バレエダンサーのレスキュー隊@大阪

ダンサー専門セラピストが、バレエをもっと楽しむためヒント(解剖学など)をお届けします。

 バレエダンサーのレスキュー隊は
 
新大阪のダンサー専門

コンディショニングスタジオです



理学療法士の国家資格を持つ

バレエ経験豊富な女性トレーナー
の整体とトレーニングで

・コンクールを目指すジュニア
・大人からバレエをはじめた方

仕事でたくさん踊るプロの方

すべてのダンサーが
軽くしなやかで、軸がとりやすい

「踊れるカラダ」に生まれ変わる
ことをお約束します!

  くわしくはコチラ♪

テーマ:
バレエセラピストの
Yoshieです^^

実家で用事があったため
京都に帰っております。


いろいろブログで書きたいことが
たまりつつあるのですが、

ちょこっとだけリフレッシュ!



最近ハマっていることは

新しいスマホでシャレオツな
写真を撮ることです!
(笑)


朝ごはんとか。

{EC9A9924-6FDD-41FE-804F-04542E9C87CF}




夕焼けとか。

{5D27B4DA-BA20-406C-A6AB-C3CA9707961E}




実家の草とか。

{C2ADD4CA-E1A9-4717-AE34-4093655D5BCB}




和菓子屋さんとか。

{5E47A7E7-3BEB-4E6A-A67B-93EAD92392A6}




さて、
これから母を施術します^ ^


 

一般社団法人 バレエセラピスト協会
ホームページ
バレエセラピストとは?
お問い合わせ


↓役に立ったら、ポチッとお願いします

にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「├癒し・グルメ」 の記事

テーマ:
理学療法士ことちゃんの報告、
まだの方は その1その2 から!


また、「リフォーマー」という
マシンでは

足をアンディオールかつ
引き上げながら

ドゥバン~アラセゴンへの
動きを練習。

内もも(内転筋)を使う感覚、

足で床を押す感覚が

とても分かりやすく
感じることができました。




実際のバレエレッスンで

そこまで足が使えていなかった
事を改めて認識しました。


今回のドリーさんのピラティスを
経験させていただいたことで、

自分自身の弱点が浮き彫りになり

今までどれだけ使えていないまま
踊っていたのか…

反省の気持ちになりました。

また同時に、

これだけ使えればこんなにも
動きやすくなるのだと

新たな発見ばかりで、

勉強になることだらけでした!



とても良い出会いと経験をさせて
頂くことができました(^^)




ーーーーーーーーーーーーーーー

ことちゃん、

くわしい報告を、
どうもありがとう^^


実はわたし自身がわりと
悩んでいることがあって、

今回ドリーさんに
会いに行ってきました。


バレエの教室内で、

「ピラティス風の筋トレ」を
小中学生がすることで

逆に、腰のケガや反り腰が
増えているんじゃないかな〜

という事例によく出会います。


子どものレベルと目的に合わせて

トレーニングの内容を組んで
正しいフォームを指導するのは

じつはかなり難しいもの。

指導者の先生が独学でされるには
限界があるかなと感じます。


ドリーさんと話していると

「12歳以上の子どもにはこの重りを
使うけど、

10歳ぐらいや弱い子だと
重りは使わず、

こういう風にやり方を変えるわ」

とかなり実践的なアドバイスが
ポンポン出てきます。


ドリーさんは普段はアメリカで
活動されていて

バレエ指導者向けの講習会なども
されています。

「バレエとピラティスは同じ。

バレエの先生がスマートに
(賢く)ならなくちゃね」

というドリーさん。


次の来日機会には

大阪でダンサーや指導者向けの
セミナーを開催しようと

打ち合わせ中です。



またお知らせしますね!




 

一般社団法人 バレエセラピスト協会
ホームページ
バレエセラピストとは?
お問い合わせ


↓役に立ったら、ポチッとお願いします

にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日申し込みを開始した

アンディオールワークショップ
ですが、

おかげさまで満席となりました。

お申し込み
ありがとうございました!!


