以前、競技会のために組んでいた女性から、
「今日はあなたが女になりなさい。」と言われて、私が女足でワルツを踊りました。

彼女は「社交ダンスは男の方が絶対におもしろい。」と言って、最近は、男役でいつも踊っています。

リードもそこそこ上手になって、それなりに踊れました。
社交ダンスって、男性が上手だと女性は気持ちいいもんですね。
女性のダンスファンが多い理由が少しわかりました。

ある種の魚は周囲の状況に合わせて、性別が変わる、という話を聞いたことがあります。
確か、オスがいなくなったら、メスである個体がオスに変わる、とかいう話でした。

人間には、男性と女性の二つの性があり、普通どちらか一方の人生しか経験できません。
それゆえにお互いがなかなか理解できず、これがトラブルの元になったり、考えようによっては、だからこそ世の中がうまくいく、ということがあると思います。

ところが、世の中には男女両方を経験できる人がいます。
インターセックス、俗に半陰陽といわれる人々です。
性ホルモンの状態によって男になったり女になったりするらしいです。

インターセックスの漫画家、新井祥さんの「性別がないということ」という本を以前、読みました。
小学生の頃は女の子で、中学生になって男子になり、高校生になったら女子高生になり、
20代は女性として結婚して、かわいい妻になり、30過ぎた今は、むくつけき髭ぼうぼうの男だそうです。
それぞれの性の時に、考えることも感じることも違うらしいです。
当然、体つきも変わりまし、つきあうパートナーも変わります。
なんか信じられない話ですが、本当の話らしいです。
人生を二回経験しているような感じです。
彼(?)のマンガはセックスにおける、男性と女性のどちらの快楽も知っているので、リアルな性描写で人気です。

そもそも性の快楽とは、女性のものだそうです。
痛い出産の代償として、自然が与えた恩恵でしょう。

男性の快楽が射精の一瞬、1秒にも満たないのに対して、女性の快楽は深く広く長いです。
「女性っていいなあ~。」と思う時があります。
もし、生まれ変われるなら、次は絶対に女になって、絶倫でテクニシャンの男と付き合おうと思います。

それはともかく、男性も女性も異性の足型やボディの動きを覚えると、ダンスはもっと楽しくなるみたいです。
男性は女性の動きがある程度、わかっていないと、リードもうまくできないでしょうし。
パートナーがいる人は、役割を代えて踊るのも楽しいですよ。
「とりかへばやダンス」です。

そういえば、「ベルサイユの薔薇」という漫画にもそういうシーンがあるそうです。

AD

女子バレーの監督

テーマ:
昔から、女子バレーの監督はどうして男性なのか不思議でした。

同じ女性の方が、選手の心理もよくわかるんじゃないかな、と思っていました。

あれも、一種のハーレムなんでしょうね。

選手たちも、監督に淡い恋心を抱いていて、それが勝利に結びつくらしいですし。

東京オリンピックの女子バレーの監督は、選手たちに盲腸を切らせた、と聞きました。
すごいです。

たぶん、選手たちの生理も全部把握していたんでしょうね。

女子バレーのほかにも、ハーレムではないけど、男性が指導役になる女性スポーツはあります。
女子マラソンなんかもそうかな。
一種の恋愛関係になるんでしょうね。
AD

妄想力を鍛える

テーマ:
「新婚さんいらっしゃい!」という番組に漫画家の女性が出演していました。

確か34歳くらいでしたが、彼女は結婚するまで男性経験がなかったそうです。
「ハーレクイン」というラブストーリーの漫画を書いていて、セックスのシーンでは想像力を駆使して、
思いっきりロマンチック、エロチックに表現していたらしいです。

ところが、結婚して、セックスがそれほど大したものではないと知り、表現を抑えるようになりました。
実際に経験して、妄想が働かなくなったんですね。

読者を興奮させるすごいアダルト小説を書く男性がいましたが、彼も女性経験がなかった、という話を聞きました。
性行為は、経験しない方が、想像力、妄想力を駆使して、おもしろい作品が書けるのかもしれません。

ということは、年をとって経験を増やしていくにつれ、想像力とか妄想力は衰えていくことになります。
「人生、こんなもん。」と達観したような気分になります。
これはおもしろくないです。

年をとっても、精神の若さを保つには、想像力、妄想力を鍛えないといけないと思います。
どうしたらいいんでしょうか。

少し前に、韓国のドラマが中高年女性に流行りました。
一説によると、日本の女性たちは、韓国のイケメン俳優に抱かれることを妄想して、ドラマを見ていたらしいです。
日本のドラマはそういう妄想をかきたてる力が欠けているのかもしれません。

遺伝的に近い、人間とチンパンジーの大きな違いは、想像力の有無だそうです。
人間はせっかく与えられた想像力を楽しまないといけないと思います。

話は変わるんですが、地元のテレビに出てい女性アナウンサーが、うちの会社の役員の娘です。
意外に美人で、ファンが多いです。
私を含めて、多くの男性が、彼女との情事を妄想して、テレビを見ているのかもしれませんね。

妄想力を鍛えるには、やっぱり異性と接する機会を増やすことですかね。
(テレビで見てもいいけど。)

ついで言うと、社交ダンスもいいですよ。
魅力的な異性と肌を重ねて、一緒に踊ると、妄想のネタになりますから。
AD

仁義なき戦い

毎年、NHKの教育テレビで放送していた、日本インターナショナルダンス選手権大会を今年は放送しないそうです。
聞くところによると、社交ダンスの団体同士のさや当てがあって、NHKが嫌がったらしい。

がっかりしたダンスファンが多いんじゃないでしょうか。
私も毎年、じっくり見ていたんですけど。
ダンスファンじゃなくても、目の保養に見ていた人っていたと思います。
あの放送を見て、社交ダンスに興味を持った人もいるんじゃないですかね。

社交ダンスの団体の偉いさんたちって、なんか馬鹿ですね。
せっかく公共の電波で放送してくれる、というのだから、ダンス人口を増やすために、多くの人に見てもらえばいいのに。
その方が、商売繁盛すると思うんですけど。
身体能力は高いのかもしれないけど、きっとおつむは弱いんだと思います。
踊るために脚ばっかりに血液が行って、頭脳に血液が回ってこないのかもしれない。

そもそも、どうして日本には複数のダンス団体があるのかよくわかりません。
一本化すればいいのに、と思います。
ただ、それは現実的に難しいでしょうね。

ゾウアザラシのオスたちに向かって
「もうこんな馬鹿な争いをやめて、みんなで平和に暮らそう。」と説教するようなもんだからです。

つまり、それぞれの団体のボスたちが自分の地位を守りたいのです。
社交ダンスの世界には多くの女性がいます。
団体のボスの周りをきれいな女性プロダンサーたちが取り巻いているはずです。
一種のハーレム状態でしょう。
団体が一つに統合されれば、自分の地位が危うくなります。
女たちが、よその団体のボスになびいてしまうかもしれません。
これはどうしても避けたい、というのがオスとしての本能です。
自分のシマ(縄張り)をゾウアザラシのように死守しなければなりません。
(かなり妄想が入っていますが。事実と違っていたらごめんなさい、です。)

それはともかく、踊りを含めて音楽の本質は、人々の心を一体化することです。
一体化どころか分裂するような行動をとる、プロのダンサーたちは、音楽の本質を理解しているとは言えません。
いくらダンスが上手でも、社会性ができていないのでしょう。
社交ダンスの先生としては失格だと思います。
テレビでゾウアザラシの生態を紹介していました。

ご存じのとおり、ゾウアザラシはハーレムを作ります。
一頭のオスが100頭以上のメスを縄張り内に囲うそうです。
オスの体重は3トン以上あり、メスの5倍です。
典型的な一夫多妻です。

あぶれたオスたちは、生殖の可能性がほとんどないわけで、当然、オス同志の首位争いは熾烈です。

人間みたいに一夫一婦のつがいを作ればいいのに、と思いますが、自然界はそれを許しません。
優秀な遺伝子を残すためには、ああいう生態にならざるを得ないのでしょう。

人間の男性の中にも、ゾウアザラシみたいなハーレムを作りたがる人います。
宗教関係者に多いような気がします。

次期大統領選挙に立候補しているロムニー氏のおじいさんは10人以上の奥さんがいたらしいです。
今でもモルモン教の中には、一夫多妻を実践している人がいます。

イスラム教では4人まで妻を持つことができます。
男性は複数の妻を公平に相手しないといけないので、かなり体力もいるでしょうね。

老人介護施設では、男一人に複数の女性がいると、男女関係が安定するそうです。
もともと人間は、一夫多妻が本来の姿かもしれません。
日本でも、江戸時代まではそうでした。
世界の民族の8割は、一夫多妻を認めているそうです。

趣味の世界でもそんなケースがあります。
お師匠さん、あるいはインストラクターが男性で、複数の女性たちがその男性を取り巻いているサークルって、結構、多いです。
お手付きの女性もその中にいます。
それを知らずに、男性が入会すると、縄張りを荒す存在として、ゾウアザラシのように、戦いを挑まれる危険があります。

社交ダンスの世界でも、そこそこ踊れる男性は、サークルの中で立ち位置が難しいです。
主催者の男性より、踊りが上手だと、険悪な雰囲気になるんじゃないでしょうか。
体操の田中理恵選手、すごい人気です。
今まで女子体操選手といえば、まだ女性としては成熟不足で色気も肉感もないイメージでしたが、
田中選手は芳紀24歳、若さと性的魅力が融合して、今、まさに開花した大輪の花って感じです。

「ルックスだけではなく、体操選手らしからぬ女性的な肉体美、出るところは出て両足も肉感的。」という評価です。

CM契約料は、2000万円以上だったそうで、もしオリンピックでメダルを取れば5000万円はくだらないだろう、と言うことです。

私はあまり生きることに対して意欲的ではなくて、いつ死んでもいいと思っていますが、
たまに目の前を魅力的な女性が通ると、目が追いかけます。
つまり、性欲はあるってことですね。
いくら美人がそばにいても、見向きもしない男性もいるらしいですから。

社交ダンスを趣味にしているのも、突き詰めて考えると、そういう魅力的な女性と一緒に踊って、お近づきになりたいからでしょう。
(そういう意味では、ダンスファンはみんな異性が好きなんだと思います。)

以前、「美」とは「性欲を刺激するもの」と書きましたが、もっと一般化して言えば、「美とは、生命力を鼓舞するもの。」だと思います。

きれいな花、目に染みるような新緑、魅力的な異性、生まれたばかりの赤ちゃん・・・等々、これらは
見る人の心をときめかせ、生命力を吹き込みます。
「生きていて良かった。もっと生きよう。」という気分になります。

「命の次に大切なものはお金。」とあるエコノミストが言っていましたが、私はお金よりも、こういう「美」の方が大切ではないか、と思います。
いくらお金があっても、心がときめかず、半分死んだような生活を送っても、楽しくないでしょうから。

「うつ病の反対はときめき」だそうです。
ときめくためには、美が必要です。

出会い系ダンス

テーマ:

ダンスパーティに行ったら、割に若い競技ダンサーが一人で来ていました。
二回に分けて(合計7曲)踊ってもらいました。
久しぶりにがんがん大きく踊って楽しかったです。
(人が少なくて、スペースは十分ありました。)
サロンダンスもいいけど、どちらかというと、私はダンス・スポーツが好きです。
(言っていることと、やっていることが微妙に違います。)

エッセイストの小川有里さんがこんなことを書いていました。
11年前に夫を亡くした女性(60歳)が以前から興味があった社交ダンスを習い始めました。
すると、それまで全然、美人じゃなくて、派手さもなく、地味で目だたなかったその女性が急に生き生きとして、きれいになってきました。
そして、趣味を同じくする男性たちから、もてるようになりました。
やがて、50代、60代の男性4人と付き合うようになりました。
みんな妻を亡くした「やもめ」たちです。
ダンスパーティには、そういう寂しい男たちも参加するからです。
自宅に招いて、大工仕事や身の回りの世話もしてもらうようになり、結局、(4人の)男と女の関係になったそうです。
4人の男にかしずかれて、女冥利に尽きるんじゃないでしょうか。

「きれいと若さの秘訣は、異性の目」と小川さんは結論づけています。

ダンス・スポーツとは違う、出会い系の社交ダンスの効用です。
高齢化社会を迎えて、これから、配偶者を亡くす人も増えるでしょう。
いつまでもも亡くなった人の思い出に浸って、嘆き悲しんでいては、仏様も浮かばれません。

新しい異性を見つけた方が、残りの人生が楽しくなります。
出会い系サイトも悪くないですが、やっぱり実際の人物を五感で確認した方が間違いが少ないです。
(婚活詐欺みたいな話もありますし。)
社交ダンスは、異性と巡り合うために、効果的な舞台装置です。

ただ、男性はある程度は踊れないと女性に相手されないみたいです。
以前にこんな日記を書きました。

http://ameblo.jp/ballroomdance/entry-11171489650.html

50歳からの人生

テーマ:
人生50年、もういつ死んでもいいや、と思っています。
夏目漱石は49歳で死んだそうで、私も早くあの世に行ってのんびりしたいなあ、って感じです。

テレビで73歳でエベレスト登頂に成功した日本人女性を紹介していました。
女性としては世界最高齢での登頂だそうで、すごいです。

50歳から登山を始めたそうで、たいしたもんです。
私も今、50歳で、何か始めるには遅くないのかな、という気もします。

将来に夢や目標があると、確かに人生に張りが出ます。
今を精いっぱいに楽しむことも大切ですが、人間はどうしても未来に目を向ける生き物です。
希望のない人生はつらいです。

