スイカと桜

テーマ:

東京に行って地下鉄に乗ったら、多くの人が「スイカ」を使っていました。
私のように切符を買う人はあまりいなかったです。

スイカってソニーの技術だと思っている人が多いと思いますが、発明したのは、松下という個人です。
「スイカ」の原理を創った男、という本を読みました。

あまりにすごい発明なので、周囲がなかなかその価値を理解できなかったそうです。
その技術的価値は青色発光ダイオードの比ではないらしいです。

そして特許庁が審査をぐずぐず遅らせているうちにソニーなどの大企業が参入してきました。
大企業は彼の発明が邪魔になるんで、特許庁に圧力をかけて特許を認めないように働きかけました。
裁判所も大企業の言い分に耳を傾け、個人の意見を聞こうとしませんでした。

結局、松下氏の発明は、出願してから19年後に特許として認められました
特許の存続期間は出願してから20年です。
結果的に、特許庁と裁判所が大企業の意をくんで、松下氏の特許を「骨抜き」にした、ということです。

こういう話を聞くと、日本で個人発明家やベンチャー企業が育たない理由がよくわかります。
日本は、基本的に組織を重視して、個人の力を認めようとしないのです。
生身の人よりも「法人」を大切にする国です。
個人が素晴らしい発明をしても、大企業やその連合体が徒党を組んでそれをつぶします。
裁判所もそれに加担するから、どうしようもないです

袴田氏の再審開始決定に検察庁は即時抗告したみたいです。
日本の最大の問題点は、裁判所で正義が行われないことかもしれないな~と思います。
一言でいえば、「長いものには巻かれるしかない社会」です。
組織人としてはなく、個人として生きたい人はどうしたらいいんでしょうね。

今日も桜が満開でした。
気分がいいです。
今日で三月も終わりです。
明日から消費税が上がるので、スーパーはとても人が多かったです。








AD
ミニスカートをはいた若い女性が、目の前を歩いていました。
歩くたびに腰が左右に揺れてセクシーです
ラテンアメリカンに向いた体型なんでしょう。

先週の「新婚さんいらっしゃい!」に出たカップルは、新郎が中国人、新婦が日本人でした。
渋谷のダンス・クラブが出会いの場だと言っていました。
新婦は、趣味でレゲエダンスを踊っているそうです。
お尻を振って踊っていたら、新郎がその魅力に惹かれてアプローチしたらしいです。
「彼女が腰をくねらせて踊り、胸がプルンプルンと揺れるのを見て、思わず、声をかけた。」みたいなことを言っていました。

男って、女性が腰を振ったり、胸を揺らしたりすると、無意識にひきつけられるのだと思います
「猫じゃらし」みたいな効果があるのでしょう
「女」という漢字は、もともと、人が踊る形の象形文字だそうです。
つまり、踊って性的魅力を男性にアピールするのが、女性、だということです。

先日、ダンスを教えてくれた女性によると、
「スタンダードに関しては、まずは、ウォークを完璧にマスターしないと、きれいに踊れない。」そうです。
踊る前に、ひたすら歩く練習をやる必要があるらしいです。

ダンススポーツでいい成績を上げようと思うなら、基本からしっかりやらないとダメなんですね。
私はパーティダンサーなんで、そこまでやる必要はないかな、と思いました。
AD

桜と人事異動の季節

テーマ:

桜はほぼ満開ですが、天気が悪いので、花見はできません
ちょっと残念です。
広島は昔、軍都と呼ばれ、軍人さんが多かったので、桜もたくさん植えられています。
東京でも、軍人の町と言われた、九段には桜が多いですね。

松任谷由実さんが、「一番好きな桜の名所は、広島の黄金山」と言っていました。
登山道に花のトンネルができます。

桜の季節は、人事異動の季節でもあります。
来週火曜日の1日は多くの企業や役所で、昇進昇格の人事が発表されるでしょう。
(すでに内示は出ているでしょうけど。)
喜ぶ人もいる反面、がっくり肩を落とす人もいるでしょう。
まさに悲喜こもごもです。

30年近くサラリーマンを続けてきて、この社内昇格システムが日本の社会をダメにしているのではないか、と思っています。
上司に気にいられないと、昇給昇格しないので、どうしても上司の顔色を窺って仕事をするようになるからです。
出世しようと思うと、自分の信念や良心に反することも、組織のためにやらなければなりません。
何度もそれを繰り返していると、だんだん自分というものがなくなっていくのです。

今朝、袴田被告に死刑判決をした元裁判官がテレビで紹介されていました。
泣きながら、拘置所から出られたことを喜んでいました。
今更、泣いて反省しても、袴田氏の48年という歳月は戻ってきません。
この元裁判官はどうして、そんな判決を下したのでしょうか?
たぶん、出世したかったのでしょう。
だから、上司に強要されたときに、それをはねつけることができなかったのです。
憲法によると、「裁判官は良心に従い、独立して職権を行う」そうです。
そのために身分も保証されています。
それにもかかわらず、自分の良心の声を聞くことができなかった、ということは、とても深刻な問題です。
彼は裁判官としての職業倫理を出世のために捨ててしまったのです。
裁判官でさえ、そんなことするんですから、科学者や、ましてや一般のサラリーマンが信念や良心を持たないのも仕方ないです。

出世する意欲を捨てると、自分の個性を保ち続けることができます。
ある程度は自分の信念や良心に従って発言したり、行動したりできるようです。
というわけで、私はまったく出世しませんでした。
サラリーマンに向いていなかった、ということです。
上司にもはっきりそう言われました。

桜坂、です。

http://www.youtube.com/watch?v=7gLlxOJtgVA



AD

嘘が氾濫する社会

テーマ:

48年間、死刑囚として過ごした袴田さんが解放されたというニュースを見ました。
捜査に当たった静岡県警が証拠をねつ造してでっち上げたらしいです。
むちゃくちゃな話です。

今、特許に関する裁判の本を読んでいるのですが、民事裁判においても、原告、被告を問わず、嘘ばっかり言うらしいです。
で、嘘をついても、証拠をねつ造しても、今の裁判では罰することができない、そうです。
裁判官も自分の良心に基づいて判決を下しているのか、疑問らしいです。


追加
先ほど、テレビで、袴田さんを有罪とした元裁判官が「上司に強制された。」みたいなことを言っていました。
(信じられない!!)

日本の司法においては、正義が行われていない、ということです。
STAP細胞にしても、佐村河内の作曲においても、最近、嘘なのか本当なのかがわからない事件が多いです。
ジャーナリストも真実を追求する能力がありません。

外国では、宗教を信じない人は信頼されない、という話を聞いたことがあります。
日本人は無宗教な人が多く、それが、嘘や建前が氾濫する原因になっているのではないか、と思います。
つまり自分を律する信念とか良心がないのです。
だから、保身のためや組織のために、平気でうそをつきます。ある意味で不幸なことだと思います。

昨日は、パーティに参加せずに、久しぶり(ほぼ1年ぶりかな?)にレッスンを受けました。
プロの先生ではなく、以前からダンスを教えてもらっている、ほぼ同い年の女性です。
(実力はこちらのプロよりも上です。)
ワルツとスローフォックストロットを見てもらいましが、「まったくダメ。」だと言われました。
パーティではそこそこ踊れるのですが、基本からは完全に外れているらしいです
もっと練習に来い、と言われるのですが、ウォークばっかりさせられるので、敬遠していました。
結局、ウォークができていないので、きれいに踊ることができないのだそうです。
パーティダンスと基礎ダンスは違うなあ、と痛感しました。
たまには彼女に指導してもらおうかな、と思いました。

身の下相談

テーマ:

昨日、仕事の関係で、タンポンのアプリケーターに関する特許を調べました。
いろいろ勉強になりました。
知り合いに「今度生まれ変わったら、タンポンになりたい。」という男がいました。

「本当はひどかった昔の日本」の著者によると、
まだ生理用ナプキンが販売されていなかった昔、道端に月経血のついた布切れがたくさん捨てられていて、けっこう、美観を損ねていたそうです。
現代の日本女性はそういう意味では幸せです。
テレビでナプキンのコマーシャルを見るたびに、あの形は誰がデザインしているんだろう、と興味がわきます。

「こうして女性は強くなった」という本を読みました。
読売新聞に載った「身の上相談」欄、(今は「人生案内です。)の100年の歴史が紹介されています。
女性からの相談が多く、男女関係や下半身に関するものが割に多いです。
この100年の女性をめぐる環境の変化がよくわかり、たいへん興味深いです。

知り合いの女性がこの欄のファンで、「けっこうすごい内容が多い」と言っていました。
私は読売新聞を取っていないので、あまり読みませんが、時々、機会があれば目を通します。
以前読んだもので、割に衝撃的だな~、と感心したのは、
「二階で娘と夫がまぐわっている。私はどうしたらよいのか。」という妻からの相談でした。

ファッションや料理に関する投稿も多いです。

1929年の家庭欄では、モガ(モダンガール)をめぐる議論が行われています。
「職業婦人」からの投稿は、「断髪をして、洋装をした女性を、モガ呼ばわりするのはやめてほしい。」
モガを代表するダンスホールのダンサーからは、
「日本髪はダンスに向かない。家族を養うために働いているダンサーを不良のように言うのはやめてほしい。」という投稿があったそうです。

まあ、日本髪じゃあ、ダンスは踊れないですね。
面白い本なので、お勧めします。

モダンガールです。


http://www.youtube.com/watch?v=zj7zkj1IzHo


ごちそうさん

テーマ:

若い頃、ご縁があって何人かの女性と肌を重ねることがありました。
終わった後、「ごちそうさまでした。」と言っていました。
脳の中で食欲の中枢と性欲の中枢ってごく近いところにあるそうです。
だから、食べ物の表現と性の表現は良く似ることが多いですね。
「あの子はおいしそう~」とか、「若い男性をお持ち帰りした」なんて言いますよね。

それはおいといて、朝の連ドラ、「ごちそうさん」が明日で終わるみたいです。
面白かったので、珍しく録画して毎回見ました。

やっぱり食べることって人間の大きな快楽だと思います。
おいしいものを食べると幸せな気分になりますもんね。
それはほかの動物でも同じでしょうが、人類独特なのは、その快楽を誰かと分かち合おうとすることです。
みんなで一緒に食べることを楽しむのは、哺乳類の中でも人間だけだそうです。
遺伝的に一番近いチンパンジーでも人間のように分け合いながら一緒に食事を楽しむことはないそうです。
集団で食べていても、みんな自分のことしか考えていません。
「おいしい食べ物を分かち合い、誰かと一緒に楽しもうとすること」ことが、人間の人間たるゆえんです。
そうやって人類は厳しい自然環境を生き延びてきたのです。

人間の目には黒目と白目があります。
これは相手がどこを見ているのか、知りたいから、進化したそうです。
おいしいものを食べながら、自分を見て笑ってくれると、人間はうれしくなります。
セックスも同じでしょう。
だから、人間は動物のような後背位をやめて、正常位を好むようになったのだと思います。
もちろん、バックが好きな人も多いですけどね。

最近は仕事が忙しかったりして、一人で夕飯を食べる人が多いそうです。
家族の団らんも減っています。
これは人間としてとても良くないことです。
せめて、晩御飯くらいは、家族一緒に食べるべきです。
企業はそれができるように努力しなければいけません。
特に小さい子がいる家庭の父親は早く返すべきです。
そうじゃないと、将来に大きな禍根を残します。
食事を一緒にしない子供たちは、家族を作る意味が見いだせなくなるからです。

金曜日の夜、桜を見て酒飲んでいます。
今日は桜がきれいに咲いていました。八分咲きかな。








タキシードはかっこいい

テーマ:

昨日の日記にリンクした、ディカプリオのタキシード姿、かっこいいです。
私も一着持っています。
いつかパーティで着てみようかな。
ダンスの肥やし、じゃなくて、タンスの肥やしじゃ、もったないですし。

広島に、「京橋川」という市内を流れる川があります。
川の両端は桜の名所です。
以前から、この名前の由来が不思議でした。

まず橋を作ってから、川に名前をつけたんかな~と思っていました。
つまり最初は、川に名前がなかったのかと。

上京して、京橋周辺を散歩して、なんとなく理由がわかりました。
京橋は日本橋と同じ年、1603年(江戸幕府ができた年)に作られたのだそうです。
そして、その時に土地を掘って、「京橋川」が作られたのそうです。
今、京橋川は埋め戻されて、存在しません。

広島の場合は、人口の川ではありませんが、似たような経緯を得て、江戸を手本にして作られたのでしょう。
今からちょっと調べてみますけど。

ちなみに私の年金手帳には、最初に京橋のはんこが押してあります。
最初の就職先が京橋にあったからです。
「都会だろ?」って自慢しています。

以前、コンドームに関する発明をしていたんですが、結構、強力な特許になっていて、ゴムメーカーの出願を撃破しています。
この特許権を買ってくれる会社はないかな。
机の中に、コンドームがたくさんあって、捨てようかな、と思っています。
もう使うことなさそうですしね。

こんな記事がありました。
適当なサイズが国によって違っていて、いろいろ不都合があるみたいです


http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/postseven-20140326-246558/1.htm

大きすぎる町

テーマ:

最近、スローフォックストロットが好きになりました。
音楽の先生からは、「とりあえず、音は外していない。」と言われました。
東京のオフ会でも、「まあ、悪くないでしょう。」って評価でした。
ワルツとはまた違う、楽しさががありますね。

上京したついでに、新装なった東京駅に行きました。
昔の女友達の曽祖父がこの駅を設計しました。
大きな駅ですねえ。
歩き回るだけでくたくたになりました。
羽田空港も広かったです。
東京って田舎者には何もかもが大きすぎます。

高齢者にはけっこうきつい町なんじゃないでしょうか。
人口の集中度が世界的にも突出しています。

主要都市人口が全人口に占める割合のデータがあります
パリ:17% ロンドン:15% ニューヨーク:7%弱 ベルリン、ローマ:5%未満に対して、東京はほぼ30%です。
日本人の約三人に一人は東京近郊にいます。
ちょっとあんまりだろうって思います。

