地名

テーマ:
今回の豪雨で被害の大きかった、八木地区の昔の地名は「八木蛇落地悪谷」(やぎじゃらくじあしだに)だったそうです。
こういう恐ろしい名前をつけた理由は、「ここに住んではいけない。」と先人たちの教えなんですね。
蛇と名のつく土地は、土石流が起きる、という暗喩らしいです。
ヤマタノオロチ伝説も水害の話だそうです。
勝手に土地の名前を変えてはいけないのでしょう。
AD

老人介護問題の解決法

テーマ:
崇徳高校の軟式野球部が話題になっています。
通勤途上にある学校です。

ここはダンススポーツの世界では有名な田中英和さんの出身校です。
確かここのバレーボール部で頭角を現して、大学はその実力を買われて推薦で進んでいます。
で、バレーはやらずに競技ダンスをやったわけです。
(こういうことって許されるんですかね?)
膝が柔らかいので、バレー経験者はダンスに向いているらしいです。

佐村河内というニセ作曲家が騒がれましたが、彼もこの高校のバレー部に所属していたことがあります。
昔、広島はバレーが盛んだったのです。
猫田っていう有名人がいました。

話は変わって。

テレビで96歳の祖母を介護する26歳の孫娘を紹介していました。
要介護4だそうです。
昼間は働けないので、夜勤しかできず、ゆっくり眠る時間がないそうです。
最近、20代の女性が祖母や祖父を介護するケースが増えているらしいです。
このままでは、日本は老人介護で沈むと思います。

昔、中国ではある程度、年を取ると、自分から墓に入って死を待ったそうです。

エスキモーの世界では、移動できなくなった老人には、いくらか食料を持たせて氷の上に置き去りにしました。
その時にみんなで先祖を讃える歌を歌うそうです。

日本でも60歳になったら、木の股に捨てられました。
だから、60歳は「木の股年」と言われたそうです。
姥捨て山も現実に存在しました。
人類はそういう文化というか慣習を持っていて、老人介護のために若者が苦労しないようにしてきました。

スイスで「自殺ツアー」が盛ん、というニュースがありました。
この5年間で600人を超えたそうです。
スイスでは終末期の病人に対する自殺ほう助が認められているのです。
鎮静作用のある麻酔薬で楽に死ねます。

眠るように死ねるなら、人に迷惑をかける前にあの世に行きたいです。
スイスに渡航する費用だけは貯めておこうかな、と思います
AD

力量の壁

暇だったので、競技ダンサーの練習会を見学に行きました。

明日、競技会が行われるので、たくさんのカップルが練習に来ていました。
こちらの地域での、ダンスの上級者たちです。

たぶん学連出身だろな、と思うカップルが何組かいました。
パーティとはダンスのレベルが全く違います。
まさに「月とすっぽん」です。

知り合いがいたので踊ってもらいましたが、「ぜんぜんダンススポーツになっていない。」という評価でした。
まあ、私はパーティダンサーなので仕方ないですね。

ところで、競技ダンサーにもピンキリです。
めちゃくちゃ上手なカップルもいれば、初心者に毛の生えたようなカップルもいます。

で、こんなことを思い出しました。

人間とチンパンジーって、遺伝子は99.5%以上同じだそうです。
でも、人間とチンパンジーの間の生物っていません。
種の壁がきっちり存在します。
不思議です。
その理由は、オスとメスがいるからだそうです。

人間とセックスしたいチンパンジーもいないし、チンパンジーと交わりたい人間もいません。
(ひょっとしたらいるかもしれませんけど。)
つまり人間もチンパンジーも、それぞれ同種の相手とセックスしたいと思います。
だから2種の間の生物が生まれることはないのです。

これが種の壁を作ります。


ダンススポーツにも似た面があります。
男女は基本的に同じくらいの力量の相手と組もうとします。
その結果、力量の壁ができてしまうのでしょう。
もし、もっと力量をつけて勝ちたいのなら、上手な相手と組む必要があるのでしょうが、なかなか難しいみたいです。

AD

老人の存在価値

テーマ:
以前、市内の某所にアパートを購入しようとした時がありました。
その時、義父が「この場所は昔からいろいろ因縁があってあまり良くない。」と反対しました。
それを聞いて、購入を見合わせました。
結果的に良かったと思います。

広島市で大雨により自然災害が起きました。
中には今年4月に新築で売りだされた住宅もあって被害を受けたらしいです。
購入者はローンを35年で組んだ、ということです。
返済は大変だろうなあ、と同情します。

専門家によると、昔から何度も土砂災害が起きた地域だったそうです。
周辺に住む高齢者はそのことを知っていたんじゃないでしょうか。
その知識があれば、それを若い世代に伝える義務があったんじゃないかな、と思います。

高齢者の存在価値の一つは、知識を後世に伝えること、だそうです。
逆に言うと、知識のない高齢者って、あまり存在価値がない、ということになります。
つまり、単なる「穀つぶし」です。
知識はあってもそれを伝えようとしないなら、結果的に同じです。

若い人の稼ぎで、年金もらって楽しむだけでは、いずれ捨てられるような気がします。

利己的に生きたい

テーマ:

テレビで2つの曲を比較していました。
違い、わかりますか?