キャンセル待ちも
満席となりました。(12/6)


自分史上最高のアンディオール
ワークショップ



お申し込みいただいた皆さま、
来月を楽しみにお待ちください^^





 

一般社団法人 バレエセラピスト協会
ホームページ
バレエセラピストとは?
お問い合わせ


↓役に立ったら、ポチッとお願いします

にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バレエセラピストの
Yoshieです^^


大人からバレエをはじめると

レッスンを続けるにつれて

だんだん「肩身の狭さ」を
感じることが

多いんじゃないかと思います。


大人クラスは

「ジュニアクラスのおまけ」
的な扱いをされたり、

「好きに楽しく踊っていいのよ〜」
とあまり指導してもらえな
かったり、

若い子や再開さんばかりで
やたらと難しかったり。


でも、大人からはじめた人の
中にも

真剣にバレエが上達したいと
思っている人も多いはず。



あなたもきっと、
そうなんじゃないでしょうか?


ふつうのバレエ教室で
教えてくださる先生は

たいてい小さい頃から
バレエを続けてきた

「ネイティブバレリーナ」
さんです。

バレエ経験はとても豊富ですが

バレエをせずに成長した、

「大人のかたくて動きにくい体」
になったことはありません。


小さい頃からバレエをしていると

バレエ向きの骨格に少しずつ
変わっていくのです。


だから、あなたの股関節が
そんなに開かないことも、

そんなに足首が伸びないことも

実感としてはわからないん
じゃないかと思います。


「もっと足首のばして〜」と
言われても、

あなたの足では関節がかたくて

「のばそう」と思うだけじゃ
のびないのです。

だから、

足首をやわらかくする方法や

かたい人はどうやって使って
いったらいいのかを知る方が

上達が早くなると思います。




それが、

大人の方のための

アンディオールのワークショップ
の目的です。




ふだんのレッスンだけでは
知ることができない、

体の仕組みや、ゆるめ方、
鍛え方、

踊りの中での呼吸や
アクセントの取り方を

段階的に学んでいきます。


最後はシンプルなバーレッスンで
学んだことを

全部まとめて
体に落とし込みます。


大人の方にとっては

これが一番早くバレエが上達する
近道だと思います。


新しい2017年、

年のはじめにスタートダッシュ
しませんか?

 ↓

自分史上最高のアンディオール
ワークショップ


(残席1名です。)



 

一般社団法人 バレエセラピスト協会
ホームページ
バレエセラピストとは?
お問い合わせ


↓役に立ったら、ポチッとお願いします

にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレエセラピストの
Yoshieです^^


「義足のダンサー」と
バレエのワークショップを
します。





なんでわざわざ義足のダンサーと
ワークショップをするのか?


「片足がない」なんて、

型が決まっているクラシック
バレエを踊る上では

ものすごく不利です!


普通の感覚だと、

23歳で足を失ったら

もう一度バレエを踊ろうとは
思わないんじゃないでしょうか?


でも、苦労して、努力して、
それをやっちゃった人がいます。


それが「かかしのダンサー」
オオマエ隊長です。





リオパラリンピック閉会式の
パフォーマンス以降、

すっかりバック転が代名詞に
なっていますが、

クラシックバレエダンサー
でもあります。

バレエ用の義足を使って
GPDDのリフトもジャンプも。


普通のレッスンだけで、

片足で踊れるようになるはずが
ありませんよね?


不自由な体になったからこそ
身についた「知恵」は

他のどんな上手な先生にも

教えることはできないんじゃ
ないかな〜と思います。


だからこそ、それをたくさんの
人に知ってもらいたくて

一番はじめのワークショップを
企画しました。

それが2年半前になります。

第1回ワークショップ 2014年7月



テーマは「プリエ」で
時間も4時間のみでしたが

大好評をいただきました。


そこから進化し続けて、

今では12時間のアンディオール
ワークショップになりました。


自分の原点でもあるし

愛着のあるセミナーでも
あります。


失ったものが大きかったからこそ
強くなれる。

そのエネルギーも感じてほしいと
思っています。


普通のレッスンにでは得られない
「知恵」と「元気」をもらえる

特別な時間。


お申し込み開始は
本日、

12月4日(日)21時スタートです。

 ↓

自分史上最高のアンディオール
ワークショップ



(前回、東京開催の様子です)



 

一般社団法人 バレエセラピスト協会
ホームページ
バレエセラピストとは?
お問い合わせ


↓役に立ったら、ポチッとお願いします

にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)