ひつじの手帖

2013年5月から200日間ブログ。200日経過後は、つれづれに綴ってます。
豊橋や伊勢の身近なことを。


テーマ:
岐阜ギャルリももぐさ へ.

「つくりの回生 V  - 森をぬけて - 」

ミナペルホネン + 百草

{D14F1DE6-6AB4-42D7-A176-F0EB48F35513}
安藤雅信さんの工房にて皆川明さんが作陶した アートピース が壁を彩る ギャルリももぐさ.

{9474AD2F-B016-47BF-B70B-DD5A42FD6C84}
多治見駅から北へ小山を超えた地、谷を埋め造成し古民家が移築されたギャルリももぐさは隠れ家の佇まい.

イベント「チカクのトーク」へ応募して、お邪魔しました.

皆川さんへ、アイデアやデザインについての質問を安藤さんがなげかけながらの座談会.

レストラン大豊軒さんの料理をいただきながらの至福な2時間.
{A7CECAD4-A311-45DB-97C5-802E981F9123}
トンポーロー豚は香辛料(五香粉)も手作りで旨味が口と鼻を満たし、シャキシャキな新鮮野菜に、蒸しパンはもっちりふわふわ.
農家さんとの信頼関係あっての滋味深い料理.

{8E0D495D-25F6-4C4B-AD43-AB20FBC420B5}
料理を作って下さった大豊軒のお二人.

{03988121-D9F0-4066-B4F3-62216C465B9B}
手作りのお品書き.


予めメールで、ギャルリももぐさへ送った質問に回答くださいました.

質問その1
筆記具を見せていただきたい.

→デザインには鉛筆とホルダー、letterをしたためるのは万年筆、サインはマッキーと.
{773B2789-E081-4078-A938-A5E657D2029D}
繊細なメタルワークが施された万年筆🖌インクはブルー.
ズシリとした重みが、したためる文字をクッキリと際立たせ、その言葉にも重みを与えてくれるかのよう.



{5342996D-F929-4851-84DD-116BA1A30476}
毎週したためる letter のコピーをいただきました.
メールでletterを受信していると手書きではなくタイピングされたメール本文を読むことになりますが、メッツァで通販した際は商品と一緒にletter と保管用ホルダーが同封されていて、言葉の贈り物をいただいき心温まりました.
万年筆🖋を手にとらせていただき、皆川さんが letter 発行を大切にされているのが更に伝わってきました.

{8ECD7646-F5CD-49D8-93B6-A6467B23C3EF}
その letter が一冊にまとまった本にサインを頂戴しました.
マッキー細字で、さらさらと描いてくださいました.
{BFFA2062-4954-4253-8C2C-1E4677790AD9}


もう一つの私からの質問は、
大切な人を見送る「喪服」、哀しみ・寂しさや感謝といった気持ちをまとう喪服をデザインされる予定はありますか?

→次の秋冬で喪服を発表予定で、ウールで皺にならない、一年中 使える物性の生地づくりから取りかかっている、と.

なぜ喪服について皆川さんへ質問したかといえば、もう18年前になりますが、実父が庭仕事をしていて倒れ、救急搬送されたとき、実家は父と母の二人暮らしで、私を含め子供たちは東京や静岡に暮らしていました. 
土曜の夜に、母からではなく伯父からの電話であることが、事態の深刻さを語っていて、脳の血管が切れて市民病院へ救急搬送され手術の準備をしていると.

伯父の電話口の気配から、助かる見込みがないと受け止め、同居していた妹の帰りを待って帰郷.

荷造りしながら、喪服を用意するよう妹へ告げた時の やるせない気持ちが、18年経っても思いだされます.
助かって欲しい気持ちと、喪服を取り出す哀しみとで、涙もでないほどに頭が覚めていたのが忘れられません.


喪服は社会人になってバッグ、靴も併せ自分で誂えたけれど、定番な無難なものから選ぶしかなく、着心地のよいものではなかったし、通夜や葬式、四十九日法要でまとうにつけ、自分の哀しみ、寂しさや故人への感謝の気持ちに寄り添う喪服が欲しいと思うように.

皆川さんが喪服の生地作りから取り組まれているのを伺い、一年後を待ち遠しく感じます.

質問はその場でも沢山あがりました.
12歳の女の子が テキスタイルデザインとは皆川さんにとって何か?と.

→絵を描いている時の自分を思い出せる、一生の絵日記みたい.
恥ずかしくないようにしたい、後悔しないようにしたい、一生懸命になれるもの、と.