ミッションインポッシブルのテーマ曲

https://www.youtube.com/watch?v=XAYhNHhxN0A

スパイ大作戦のテーマ曲

https://www.youtube.com/watch?v=ucqyknUh3tk&list=PLgGoY4Y7e1OAEjlPXlJR7eE6poOdzOUrz&index=3


ミッションインポッシブルは4拍子で、スパイ大作戦は5拍子だそうです。

社交ダンスに5拍子の振り付けはないんで、ミッション・・・は踊れるけど、スパイ・・は踊れないんでしょうね。

話は変わって。

人が死ぬときに最も後悔することの一つとして、「もっと自分のために生きるべきだった。」というのがあります。
ということは、「自分のためではなく人のために生きている。」人がかなり多いということです。

宗教や道徳は「人のために生きるが正しい」と教えます。
この教えは、全く間違っている、ということです。
もし、この教えに従えば、奴隷の人生が一番良い、ということになります。

50年以上生きてきて、やっぱり自分のために生きるのが良くて、利己主義が正しい、と思います。
ただ、人の笑顔を見ると、自分も幸せになります。
だから、他人を喜ばせることは、自分のためになります。

女性と一緒にダンスを踊ると、相手がうれしそうな顔をします。
その笑顔を見るとこちらも幸せになります。
結果的に、利己的な楽しみのために踊っていることになります。

ある自動車メーカーの社長が「お客様の笑顔のために、自動車を作りたい。」と言っていました。
経営者にとって、自動車を作りそれを販売し、利益を得ることは利己的な楽しみです。
問題は、その従業員も同じような幸福感を得られるかどうかです。
もし、奴隷のようにこき使われているのなら、単に人に利用されているだけです。

他人に利用されるだけの人生が一番みじめだ、という考えがあります。
私もそう思います。

宗教や資本主義の論理(これも一種の宗教)に洗脳されて、利用されている人は少なくないような気がします。

金曜日なので酒飲んでいます。

高齢社会はゾンビ社会

テーマ:

ジャレド・ダイアモンドという科学者が、鳥類の研究のために、パプアニューギニアを訪れた時、
先住民に「おまえは半分、死んでいる。」と言われたそうです。
彼に初めて会った先住民が、あまりの恐怖に泣くシーンが写真にありました。
たぶん、ゾンビだと思ったのでしょう。
当時、彼は43歳でしたが、その地の先住民は50歳までにはほとんど死ぬからです。
古代人や未開社会の人から見れば、現代社会の中高年は、既に片足を棺桶に突っ込んでいます。

昔は70歳まで生きた人はごく稀で、だから、70歳は古希と呼ばれます。

おそらく、昔は、もっと若い人々で世の中は占められていたのでしょう。
高齢者ばっかりの社会って、昔の人から見たら、ゾンビであふれているように見えるんじゃないでしょうか。
たとえ片足を棺桶に突っ込んでも、少しでも若く見られる方がいいかな、と思います。

今日、床屋に髪を切りに行きました。
ついでに髪を染めました。
床屋さんが言うには、「せっかく髪があるのなら、染めた方が若く見える。」ということでした。
鏡を見たら、確かに若返ったような気がします。

話は変わって。

先日のパーティで、「愛の歓び」という曲がかかりました。
ほとんどの人が音を外していました。
私と踊った相手は現役の競技ダンサーできっちり音をとってくれました。
気持ち良かったです。
8分の6拍子は難しいですね。


https://www.youtube.com/watch?v=T_dDZhfMvL0

スコールの夜

テーマ:
若い頃に勤めた会社の経営が苦しくなった時、学校の先輩が本社ビルから飛び降りて死にました。
経営陣に近いエリートでしたが、精神的にかなりストレスがかかったみたいです。

安倍政権は、女性の管理職を大幅に増やしたいそうです。
経営が順調なときは、管理職は悪くないです。
しかし、会社が傾き始めると、ものすごいストレスがかかってきます。
いくら優秀な女性でも、そんな過酷な状況に耐えられるかどうか、ちょっと疑問です。

「スコールの夜」という小説を読みました。
経済小説ですが、とても面白かったです。
世の中には、頭のいい人もいて、この著者は財務省に勤める大臣官房参事官です。
つまり超エリートです。