若い頃は、富や名誉を得ることを夢見るので、割に目標設定は簡単ですが、年をとってからは、意外に難しいです。
今さら、お金や地位を得ようと思っても、難しいですからね。
そもそも、年をとると、富や名誉にそれほどの意味があるとは思えないようになります。

50歳過ぎたら、自分の好きなことをやれ、と言われます。
いったい自分は何が好きなんだろう。
ダンスは好きだけど、人生の目標になるようなもんでもないし。
山登りはきつそうだし。

時間をかけて考えようと思います。
何かヒントはありますかね?

枕営業

テーマ:
職場の若い女性は、以前、生保レディーをしていたそうです。
昔は「生保のおばちゃん」という感じで、割に年配の女性が多かったのですが、
最近は新卒の女性を営業の第一線で働かせるみたいです。

本人はあまり話したがりませんが、「契約をとって数字を上げるためには何でもあり、だった。」らしいです。
で、結局、ついていけずに辞めたそうです。

最近、若い女性の「枕営業」が増えている、という噂を聞きます。
「枕営業」とは女性の武器を使った営業です。

男女雇用機会均等法ができて25年以上経過しました。
以前は、女性社員が得意先回りするときは、男性社員がついて行きましたが、最近は女性一人で回るケースも多いみたいです。

どうしても、顧客の方が立場的に強くなるので、無理な要求をふっかけられることもあるんでしょう。
社内ならセクハラで訴えることもできるでしょうが、得意先相手では難しいと思います。

不景気でなかなか営業成績を上げることは難しいです。
かといって、会社を辞めても、再就職できるとは限りません。
業績を上げるために、求められるままに、自分の体を差し出す、ということがあるらしいです。
会社もそれを知りながら、黙認しているそうです。

若い女性たちが、早く結婚して専業主婦になりたい、というのも、そういう背景を知れば、何となく納得できます。
日本はまだまだ男社会だから、女性が入ってきても苦労するんでしょうね。

話は変わりますが、NHKのアナウンサーだった、道傳愛子さん、不倫がばれて、東南アジアに飛ばされましたが、
今は返り咲いて、解説委員として、偉くなられたようです。
実力があれば、浮いた噂があっても、出世できるんですね。
昨年、東京のダンスホールに行ったら、
「お金を出したらプロのダンサーが踊ってくれますよ。」と言われました。
いわゆる「タクシーダンサー」ですね。
なんぼ相手が上手でも、お金を払ってまで、踊ってもらおうとは思いません。
私がケチなのもあるけど、あまりに無粋です。
隣に座った女性に声をかけて踊ったら、「友人たちとも踊ってください。」と言われたので、複数の女性と踊って楽しみました。
(グループで来ていたようです。)

「僕はお金を使わずに生きることにした」という本を読みました。
1年間、全くお金を使わずに生きた、イギリスの若者の話です。

お金とはとても便利なものです。
この便利な道具(?)を手に入れるために、みんな一生懸命、働いて稼ぐわけです。

著者によると、お金は便利過ぎて、これを使うことに慣れると、冒険心が失われ、人生が退屈になるそうです。
私もこれに納得します。

わかりやすいのは、セックスです。
お金を使えば、割合、簡単にセックスできます。
売春する女性も男性もそういう世界にはたくさんいますからね。
でも、お金がなければ、相手を何とかして口説き落とさないといけません。
結構、たいへんです。頭も使うし、口八丁手八丁の技術も必要です。
冒険する心もいるでしょうね。
イタリアの男たちは、お金を使うセックスに全く価値を置いていないらしいです。
ただでセックスさせてもらうこと、これがイタリア男の生き甲斐です。
手を変え品を変え、女性をその気にさせてベッドに誘うのです。
(最近の若者はそうでもないらしいですが。)

それはともかく、お金があると、何でも簡単に買えるので、ゼロから作りだしたり、創意工夫したりすることがなくなってきます。
これが現代人を、不器用にさせ、馬鹿にしていると思います。また人生を退屈にしています。

貨幣経済が普及していなかった昔は、食品でも、衣服でも自宅で作っていたそうです。
(妻の実家ではつい40年ほど前まで、醤油も味噌も自家醸造だったらしいです。)
お金を使うことによって、便利になり過ぎた社会は、人間をダメにするのかもしれません。