バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

ダンサー専門セラピストが、バレエをもっと楽しむためヒント(解剖学など)をお届けします。


テーマ:
おはようございます。
ダンサー専門トレーナーのYoshieです。

最近、ダンサーのレスキュー隊への
お問い合わせが増えてきました。

ありがとうございます^^


「痛み」で困っている方も多いのですが、

「ゆるむ」感じがわからないという方も
多いですね!

「脱力しよう!」ってがんばっても
力んじゃいますからねぇ。。

ゆるむためには、やっぱりインナーマッスル
の働きが必要なのです。

ゆるんだカラダで「省エネ」で踊りましょう♪


さて、その名は、「ウナ」
つづきを書いていきますね。

____________________

 足が細くなる、ルルベ 
____________________

前回の内容は、、

足のウラの中の「ウナ」にしっかり乗って
脛骨(けいこつ)にしっかり軸がくれば

疲れないし、センター(軸)がしっかりできる

ということでした。



今回は、ルルベやポアントになったら
どうなるんですか?

「ウナ」は地面から浮いちゃってますけど?

の疑問にお答えしていこうと思います!



答えから言ってしまうと、どれも
一緒です 笑

意識するのは足のウラの「ウナ」だけではなく
あくまで、脛骨(けいこつ)の下。

そこにつま先がくればよいわけです。


失礼してわたしの足で説明しますね。


「ルルベ」のとき。

しっかり高いルルベができれば、脛骨の下に
地面に着いている足指のつけ根がきます。

これが脛骨に軸がある状態。



ルルベが低ければ、軸は脛骨から
ずれてしまうので、

足の筋力でがんばらないといけません。

いわゆる、「ルルベが低いと足が太くなるよっ!!」
って怒られる状態でーす 笑



「フルポアント」のとき。

理屈は同じです。

脛骨から地面に伸びたラインの上に、
ポアントの先がきている状態。




ポアントに乗れていなくても、コントロール
できずに前に乗りすぎていても

どっちも軸からずれてしまって
楽に立てません。




理想はこうですよねぇ ↑

脛骨のま下にポアントの先がきているのが
よくわかると思います。


結局、軸がとおるところというのは、

レッスンでさんざん指導される
「正しい位置」なんですよね。。


正しいところで楽に立とうと思ったら

必要最低限の、足の柔軟性と筋力が
ないと、無理!

というわけです。



ルルベやポアントになったときに、「ウナ」の
意識だと、引き上がりにくいと感じる人は

「内くるぶし」を意識してください。

まさに、脛骨の一部なので、軸を
意識しやすくなると思います。





さて、ちょっと脱線して、わたしの経験談に
おつきあいください。


わたしはもともと関節が固いタイプ。


捻挫などの故障をしにくいかわりに、
足首の可動性を出すのに、

かなり苦労してきました!


どうしてもポアントをはきたくて、
いろいろな人に教えてもらって、

ストレッチやトレーニングを
少しずつがんばって、

やっとバレエダンサーっぽい
足になってきました!

それとともに、ルルベも高くなり
ポアントワークもよくなってきています。


バレエの正しいテクニックを実践するためには
カラダを変えた方が早いと思います。



30歳を過ぎて、レッスンだけでカラダが
変わるのを待っていたら、

おばあちゃんになってしまいます 笑



お説教ぽくなってしまいましたね。。

すみません!

でも、わたしの心からの想いです!



このブログを読んでいただいている、バレエが
大好きで、勉強熱心なあなたには、

だれよりも早く、そして楽に、

バレエを楽しんで踊れるようになって
いただきたいからです!





つづきます。。


***********************


「ダンサーのレスキュー隊」では、、
 
 現在、「ダンスレスキュー」を受けてみたい
 方を募集しています。


痛みを取りたい、パフォーマンスを上げたい、
体の使い方でなやんでいる、、

どんなことでも、まずはお気軽にこちらに
お問い合わせください! 

bodymake.rin@gmail.com



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

バレエセラピスト Yoshieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります