こどもと育つ

先日の発表会では、


絵本の読み方を


みなさんがとても褒めてくださっていました。



それは、私が育てたことではないと思っています。

 

育ててくれたのは、

 

ママの練習を聞いてくれていたお子さんです。

 

わずか1歳のお子さんたちが

 

ママの先生になっていたのです。

 

聴いてくれる人がいて、

 

その反応が、いいプレゼンターを育てるのだと思います。

 

練習に喜んで付き合ってくれたり、

 

またときには、何度となく繰り返すスパルタ練習(笑)



こどもたちのおかげです。




この気持ちを忘れてほしくないのです。

 

本当にありがとう。

 

実は、絵本育児学の子育て姿勢が、ここにあると思っています。

 

子どもとともに成長する。


ということ。


絵本育児学の基本姿勢は

 

学んだ知識をもとに、読み聞かせをすることで初めて腑に落ちる。


それは、日々に生かされていきます。

 

 

子どもから教わる。

 

親であろうとするより、親になる努力をする。

 

絵本を読むことは、それを導いてくれると思っています。