日本を代表する都市銀行に勤める、総合職の女性が、経営再建のために、社員のリストラを行う、というストーリーです。
女性の活躍の場が広がっていくと、こういう汚れ仕事をやらねばならないケースも増えてくるのでしょう。
どこの会社でもそうでしょうが、出世競争の最後は、地位と権力、富をめぐって激しい争いが繰り広げられます。
どれだけ会社のために尽くしたかが厳しく問われます。
女性だからと言って、ちやほやしてくれないはずです。
会社のために自分のすべてを犠牲にする覚悟がないと、なかなか評価してくれないと思います。

テレビのアンケートによると、管理職になりたい会社員は、男性60%に対して、女性は11%でした。
その理由はなんとなくわかります。

まさに時宜を得た小説です。

アンチエイジングの勧め

テーマ:
ダンスパーティに顔中しわだらけの高齢女性が参加します。
正直言うと、あまり踊りたくないです。
(踊ってください、と言われるので、断るのもかわいそうなので、相手しています。)
なんとなく自分の若さを(もう若くないですけど。)吸い取られそうな気がするのです。

形成美容外科の高須さんという人がテレビに出ていました。
美容整形に関しては日本と韓国の第一人者だそうです。
自分で人体実験みたいな手術を行っています。

彼が言うには、「外見が老けると心も老ける。」のだそうです。
逆に外見を若々しくすると、心も若返るらしいです。
「せっかくの人生なのだから、死ぬ寸前まで少しでも若い気分と外見でいた方が楽しい。」ということです。

私は美容整形に関して批判的だったのですが、彼の話を聞いて考えが変わりました。
美容外科は「第三の医学」と呼ばれているそうです。
もちろん、ある程度、お金がないと美容整形手術を受けることはできません。
(保険が利きませんからね。)

でも、少しでも若々しく見えるように努力することはこれから高齢社会を迎える上で必要なことかもしれないな、と思いました。
アンチエイジングは大切なことなのでしょう。

墓じまい

テーマ:
時々、社交ダンスの先生がパーティにお忍びで参加することがあります。
男性の先生は、本当に「お忍び」で、誰も気が付きません。
あんまり見栄えがしないからです。
先週は女性の先生が参加しました。
こちらは、お忍びでも、教師だと、素人目にもわかります。
とっても上手だからです。
ダンスの実力は「見りゃ、わかる。」んですね。
資格とか持ち級とかあんまり関係ないです。

話は変わって。

先日、母の実家に行ったら、床の間に、骨壺が5つくらい置いてありました。
異様な、というか不気味な光景でした。

聞いたら、墓じまい、をするとのことでした。
先祖代々の墓を壊して納骨堂に納めるのだそうです。

先祖の骨って、圧倒的な存在感があります。
たった5つしかないのは、その前は土葬していたからでしょう。
普通の人が遺骨を残すようになったのは、火葬が一般的になってからで、比較的新しい風習なんだそうです。
あまり良くないと思います。

先祖の遺骨をどっかに捨てるのは、なんとなく抵抗があります。
(西日本では、火葬場で、半分以上、捨てていますけど。)
どうしたらいいのか、子孫は迷惑します。
墓を解体して粉砕するのも、10万円以上、費用がかかるそうです。

子孫に迷惑がかからないように、死んだら土に戻りたいです。
火葬してもらう場合は散骨してもらいたいです。
国際連盟を啖呵を切って脱退した、松岡 洋右って、日本を破滅に導いた極悪非道の男だと思っていました。
先日、テレビでその経緯を解説した番組をやっていて、それが間違っていたことを知りました。
彼は、何とか脱退しなくて済むように力を尽くしたのだそうです。
上司に当たる、当時の外務大臣、内田康哉が
「国土に焦土にしてもいいから、妥協するな。」と彼に指示したのだそうです。
この男が一番、悪いですね。諸悪の根源です。
実際、日本はその後焦土になったわけですから。
この外務大臣は、国際連盟を脱退することを閣議にもかけずに独断で決めたそうです。

連盟を脱退した時、松岡は52歳で私と同い年でした。
ストレスで胃痙攣をおこしたそうです。
政治家の人選を誤ると、国が傾く、ということです。

話は変わって。

アメリカのプロムに関する新聞記事の続きです。

「最近、男子生徒が越えなければならないハードルはさらに高くなった。。
「promposal」と呼ばれる新しい習慣が生まれたからだ。

 promとproposal(プロポーズ)の合成語で、男性が女性にプロポーズするときのように、
クリエーティブでロマンチックな方法でプロムに誘うことを意味する。
以前は1対1で誘うことが多かったが、今は大勢の前でするのが一般的になりつつある。
ユーチューブにアップできたり、フェイスブックでシェアできれば最高だ。
競争心を刺激された男子たちは他人を上回るために競う。
魅力的で素晴らしい手法で女子の心をつかもうとpromposalはますます進化を遂げている。」

米国の男子高校生、けっこうたいへんですね。
でも、こういう修業を経て、意中の女性をゲットできるようになるのでしょう。
日本人の男性も見習うべき点があるように思えます。