エコノミストの森永卓郎さんによると、酔っぱらっても歩いて帰れるくらいの町の大きさが暮らしていくうえでちょうどいい大きさだそうです。
広島市がそれよりちょっと大きいくらいです。
私の場合は、最大の繁華街、流川で飲んでも30分歩けば自宅にたどり着けます。
なんでも大きければいい、というもんでもないようです。

だいたい先進国には、東京ほど大きな町ってそんなにありません。
適当に分散されています。
日本もそうした方がいいのではないか、と思います。

もう10年近く前、メダルテストではこの曲で、スローを踊りました。(カップル受験でした。)
「プロと比べてそん色がなかった。」と先生に褒められました。
お世辞でもうれしかったです。


https://www.youtube.com/watch?v=DNyKDI9pn0Q

タイトルは昨日の日記の続きです。
(意味はないです)

刑務所を出た受刑者に仕事を世話する元刑事さんをテレビで紹介してました。
周囲の理解がなかなか得られず、けっこう厳しいみたいです。
その人が「凶悪犯人といえども、木の股から生まれたのではない。女の股から生まれた以上、温かい血が流れているのだ。」と言っていました。
なんか心に残る言葉でした。

「木の股」って古典に頻繁に出てくるようで、昔は、そこに子供や老人を捨てたそうです。
60歳になると、そこに捨てられるので、「六十の木の股年」という言葉もあったらしいです。
(姥捨て伝説の一つですね。)

オフ会の二次会で、「女の股」に関する話が出ました。(というか私が一人でやっていました。)
社交ダンスの楽しさの一つは女性が大きく股を開くことです。
なかなか普通の生活では、足を開けませんからね。
私はスタンダードを踊る時に、できるだけ大きく、女性の足を開かせます。
これがけっこう、好評で、踊った気分になるらしいです。

考えてみますと、男性の大きな仕事の一つが、「女性の股を開くこと」です。
男性の存在価値はそこにあるのかもしれません。
どれだけ多くの女性に足を開かせたか、が、その男の価値を決めます。
(ちょっと言いすぎですかね。)
そして生命が生まれる時も女性は大きく足を開きます。
(最近は帝王切開も多いようですが。)

社交ダンスに限ることではありませんが、洋舞は足を開くことで女性は自由に自分を表現できます。
娘にバレエを習わせていたパートナーは義母に、
「女の子が足を開くものではない。」と諭されて、結局辞めさせられたらしいです。
足を大きく開くことは健康にもいいそうです。

社交ダンスを踊る男性はできるだけ女性に足を開かせるように努力すべきなんでしょう。
ダンス用のスカートはそれができるようになっていますから。

「遣らずの雨」です


http://www.youtube.com/watch?v=8-0v-NYVRdI


人生に絶望する若者たち

テーマ:
昨日、テレビで、20代で自殺する男女が増えている、という特集をしていました。
仕事やら人間関係やらで、絶望して死ぬみたいです。
「仕事ができない奴は存在価値がない。」とか「人に褒められたことがない自分は消えてしまいたい。」とか考えてしまうそうです。
確かに今の若者は昔に比べて、いろんな面で厳しい環境に置かれているみたいです。
私が若い頃は今よりももっと楽しみがあったような気がします。

若者が自殺する最大の原因は、彼らが生きる快楽を知らないからだと思います。
若いうちは楽しいことがたくさんあります。
これを大人は教えてやらなければならないと思います。

学生時代の友人が20歳になった時、父親が遊郭に連れて行ってくれたそうです。
私も寮が浅草にあったので、先輩たちが吉原を案内してくれました。
最近、こういう親切な大人が減っているんじゃないでしょうか。

ニュースによると、
「30歳を超えてセックス経験のない男性、すなわちヤラずに三十路(みそじ)を迎えてしまった、通称「ヤラミソ」が急増している。」そうです。
国立社会保障・人口問題研究所が行なった2012年度の調査によると、30~34歳の“独身男性”の童貞率は、ここ15年でほぼ25%程度と横ばいの数字。
一方、国土交通省の2012年度「国土交通白書」に目を移すと、1995年から2010年で、30~34歳の男性未婚率が約10%上昇している。

http://news.nifty.com/cs/item/detail/playboy-20140324-26564/1.htm

たぶん、男性経験のない女性も増えているはずです。
科学的な研究によると、人間にとって一番楽しいのはセックスだそうです。
(社交ダンスは一部の人の趣味なので研究対象に入っていないのです。)
セックスしたことがない、ということは本当の快楽を知らない、ということです。
つらいばっかりの人生では、自殺したくなっても仕方ないかな、と思います。

若い女性が私に「死にたい」と相談に来たら、翻意させる自信はあるんですけどね。