女の子が持参したノートを見せてもらったら、テキスタイルのスケッチやデザイナーの写真もスクラップされていて、丁寧で綺麗な文字にも彼女のセンスが溢れていて、素晴らしかった.
将来 素敵なデザイナーになる、かわいい女の子でした.

男性からの質問もありました.
仕事を辞めない理由は?
→振り返りたいから、
自分の満足だけじゃなくて、仕事は簡単に放棄してはいけない社会的な個人の貢献.

生活の糧としての お金と、働いている時間の満足(充実,幸せであること)も報酬.


たくさんの心に響く言葉を伺った夜.


トークの後にギャルリを.
{CCB2BAC2-994C-4D3E-8112-3E04C8022B13}
パッチワークのバッグたち.

{4C79A699-91C6-4AE1-8109-8253640D1E3B}
皆川さんが絵づけした焼きものは残りわずかでしたが、ちょうちょ型のお皿をお持ち帰りしてきました.

{A252585C-F06C-4FB0-81E4-521F20BF2611}
ハギレのぬいぐるみ.
一つとして同じものがない個性的な子たち.

{E8BF70F8-182E-47D4-9C16-49A8C7F542B5}
ハギレセットもお持ち帰りして.


翌日チクチクと手作り.
{B8013DC0-C04F-4209-A622-9F7B9504D40F}
花の刺繍をブローチへ仕立てました.

{9E5DA289-B9EB-4849-B666-A0A01F27B965}
ふっくらしてるのは自家栽培した綿を詰めたから.

早速マントにつけて、出かけます.

「ミナを着て旅に出よう」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

盆栽研究家 川崎仁美さんのレクチャー拝聴.


→川崎仁美

 

{A54E6A36-C9C9-42EF-BD60-C87A458D9673}

{9459AC6C-0019-4ADE-9311-F02842EBDB88}

盆栽は生きた骨董とおっしゃる川崎さん、

松の盆栽を神の依り代と感じるとのお話に深く同意.

 

能舞台の鏡板に描かれる松は、奈良の春日大社 若宮祭りの「影向の松」が由来で、影向(ようごう)とは神が降臨すること.

 

{99F66ACB-03B2-454A-A38B-3849A2567BDA}
(しゃちほこ芸のお稽古場だった名古屋能楽堂の稽古室の松)

この影向の松の下で、田楽や猿楽などの芸能を奉納したことから、

江戸時代に入り能舞台に松が描かれるようになりました.

 

『古来、この「鏡板の松」については諸説色々でしたが、私はまづこの「松」の名残だと解して居ります。つまり神降しの為に設ける訣だつたのです。自然木のあるその囲りで、一種の神懸りを起して、神事を行ふ。其が段々儀式化して来る。影向の松の信仰が其であります。春日の社の一の松で行はれる松の下の式も其なのです。』(折口信夫「能舞台の解説」より抜粋)

 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/47718_42282.html

 

鏡板の松が影向の松を二次平面に表現しているとすれば、

盆栽の松はミニチュア版.

 

千年もの松さえ盆(鉢)の上で育ててしまう日本の自然観.

 

中国から盆景が日本へ伝わり、盆栽として発展.

対(ペア)で展示される盆景に対し、盆栽は一鉢.

 

小学生の頃は、祖父が百鉢ほど松の盆栽を育てるのを見つつも、

花も咲かなければ葉っぱも紅葉しない代わり映えのしない松を、

何故たくさん育てるのか? まったく理解できずにいたけれど、

盆栽は気になる存在でした.

 

 

それが、昨年ミラノ万博の日本館で異国の空の下にどうどうと枝を広げていた松がことの外かっこ良く、やっぱり松だ!と.

 

{7AE53975-5D89-46E8-B49C-787D19797733}

 

そして今年、松の産地、四国の高松を訪れた際に、小さな五葉松をお持ち帰りしてきました.

 

{DFE46517-E076-40CE-8DEF-2E8109DC6BCF} 

枝を針金で成形するのは、どの枝にも太陽の光が当たりやすく、風も通しやすくするという植物のためであり、纏足的なものではないという合理性を知るも、

針金かけの経験も度胸もないので、しばらくこの枝振りのままに、

枯らさぬよう、虫にやられぬよう、育て眺めていきたいと思います.

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

豊橋市の普門寺に所蔵されている山田宗徧作の琵琶「小々波」

 

{395FCCBC-4DB6-46A9-9680-D350D1844B7C}

豊橋市美術博物館「茶道具名品展〜山田宗徧とその周辺」昭和61年(1986)より画像転載.

 

宗徧が吉田藩主小笠原忠知(ただとも)[壱岐守]に茶頭として召し抱えられたのが、明暦元年(1655)、宗徧は数え29歳、忠知は57歳でした.

 

宗徧の実父 道玄(どうげん)は52歳だったのですが、息子の仕官に同行しています.

また宗徧の師 千宗旦はこのとき78歳で、祖父と孫のように年差のある師弟関係のなかで茶の湯を学び印可を得ました.


一説には宗旦が老齢のために吉田藩の茶頭を辞して弟子の宗徧を送ったとも.

宗徧は京都より吉田藩(豊橋市)へ家族総出で移り茶頭となり、両親は吉田城下の浄圓寺に住みました.

{5ACB1123-F404-4D67-BA11-7CE34CD4C8CF}
東本願寺 浄圓寺
「三河国吉田名䗥綜録」より
文化3年頃、宗徧が亡くなってから百年後に書かれたもの.
両親はこの寺で晩年を過ごし、亡くなっています.

宗徧自身は藩士屋敷の並ぶ吉田城の東側、現在の豊橋公園の野球場の南側(八町通四丁目)に居を構えました.

茶頭として召しかかえられた当時、すでに妻帯しており、次男 宗屋は8歳になっていました.

{B7C59B14-D8DC-4DA5-8123-A54D6ACDBB9F}
赤丸の場所が豊橋公園内の宗徧屋敷趾.
豊橋公園は吉田城跡が整備された公園.

 

{996B8B6B-33E1-4674-A106-ACC2BAA4B345}
石碑が目印に.

一方、藩主 小笠原忠知の江戸での屋敷は江戸城田安門の傍.

地図右上のブルーに着色した部分.

内堀の中側にあったので将軍家の側近であったのが伺えます.

{507F3C6C-1FFD-429C-A914-F563226945BB}
国会図書館デジタルアーカイブより
「御府内往還其外沿革図書」(一) コマ118 

忠知の長男 小笠原長距(ながのり)は宗徧の3つ年下で、寛文3年に奏者番、寛文6年に寺社奉行に任命され、江戸で多忙な日々を送っていたと思われます.


長距が寺社奉行に任じられたのが寛文6年(1666)7月19日

宗徧が琵琶「小々波」を制作したのが同年9月のこと.

江戸田安にて制作と琵琶の胴の外側に墨書きが確認できます.


「寛文六丙午歴九月如意珠日 於 江戸田安 山田宗偏造之周学」 


江戸田安は どこだろうか?

と古地図を探し、国会図書館のデジタル公開地図に小笠原壱岐守を確認できた興奮とともにブログを綴りました.

 

{0357D9C0-117A-49FE-94A4-9C0C26D1ED6A}
前掲の地図を反時計回りに90度回転し、北を上に.

グーグルマップで確認.

{F2890B2E-4A76-45F4-AB00-5C01E006AC5D}
赤丸が田安門

{A840B818-30C8-40DA-A7BE-4D353D4F03CA}
航空写真だとさらに分かりやすく、日本武道館の西の駐車場が小笠原壱岐守の屋敷だったと判明.

宗徧は歳近い長距の側に居て、琵琶作りに興じつつ、茶の湯を伝えていたのでしょう.


寛文6年、宗徧(数え)40歳、不惑の歳に制作した琵琶が、ぐっと身近に感じられます.


平家琵琶「小々波」は普門寺の収蔵庫に保管されており、春と秋の例大祭にて収蔵庫が開帳される折りに拝見できます.

{4EE98D20-FAA9-41A9-9EC6-302D2FF73C48}
↑側面の墨書きに江戸田安と.

{65359197-9F7B-4643-9BEF-AAAD527B07DF}

{D7BAB322-DEF1-4F25-B7D0-3F4438377DC5}

{3F36F51F-34A0-464D-B254-E84A7DC9064A}

今週末からの普門寺もみじ祭りでは、重要文化財の仏様と一緒に宗徧作の琵琶も公開されます.

普門寺(豊橋市雲谷ナベ山下7番地)

もみじ祭り

 収蔵庫 午前10時〜午後3時 ご開帳

 2016年11月26日(土)・27日(日)/12月3日(土)・4日(日)

普門寺ホームページ↓

http://www.sunalix.co.jp/fumon/index.html

 

船形山 普門寺の紅葉を楽しみつつ、茶人 宗徧が作った琵琶もご堪能下さいませ.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。