机と少子化

テーマ:

小学校に入学する娘のために学習机を買いました。
家に運ばれてきた机を見て、意外だったのは、一体としてではなく分解された状態で運ばれてきたことです。
理由を業者に聞いたら、
「三階建ての家が増え、その場合、子供部屋はだいたい三階にあるので、
 机が一体では、搬入しにくい。」ということでした。
確かに都会では、三階建ての家をよく見ます。
東京の23区内に住む私の友人の自宅も三階建てです。
人々の住居形態に合わせて、机の形態も変わる、ということです。

少子化の影響で、学習机の需要は頭打ちだそうです。
いくつかのメーカーは学習机から撤退しています。
事務用品の大手、コクヨも今は学習机を作っていないそうです。

少子化現象はこういうところで顕著に表れてきます。

AD
久しぶりに文学作品を読みました。
主人公が私と同世代のサラリーマンなので、感情移入して読むことができました。
とても良い作品です。読後感もさわやかです。
簡単に言ってしまえば、社内不倫のお話ですが、銀行の業務や最近の経済環境など細部が詳しく描かれており、
リアリティにあふれています。
「いかにもありそうな話」です。
人事や人間関係に翻弄されるサラリーマン、中間管理職の悲哀が淡々と書かれており、企業小説としては第一級だと思います。
大人の恋愛小説としても楽しめます。
私の率直な感想は、「長いサラリーマン生活、一度くらいは、そういうことがあってもいいんじゃない?」です。
40代のサラリーマン諸氏にはご一読をお勧めします。
AD

ホップの効能

ホップに含まれる成分の一つ(ホップフラボノール)が花粉症の症状を緩和する作用があるそうです。
ヒスタミン遊離抑制作用というらしいです。
ビール好きには朗報のように聞こえますが、残念ながらビールを飲んでも、その効果は期待できないそうです。
麦汁を煮沸する工程で、その効果が失われるからです。
サッポロビールはこの成分を含む飲料を1月15日から発売しています。
また、ホップに含まれるキサントフモールという物質は
破骨細胞の働きを抑えて、大麦に含まれるケイ素が骨芽細胞の働きを活発にする効果があるそうです。
一日にコップ一杯のビール(280ml)を飲むことで骨粗総称を防止できるらしいです。
女性もビールを飲むといいですね。
AD

米国系のファンドが、サッポロビールに買収を提案しています。

明星食品の買収の話が出た頃から、サッポロビールの株価が異常に上昇していました。

メルシャンの株を麒麟麦酒が買収する直前に売却していたのですが(儲けそこないましたが)、今回は、サッポロビールの株をまだ保有しています(1000株だけですけど)。

少し期待しています。

日本の企業の時価総額は欧米に比べると、とっても低いです。

食品では最大の麒麟麦酒でも、コカコーラの10分の一くらいだそうです。

株式の持ち合いに甘えて、株価を高くする努力を怠ってきたのが原因らしいです。

欧米の企業やファンドによる企業買収が今後も増えていくのではないでしょうか。

バレンタインデー

テーマ:
今日はバレンタインデーです。
日本では、チョコレートの消費量の4分の一がこの日の前後に販売されるそうです。
もし、バレンタインデーがなかったら、チョコレートメーカーは売上の四分の一を失うことになります。
バレンタインデーにチョコを男性に贈ろう、言い出したのは、洋菓子メーカーの不二家だそうです。
最近は外国のメーカーも便乗しているようです。
目のつけどころが良い、というか商魂たくましいというか、とにかく感心します。
不二家は、今、経営的に苦境に立っています。
バレンタインデーにチョコを贈る習慣を作る以上のアイデアを出して、がんばってほしいと思います。
新潟に拠点を置くバレエ・カンパニーを主宰しているダンサー兼振付師の金森穣氏は
「身体の動きを修正するときは、本職のダンサーでもゆっくりしなければならない。
 そうしなければ、自分の身体の動きの細かい点に神経が行き届かない。」と言っています。
身体の動きを修正するとき、というのは、新しい振り付けを覚えることも含まれていると思います。
社交ダンスの世界では、はじめから音楽に合わせて踊ろうとする人がいますが、これはうまくいかないことが多いです。
まず、ゆっくりと何度も必要な動作を反復して、身体の動きを脳に覚えこませ、
その後、音楽に合わせてスピードをつけて踊った方が上達が早いようです。

姿勢と健康

陸上競技のコーチをやっている高野進さんが、テレビで
「健康に生きるには、まっすぐな姿勢を作ることだ。」と言っていました。
頭蓋骨を体の中心線の上にきちんと乗せることが大切だそうです。
また、まっすぐに立つためには体の後ろ側の筋肉が必要です。
階段を上るときには、かかとを先につきつま先を後につくことによって
体の後ろの筋肉を鍛えることができるそうです。
これって社交ダンスの歩き方ですよね。
「体をまっすぐに伸ばせば見える世界が変わる。」のだそうです。
陸上競技のアスリートが姿勢のことを言うのが、意外でした。

コンパクトシティ

テーマ:
青森市は市の公共設備、病院などを青森駅周辺に集中させて、コンパクトシティを作っているそうです。
今まで郊外に分散していた設備を集中させることによって行政サービスの効率化を図るのだそうです。
私はいいことだと思います。
バスも通らないようなど田舎に老人たちが住んでいる地域がありますが、当然、自動車がないと暮らせません。
でも、老人の運転は危険です。
事故も多いし、車の維持費もかかります。
自分が生活してきた土地に愛着があるのはわかりますが、
年をとってからだの自由がきかなくなってきたら、都市部の便利な地域に住んだ方がいいと思います。

捏造番組

テーマ:

テレビの人気番組、「発掘あるある大事典」の放送内容に捏造した部分があることが発覚し
この番組は打ち切りが決まったようです。
このブログでも何度か、「発掘~」ネタは扱ったことがあり、私もだまされていたのかもしれません。
たぶんすべてが捏造というわけではないのでしょうが、こういうことがあると
一度で信頼はなくなります。
ところで、この捏造番組をすっぱ抜いたのは、週刊朝日の編集部です。
週刊朝日は朝日新聞の系列会社であり、朝日新聞と言えば、有名な捏造記事事件があります。
朝日新聞のカメラマンが、沖縄のさんご礁に傷をつけて英語のイニシャルを書き、
この落書きをしたのは誰だ、と世に問いました。
一面にカラー写真で出ていたのを、覚えています。
テレビでも新聞でも、捏造や「やらせ」は日常的に行われているのかもしれません。
あんまり信用しないのが一番でしょう。