砲を打ったのは、景気を良くして、消費税を上げるためだったそうです。
でも、安倍首相はそのはしごをはずしました。

なんかうまくいかないですね。

話は変わって。

健康な男は射精一回当たり150×100万個の精子を放出するそうです。
この数はバングラデシュやナイジェリアの人口にほぼ等しいです。
精液1mlあたりには2000万個の精子が含まれます。
条件が良ければ数千万個の精子が卵子にたどり着けますが、卵子に入ることができるのはたった一個だけです。
最初の精子が卵子の膜を通り抜けるとすぐに化学反応が起こり、ほかの精子は進入できなくなるのです。

ところが人の精子数は50年間で40%少なくなっているそうです。
どうしてでしょうか。

ひょっとしたらアベノミクスと関係があるのかもしれません。
(ないかな?)
地域のミニ競技会に参加するために、久しぶりにダンススポーツ(競技ダンス)を踊りました。
1時間踊ったら、クタクタになりました。
動きが大きいので、疲れるのです。
また、大きな力がかかり、筋肉への負担が大きいです。
中高年には無理なレクレーションじゃないかな、と思います。
ダンススポーツはやっぱり若い人のものです。
バレエはスポーツではありませんが、バレエダンサーは40歳くらいで引退するのが普通です。
人前で美しく踊ろうと思ったら、年を取ると難しいです。
社交ダンス人口が減っている一つの要因として、本来、踊るべきではない高齢者がダンススポーツを踊るから、というのもあるかもしれません。
もし、バレリーナがみんなお婆ちゃんばっかりだったら、バレエを習いたいという人は激減するでしょう。

話は変わって。

今回の総選挙はちょっとおかしいと思います。
株価は上がり、有効求人倍率も雇用も拡大したから、アベノミクスは成功だと安倍首相は言っています。

どこに成功の基準を置くかによるのですが、
予定していた消費税を不景気のために上げることができない、ということは、アベノミクスは失敗だったと判断するべきじゃないでしょうか。

方針は正しかったのかもしれませんが、結果が出なかったら、やっぱり失敗です。
海外では、日本は景気後退に入った、と認識されているようです。
二期連続でマイナス成長なら、「経済は成長していない。」と判断するのが普通です。

「アベノミクスは失敗したけれど、これしか方法はないんだから、これを続けよう。」というのが安倍首相の主張です。
国民に信を問う、じゃなくて総退陣するのが、筋だと思うのですが。

いい夫婦の日

テーマ:

昨日、テレビで武田鉄矢さんの家族の歴史を紹介していました。
おもしろかったです。
歌に出てくるお母さんが最高でした。

実家の近くに自転車屋がありました。
そこの奥さんが、武田さんのお姉さんでした。
昨日、出演していました。

今日は「いい夫婦の日」です。

魏志倭人伝には、当時の日本では「大人はみんな4.5人、下戸(身分の低い者?)も2.3人の妻を持つ。」と書いてあるそうです。
どう考えて無理な話です。
書いた中国人も理解できなかったようで、「日本では女の数が圧倒的に多い。」と付け加えています。

種明かしは、男は複数の妻を持っていたけれど、女も複数の夫を持っていたのです。
これが我が国伝統の複婚制で、
男が夜だけ女の家に通う、「妻問い」から始まって、何度かパートナーを取り換え、離婚再婚を繰り返しました。
要するに、「極めて緩やかな一夫一婦制」です。

日本にはクリスチャンが少ないですが、その理由は、キリスト教では浮気や離婚を認めないので、宣教師がいくら勧めても改宗しなかったらしいです。

江戸時代までは女性が夜這いを行う地域も多かったそうです。
男女関係がかなり自由だったのです。

明治になって西洋風のカップル文化が入ってきて、浮気や離婚ができにくくなりました。
そうしないと先進国として認めらなかったそうです。

寿命も長くなったことだし、昔のような緩やかな結婚制度に換えてもいいような気がします。
たまには浮気する自由を認めないと、誰も結婚しないだろう、というのが私の考えです。

「母に捧げるバラード」です。


http://www.youtube.com/watch?v=H-BrSH18gls

無礼講の季節

もうすぐ忘年会シーズンです。
忘年会では「無礼講」が許されます
無礼講って本来は「乱交パーティ」のことだそうです。

宮内庁の職員が通ったハプニングバーでは夜な夜な無礼講が開かれていたそうです。
マンションの一室ですが、イベント用に一戸建ての建物もあったそうです。
30~40人の男女が集まってまぐわっていたらしいです。
参加費は男性1万円、女性は1000円、カップルは8000円だそうです。
単独参加の女性はあまりいないので、会費を安くしているのでしょう。
でも、そういう女性は大歓迎されるはずです。

話は変わって。

今週に入って、円に対して金の価格が急激に上がっています。
1グラム5000円を超えるかもしれません。
考えることはみんな同じです。
おそらく将来に不安を抱いた日本人が金を買っているのでしょう。
「有事の金」と言います。
このままじゃ、生活が破綻すると、本能的に嗅ぎつける人が多いのだと思います。
私も思い切って買いました。
ちょっと前まで、「金と円は同じ価値」だと言っていました。
金を持たなくても、円を持っていれば安心だったのです。
でも、日銀の政策で円は無価値になりつつあります。

今回の選挙は、アベノミクスの是非を問うのだそうです。
安倍首相は「この道しかなかった。他に選択肢はあったのか?」と言っています。
ありました。確実にありました。

大企業の内部留保を強制的に吐き出させれば良かったです。
内部留保のお金に対して強烈な税金をかければ労働者にお金が回ったはずです。
それをせずに、円札をどんどん刷っても根本的な解決になりません。

「ステイゴールド」です。
「アウトサイダー」という映画の主題歌です。
若い頃に見に行きました。

http://www.youtube.com/watch?v=OAdlVRn1xYc